企業信用調査Q&A

【元・調査員が解説】もう信用調査は怖くない!調査対応の基本の”き”

2022年11月16日

【元・調査員が解説】もう信用調査は怖くない!評点マイナスを防ぐ調査対応術
今度、信用調査会社の調査員が来ることになった。悪い評価をされたらどうしよう・・・

 

そんな不安をお持ちの社長様は必読です。

 

信用調査会社に悪い評価をされないか。不安になるのは当然だと思います。

 

「調査会社は怖い」「得体が知れない」と思っている方もいるでしょう。

 

本日の記事では、そんなみなさまの不安を解消します。

 

この記事を書いているわたしは、企業信用調査会社の(株)東京商工リサーチに10年以上勤務し、延べ7,000社以上を調査した元・調査員です。

 

記事を読めば、信用調査は怖くなくなります。むしろ調査を受けたくなるはずですよ!

 

ぜひ最後までお読みになってくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。*詳しいプロフィールはこちら  

【大前提】信用調査は断らない

【大前提】信用調査は絶対に受ける

元・調査員としてまず最初にお伝えします。

 

信用調査は絶対に受けてください。

 

これは絶対です。受けるメリットが大きいからです。

 

とくに大手企業と取引したいとお考えであれば、必ず受けてください。大手企業は取引で失敗しないために、信用調査の結果を重要視します。

 

何を言ってるのか理解できないという方は、まずこちらの記事をお読みください。わざわざ信用調査をする会社の心情がわかるようになります。

詳しくはこちら
【元・調査員が教える】あなたの会社に信用調査が入る理由
元・調査員が教える!信用調査が入る理由【あなたの会社が狙われるワケ】

信用調査が入る理由を知りたい方向けの記事。企業信用調査会社に10年以上勤務した元・調査員が、調査が入る理由と注意点を徹底的に解説します。

続きを見る

 

信用調査が入る理由がわかれば「信用調査は受けた方が良い」と思うはずです。

 

減点を防ぐ調査対応のポイント

評点マイナスを防ぐ調査対応のポイント

信用調査への対応で「これだけは確実にしてほしいこと」をお伝えします。

 

調査前・調査中・調査後にわけてご紹介しますね。

 

調査前(事前準備)

事前準備では、書類の準備と社内の整理整頓をしておきましょう。

 

必要な書類の準備

決算書は必ず用意してください。調査員が数字の裏付けをしたり、情報公開性を判断するために必要です。

 

自社の概要が伝わる資料があれば用意しましょう。会社や商品のパンフレットもあると良いですね。とくにホームページがない場合は喜ばれます。

 

事前に調査会社に必要書類を聞いておくのも良いでしょう。

 

社内の掃除・整理整頓

社内の清掃や整理整頓もしておいてください。

 

経営の乱れは社内の様子にも現れるので、調査員はよく見ていますよ。

 

マイナスのイメージを持たれないように注意してください。

 

調査対応中

調査には社長が対応してください。調査員は経営者能力をチェックします。

 

経営状況は説明できるようにしておいてくださいね。

 

調査員は将来の事業計画も知りたがります。これから実施することや計画値も伝えられるように準備しましょう。

 

信用調査では何を話したら良いの?話さない方が良いことはある?

 

基本的には質問に答えていれば大丈夫です

 

調査では、調査員の質問に質答えていれば大丈夫です。「プレゼンしてください」とは言われません。

 

答えない&情報隠しはやめましょう。調査会社も取引先も銀行も、わからない会社が1番不安です

 

情報を公開しない会社が高評価を勝ち取るのは難しいですね。

 

調査対応後

調査中に話し忘れたこと、追加で渡したい資料があれば、調査後に連絡して伝えましょう。

 

情報が多いほど正確な企業診断ができるので、追加情報は喜ばれますよ。

 

【重要】会社を良くする努力は必須です

【重要】会社を良くする努力は必須です

1つ前のパートで教わったことはやった!うちは高評価だぞ!

 

残念ながら、そうとは限りません。

 

そもそも経営状況が悪い・業績が悪化している・取引先が減っている・経営者に信頼されていない・・・そんなマイナス点があるなら、高評価を勝ち取るのは難しいです。

 

調査にきちんと対応しつつ、会社を良くする努力も必要です。

 

そうすれば、徐々に評価は上がっていきますよ。

 

信用調査は拒否できる←非推奨

信用調査は拒否もできる←おすすめしません

冒頭で「調査は絶対に受けてください」とお伝えしましたが、調査は強制ではないので、拒否もできます。

 

ですが、元・調査員として、信用調査の”拒否”は絶対おすすめしません。

 

理由はお取引の可能性を失ってしまう可能性が高いからです。

 

