レオパレスに学ぶ債務超過の会社の信頼回復術

 

こんにちは。
会社信用クリエイターの佐藤絵梨子です。

 

9月末に、アパート建築や賃貸などを手がける(株)レオパレス21(以下:レオパレス)が20213月期の第1四半期決算(46月)を発表しました。

 

 

発表が当初の予定日から延期されたこともあり、どのような発表になるのか注目していた方も多いのではないでしょうか。

 

 

レオパレスでは、管理物件の施工不良問題などによって主力事業である賃貸事業が低迷したこともあり、20213月期の第1四半期末時点の財務内容は118億円の債務超過(連結ベース)となりました。

 

 

今回のブログでは、このレオパレスが、お金の面で信用を回復させるためにどのような情報を伝えているのかを見ていこうと思います。

 

決算書の内容があまり良くない時に信頼を回復させる方法として、とても参考になりますよ。

 

 

上場企業の情報発信なんて、中小・零細企業には参考にならないよ

なんて声が聞こえてきそうなところですが、

 

そんなことはありません。

 

大手企業は伝える情報1つ取ってもレベルが高いです。

 

もし、みなさまが大手企業と取引をしたいなと思っているのならば、大手企業が”これが普通だ”と思っているレベルに近い情報を伝えていかないと、「良い会社だな、取引したいな」とは思ってもらえません。

 

ですので、大手企業の情報の伝え方を知って、みなさまの会社でもできるものを取り入れていく必要があるんです。

 

 

いきなり全部やってみましょう!とは言いません。

 

少しずつで大丈夫です。

 

 

ちょっとだけ気合いを入れて、レオパレスが信用回復のためにしているお金についての情報発信を見ていきましょう!

 

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子
会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。※詳しいプロフィールはこちら

①誤りのある報道に対しては、すぐに訂正情報を発表する

レオパレスが決算を発表する前から、業績見込みや資金調達については2 たくさんの報道がされていました。

 

この報道に対して、レオパレスでは、誤りがあった記事への訂正情報をすぐさま発表しているんですね。

 

その時のポイントはこちら。

 

より悪い情報だとしても、正しい情報をしっかり公表する

 

 

決算の発表前にホームページのIR情報に掲載された訂正情報はこの2つです。

① 925日付の一部報道について(2020.09.28)
② 930日付の一部報道について(2020.09.30)

 

1つ目は債務超過の額が実際よりも小さく報道されたことに対する訂正情報。2つ目はスポンサーからの支援について報道されたことへの訂正情報です。

 

どちたの報道もレオパレスにとって悪い情報ではないのですが、きちんと正しい情報を発表しています。

 

 

925日付の一部報道について(2020.09.28)

 

【書かれていること】

  • 20213月期第1四半期における連結経営成績に関する報道があったが、レオパレスが公表したものではない
  • 報道された20213月期第1四半期の最終損益は120億円だが、現時点で142 円の当期純損失となる見通し
  • 20213月期通期の業績予想、当期純損失80億円に変更なし(202065 日に公表値)
  • 報道では20206月末時点で100億円超の債務超過とあるが、現時点で118億円の債務超過となる見通し

 

 

930日付の一部報道について(2020.09.30)

 

【書かれていること】

フォートレスインベストメント・グループが600億円を出資や融資をもって支援する方針との報道があったが、レオパレスが公表したものではないこと

 

 

情報を発表するタイミングが早いですよね。

 

こまめに自社の評判に関わる情報をチェックしているのがわかります。

 

 

その都度、正しい情報をきちんと伝えることで、社内の体制がしっかりしていることも感じ取れますよね?

 

本当に危なくなってくると、情報発信が滞る会社は多いので、正しい情報が素早くポンポンと出せるということは、信頼感を持ってもらえるんですね。

 

中小・零細企業では、ニュースとまではならなくても、ネットの掲示板やうわさ話などで誤った情報が広まってしまうことがあると思います。

 

そういった場合には、ホームページや口頭などで素早くしっかり情報を訂正し、信頼を回復するよう努めてくださいね。

 

②特に注目される『お金事情』の情報提供を惜しまない

このブログでは何度も何度も繰り返しお伝えしていることですが、会社が続いていくためにはお金が必要です。

 

お金がなくなって、支払いができなくなれば、会社は潰れてしまうからですね。

 

ですので、債務超過ともなれば、注目されるのはこれからのお金事情”なんです。

 

 

お金事情があまり良くない時に、情報をオープンにするのは気が引けるよ・・・

なんて思っている方は、こちらの記事を読んでください。

 

『状況が悪い時こそ情報を出さないと、会社の信用は落ちるばかりだ』ということを解説しています/

 

