良い取引先を増やしたい

電話対応の悪い会社が取引先から信用されない理由

電話対応なんて特に気にすることないでしょ

うちの会社はベテランばかりだから、電話応対は心配してないよ

 

なんて思っている経営者の皆様、その認識で本当に大丈夫でしょうか?

 

本日のブログは、

 

電話対応の悪い会社が信用されない理由

 

についてお伝えします。

 

「うちの会社は大丈夫!」と思っているのは経営者の皆様だけ。

 

お相手からは「こんな会社とはとても付き合ってられないよ」なんて思われているかもしれません。

 

そうならないためにも、ぜひ最後までお読みになってみてくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子
会社信用クリエイター

中小企業が銀行融資や補助金申請、大手企業との取引で高評価を獲得する方法を指導。世界最大の企業情報を保有する信用調査会社の元調査員。個人から年商1兆円企業まで延べ7,000社以上の取材実績。「信用される会社をつくる」がミッション。会社信用ドットコム代表。※詳しいプロフィールはこちら

 

会社の良し悪しは電話応対ですぐわかる

わたしは企業の信用調査会社に10年超勤務し、たくさんの会社を見てきました。

 

取材や訪問のアポイントは電話でするので、それこそ何千社という会社と電話のやりとりをしています。

 

そして、電話のやり取りの時点で、会社の良し悪しはおおよそ検討がつくようになりました。

 

ほぼ全ての会社に当てはまる傾向ですが、電話対応が悪い会社は信頼できない会社であることが多いです。

 

どういうことか説明しますね。

 

電話応対が悪い会社は業績が悪い!?

おおむねの傾向として、電話対応が悪い会社は業績が悪いことが多いです。

 

なぜかと言えば、良いお客様がいないから。

 

どこの会社もみな、気持ちよくやり取りができる会社と取引したいもの。

 

電話対応の悪い会社をあえて取引先として選ぶ会社なんてほぼないんです。

 

なので、電話対応が悪い会社は取引先が少ないことが多いです。

 

良い会社とも取引ができないので、結果として業績が思わしくない会社が大半です。

 

 

さらに、電話対応が悪い会社は良い社員が少ないことも多いです。

 

学生の就活サイトを見るとわかることですが、電話対応が悪い会社は、良い職場ではないと紹介されているケースが大半です。

 

まともに電話対応ができる社員がいないと思われる。

 

職場で長い時間顔を合わせる同僚は、できれば良い人であった欲しいものですよね?

 

良い道理がいないであろう会社に入社したいと思う人は稀です。

 

そして、電話対応が悪い会社には、良い人材が集まらなくなるんです。

 

良い人材がいない会社が、将来伸びていくことはありません。

 

 

電話対応の悪さは、このようなマイナスのイメージを相手に抱かせるのです。

 

ということで、大手企業や銀行のようなしっかりした会社では、電話対応が悪い会社との取引を嫌がるということが起こるのです。

 

電話応対で信用を失う会社

電話応対が悪いくらいで取引をやめるとか、入社したくないなんて、ちょっと大げさなんじゃない?

 

と思った社長、その考えはかなり危険です。

 

良くない電話応対をされた会社が、どれだけ相手の会社に悪い印象を持つかご存知ですか?

 

インターネット検索や、Yahoo知恵袋などの質問サイトで、

 

「取引先 電話応対 悪い」

 

などのキーワードで検索をしてみてください。

 

相手の電話対応の悪さに腹が立ったという怒りの声がたくさん出てきませんか?

 

こんな会社とは取引したくない

 

もっと良い会社を探そうと思っている

 

もう取引をやめようと思っている

 

という声も目につきますよね?

 

皆様が思っている以上に電話応対で信用を失っている会社は多いんです。

 

「うちの電話対応は大丈夫」は思い込みかもしれません

いやいや、うちの会社の電話応対は大丈夫だよ

 

とおっしゃる社長がいらっしゃいますが、果たして本当にそうでしょうか?

 

もし、今まで電話応対が悪いと言われたことがないから大丈夫と思っているのであれば、それは誤解です。

 

というのも、電話口の相手は、みなさまの会社の電話応対が悪いことをわざわざ指摘なんてしてくれないからです。

 

 

電話対応の悪さを指摘するのって、結構気を遣います。

 

それが取引先だとしたら、なおさらですよね。

 

誰だって相手の気分を害したくはないし、余計な波風は立てたくない。

わざわざ指摘なんかしてくれないんです。

 

ですので、多くの会社は「この電話対応はありえないな」と思ったら、何も告げずにそっと距離をとります。

 
ゆっくり取引を減らしたり、続けての取引を当たり障りのない理由で断ったり、こっそり他に良さそうな取引先がないか探して、そちらに取引を移していったりします。

 

 

最近、取引の量が減っているとか、理由もなく疎遠になっている会社とか、気がつけば声がかからなくなった取引先はありませんか?

 

もしかすると経営者の皆様が知らぬうちに、電話応対で相手の気分を害してしまったという可能性もあるかもしれません。

 

ぜひこの機会に、

  • 自分の会社の電話応対は悪くないか
  • どのような電話応対がマズイのか

を一度見つめ直してみてください。

 

良い電話応対でお取引先をつかみ、会社の信用を高めていってくださいね。

 

 

本日のブログはここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

会社信用ドットコムのサポートについて

このような社長様はご相談ください

  • 融資や取引を断られてばかり。次こそうまくいくようにサポートしてほしい
  • 補助金で不採択が続いている。採択されるための支援をしてほしい
  • 融資面談で何を話していいかわからない。当日話す内容を一緒に考えてほしい
  • しばらく数字が回復する見込みがない。でも、融資・取引・補助金を諦めたくない

 

▼サービス内容とご料金はこちら

サービス内容・ご料金はこちら
no image
サービス・ご料金

続きを見る

 

 

補助金申請書の添削も受け付けています

補助金審査のポイントを熟知した佐藤が、採択される申請書にするための添削をさせていただきます

 

▼対象の補助金

事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金

 

▼添削サポートの内容・ご料金はこちら

>>補助金申請書の添削サポート

 

-良い取引先を増やしたい
-

© 2021 会社信用ドットコム