取引先は「数字が良ければ良い会社」と思ってくれるほど甘くない

2021年3月4日

財務内容はバッチリなんだから不安に思われるようなところはないよ

業績さえ良ければ取引先にも良い会社だと思ってもらえるでしょ

うちの製品は品評会で1位になってるんだし、どこの会社も取引したいに決まってるよ!

このように思っていませんか?

 

業績や財務内容、
コンテストやランキングで
1位になった実績など、

 

”数字さえ良ければ大丈夫だろう”

”数字が良ければ
  良い会社だと思ってもらえるはず”

 

と思っている
経営者の方は多いと思います。

 

ですが、

お取引先が
みなさまの会社を見る目は

そんなに甘くはありません。

 

 

本日のブログでは、

  • 数字さえ良ければいい
    と思っている社長が見落としているもの
  • お取引先に信頼されるために
    社長が意識しておくべきこと

についてお伝えしています。

 

お相手からしてみれば、

「数字だけ良ければ大丈夫でしょ!」
と思っている社長の会社と
お取引するほど不安なことはありません。

 

お相手が求めていることを知って、
良いお取引を増やしましょう!

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。
*詳しいプロフィールはこちら           

数字だけでは会社の”本当の姿”はわからない

財務や業績などの数字だけでは、

取引のお相手に
「この会社なら安心して取引ができるな」
と思ってもらうことはできません。

 

数字だけでは
”会社の本当の良し悪し”
が伝わらないからです。

 

お相手にとっては
深刻な情報不足です。

 

どういうことか図で見てみましょう。

 

数字だけでは会社の悪いところはわからない

「数字だけでは会社の悪いところはわからない」を解説

 

逆のパターンもありますよね。

 

数字だけでは会社の良いところがわからない

「数字だけでは会社の良いところはわからない」を解説

 

社長の性格や
支払の時の態度、
何かあった時の対応の良し悪し

などは数字だけではわかりません。

 

もちろん
数字が良ければ、

「良い数字を出すために
 努力しているんだから、
 良い会社なんだろうな」

と受け止めることはできますが、
あくまで想像の域を出ません。

 

 

実際どうなのかは、
数字を見ただけで
パッとわかるものではないんです。

 

会社の信用は社長がコントロールしよう

お取引先は
財務や業績などの
数字の良さだけではわからない
会社の良し悪しを、

経営者のみなさまの言動から
見定めたいと思っています。

 

ですので、
商談や交渉などの場では、

お相手が
見定めようとしていることを
経営者みなさまの方から
示してあげてください。

 

取引のお相手が見定めたいコト

  • 社長がしっかりしている会社かな
  • 支払は遅れない会社なのかな
  • 何かお願いしたらすぐ対応してくれるかな
  • トラブルが起きた時も誠実でいてくれるかな          など

お相手の
「良い会社だといいな」
という期待に
がっつり応えていきましょう!

 

 

うちは今まで誠実にやってきたんだけど、どうすれば相手にそれが伝わるんだろう

という方のために、

商談の場でちょっと使える
会社の信用アップ策をご紹介しますね。

 

 

過去の取引実績・他の会社とのやり取りを伝えて信用アップ

”ほかのお取引先とどんな取引をしているか”

を伝えることは、
お相手からの信頼感を
ものすごく高めてくれます。

 

実際にあった実績ですので、

  • 過去に実績があるなら安心だ
  • ほかにも同じ経験があるなら安心だ

とお相手から
信頼してもらいやすいんです。

 

例えば、

支払や回収条件の話が出た時に、

「うちの条件はこれです」
「その条件で良いです」

と言うだけでなく、

ほかの会社でもこの条件でうまくやらせてもらってるんで、この条件でお願いします
その条件の会社も多いので、その条件でやらせてもらえるとうちも助かります

のように、

過去の実績や
他の会社とのやり取りを
さりげなく会話に含めると
信頼感がアップしますよ。

 

”何かあった時にすぐ対応できるか”
についても、

「うちはすぐ対応しますよ!」

と言うのではなくて、

前に〇〇〇(実際にあったこと)ということがあったんですけど、その時はすぐ社員が対応しているので、時間はかかりませんよ

と伝える方が
ぐっと信頼感が高まります。

 

”トラブルが起きた時の対応”
についても、

同じようにさりげなく
ほかの取引先との間であったことを
会話に盛り込んでみてください。

 

どれもちょっとした一言なのですが、

”過去の取引実績・他の会社とのやり取り”

を加えるだけで、
お相手が受ける印象はずいぶん変わります。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

本日のブログはここまです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

補助金・融資の審査突破をサポートします

補助金・融資の審査突破をサポートします。延べ7,000社以上を調査分析したノウハウを活かし、「会社の強み」と「事業計画の良さ」が伝わる事業計画書の書き方をアドバイスします。

 

オンライン相談受付中

補助金の申請でお悩みの方のためのオンライン相談を受け付けています。

 

このような疑問やお悩みを解決します

  • 自社が補助金の対象かわからない
  • 補助金の内容が理解できない
  • 計画や経費が補助金の対象になるか知りたい
  • どの補助金や融資が最適かわからない
  • 決算書が申請要件に合うか見てほしい

 

★詳しくは下記のページをご覧ください。

【補助金申請のご相談に乗ります】オンライン相談のご案内

補助金の申請でお悩みの社長様のための『オンライン相談』のご案内です。「うちは対象?」「この計画・経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できなくて困っている」などの申請前のお悩みを解決します。

続きを見る

-良い会社だと思われたい
-,

© 2022 会社信用ドットコム