 

レオパレスの場合も、決算発表前からお金事情がどうなるかという報道が数多くありました。

 

具体的にお金事情のどんなところが注目されていたかというと、

  • 当面の資金は確保できているのか
  • これからお金を確保する場合、
    どうやってお金を確保するのか
    どうやって当面のお金を回すのか
  • 今後どのように売上を回復していくか

といったことが中心です。

 

これに対して、

レオパレスではホームページのIRニュースで、資金調達や今後の売上計画についての資料がいくつも発表しています。

 

(株)レオパレス21 IRニュース

出典:(株)レオパレス21 ホームページ IRニュース

 

 

ここ最近発表しているもので言えば、

20213月期第1四半期プレゼンテーション資料』(2020.09.30

統合レポート2020』(2020.10.01

月次データ』(2020.10.09

といった資料がそうですね。

 

 

中小・零細企業ですと、ここまで手の込んだ資料をつくってホームページにアップしたり、取引先に見せることまではしていられないと思います。

 

ですが、

  • 商談や打ち合わせ
  • 挨拶回り
  • 面談

など、

取引先との会話の中でさりげなく伝えることはできますよね?

 

 

こんなふうに伝えてみましょう

当面の資金はなんとかなりそうです

銀行から借り入れている分でここ1年はやっていけそうです

徹底的にコストカットをしているので、お金を回せる目処はついています

 

このような会話をさりげなくして、お相手に

 

「お金はどうにかなりそうなんだな」

「資金繰りは頑張っているな」

 

と強く印象づけてください。

 

 

1つ目の『当面の資金が確保できているのか』を伝えることの大切さについては、こちらの記事でも解説しています。 

 

読んでみてくださいね。

 

関連記事
東京商工リサーチ 2020年1-9月「負債1,000万円未満の倒産」調査
コロナ倒産に学ぶ『不安な時代でも取引先から信頼される方法』

続きを見る

 

 

2つ目の『どうやってお金を確保するのか・どうやって当面のお金を回すのか』については、こちらの記事でこんなふうに伝えると良いですよという例をご紹介しています。

 

 

 

3つ目の「売上をどう回復させるか」については、

売上ってお金事情と関係あるの?

という質問をよく受けるのですが、

 

お金事情=「借入をする」「どうやり繰りするか」ということだけではないんですね。

 

お金を上手くやり繰りするには、自力で稼いでたくさんお金を集めることも必要です。

 

なので、売上をどう回復していくかをまわりに示していくことも大事なんですよ。

 

 

今後の売上計画を伝える時には、レオパレス発表している『月次データ』も参考になりますね。

(株)レオパレス21 月次データ(2020年9月)

出典:(株)レオパレス21 月次データ(2020年9月)

 

この『月次データ』では、売上を構成するものを入居率や管理戸数、賃貸WEB契約件数などに分解して、前月との増減を示しています。

 

ただ単に、

売上10%伸ばします!

と伝えるのではなくて、

 

今期は全体の売上は20%伸ばします。いまのところ◯◯事業は前期に比べて5%減ってしまっていますが、△△事業は20%伸びています

のように、

  • 目標値
  • 現状(前年と比較しながら)

という内容を盛り込んだお話しができると、具体性があり、お相手からの信頼感もアップします。

 

 

経営者のみなさまも、ご自身の会社がどのような情報を伝えれば売上計画の進捗を伝えられるかをしっかり考えて、伝え方を工夫してくださいね。

 

あとがき

決算書の内容が悪くなってきた時は、会社を信用してもらう努力が必要になります。

 

とにかく商品やサービスの良さを伝えて巻き返そうとする経営者の方が多いですが、それだけでは不十分なんです。

 

今回のブログでお伝えしたお金事情をしっかり伝えてお相手に安心感を与えることは、ぜひすぐにやってみてくださいね。

 

本日のブログはここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

審査を突破したい社長様へ

会社信用ドットコムでは、丁寧なヒアリングと対話で貴社の武器を引き出し、融資・大手との取引・補助金の審査突破をサポートします。

 

補助金・融資の申請サポート

補助金・融資の審査突破をお手伝いしています。

 

●補助金・融資の申請書作成

事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金の申請書を作成します。

その他補助金や融資にも対応いたします。

 

●補助金申請書の添削サービス

補助金の申請書を添削します。

申請前の方には改良点を、不採択となった方には改善策をアドバイスします。

 

▶︎すべてのサービス・ご料金

 

初回無料相談 受付中

 ▶︎初回無料相談はこちら

-良い会社だと思われたい
-,

© 2021 会社信用ドットコム