再度のご紹介です。調査を受けるべき理由はこちらの記事でお伝えしています。必要であればお読みください。

詳しくはこちら
【元・調査員が教える】あなたの会社に信用調査が入る理由
元・調査員が教える!信用調査が入る理由【あなたの会社が狙われるワケ】

信用調査が入る理由を知りたい方向けの記事。企業信用調査会社に10年以上勤務した元・調査員が、調査が入る理由と注意点を徹底的に解説します。

続きを見る

 

取引先などから調査依頼が入る本当の理由をお伝えしています。

 

「なぜ信用調査が必要か?」「受けないとどうなるか?」「なぜ相手先を教えてくれないの!?」

 

このような不安や疑問があるから、信用調査を受けたくないと思っている方は必読です。

 

【よくある誤解】数字だけ教えればOK

【よくある誤解】数字さえ教えれば大丈夫

「決算書さえあればわかりますよね」

「数字だけ公開すれば良いですか」

どちらも調査員をしていた頃によく言われた言葉です。

 

断言します。

 

会社の評価は数字だけでは決まりません。

 

数字で現せない情報が大事です。『非財務情報』『定量情報』とも呼ばれますね。

 

調査を依頼する会社は”数値だけではわからない情報が欲しくて調査を依頼するケースも多い”です。

 

わたしは「調査を依頼してください」と提案する営業もしていたので、これは現場目線の確かな情報ですよ。

 

数字以外の質問にもきちんと答えてくださいね。

 

数字がダメなときの対処法

数字が良くなかったら悪い会社だと思われるのでしょうか・・・

そうとも限りません。

 

1つ前のパートで「数字で現せない情報がとても大事」とお伝えしましたよね?

 

数字が悪い場合は、数字現せない「定性情報」をこれでもかとアピールしましょう

 

数字以外の良さを伝えて、マイナス防止・挽回に努めてください。

 

数字がダメだからと諦めないでくださいね。

 

こちらの記事でも解説している内容です。必要な方はお読みください。

詳しくはこちら
数字が悪い時に少しでも良い会社だと思ってもらうコツ

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。   会社信用クリエイターの佐藤絵梨子です。     わたしにご相談くださる経営者の方々は、会社の数字に不安を抱えている方がとても多いです。   「ち ...

続きを見る

 

訪問調査こそ絶好のチャンス

訪問調査こそ絶好のチャンス

信用調査には、訪問調査、電話調査、郵送調査など、いくつかの調査方法があります。

 

その中でも、調査員がみなさまの会社に訪問して調査をする『訪問調査』は、評点をを引き上げる絶好のチャンスです。

 

会社の雰囲気や、社長様ご自身や従業員のみなさまのお人柄、自慢の商品、こだわりや想いなどなど。

 

訪問調査は数字で現せない情報を調査員に目でも耳でもあらゆるもので伝えられる、これとない機会です。みなさまの会社のアピールポイントをこれでもかと伝えてください。

 

調査員は数字では現せない情報大歓迎です。遠慮はいりませんよ!

 

信用調査会社を味方にして信用アップ

信用調査会社を味方にして信用アップ

いま経営が苦しいと感じている社長様は、調査になんて対応したくないと思っているかもしれませんね。

 

ですが、取引先や銀行から信用を獲得したいなら、いまや情報公開は必須の時代。

 

コロナで経営が悪化している会社が増えいることも、会社の実情を見極めてから取引をしたい気持ちに拍車をかけていますので、取引前に信用調査を依頼する企業はこれからますます増えていくはずです。

 

いまは苦しくても信用調査にきちんと対応し、良い会社になるべく努力を続けてください。いずれ必ず再評価され、企業評価は高まり、取引先から「ぜひ取引したい」と言われる未来が待っています。

 

調査は怖い、嫌だと思うのではなく、むしろ調査会社を味方にするくらいの気持ちで調査取材に臨めるようになれば怖いものはありません。

 

「うちは良い会社だから、ぜひとも信用調査に答えたい」

 

そのように思われる社長様が増え、取引先をどんどん増やしていっていただければ嬉しいです。

 

以上となります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

“審査の突破”をサポートします

補助金・融資・各種計画の審査突破をサポートします。事業計画書の添削や、会社概要・事業計画mの書き方もアドバイスします。

詳しくはこちら
no image
サービス・ご料金

各種補助金の【申請サポート】と【事業計画書の添削サービス】を行っています。主に事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金に対応しています。

続きを見る

 

事業再構築補助金のオンライン相談

詳しくはこちら
【オンライン相談】事業再構築補助金のご相談に乗ります

「うちは補助金の対象?」「この経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できない!」「この計画で大丈夫?」など、事業再構築補助金のお悩みやご質問にオンライン相談でお答えします。

続きを見る

© 2022 会社信用ドットコム