【元調査員が教える】あなたの会社に信用調査が入る理由

2021年2月6日

信用調査会社から調査に来たいと連絡があった。なぜうちの会社に調査が入るんだろう?

 

このような疑問にお答えします。

 

この記事で解決する疑問

  • 信用調査が入る理由を知りたい
  • 新規取引なんてない。調査が入ることなんてあるの?
  • 取引先にはすべて公開している。調査が入る理由は何?
  • うちの会社は危なくない!なんで調査なんか入るんだ!

 

疑問にお答えする佐藤は、企業の信用調査会社に10年以上勤め、延べ7,000社以上を調査した元調査員です。

 

記事を最後までお読みいただければ、

 

「調査が入るはずない」という思い込みは消え去ります。

 

「大切な調査を断ってしまった!」という失敗も回避できます。

 

「こっそり調べる会社の裏事情」や「高評価を獲得するメリット」についても書きました。

 

2分ほどで読める記事です。

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。
*詳しいプロフィールはこちら           

そもそも信用調査とは何か?

信用調査とは、

 

会社と会社が取引をする時に、相手の会社の信用度を知るための調査です。

 

その信用??とやらがよくわからないんだよね

 

という方は、次の信用調査がどんな場面で役立っているのかをご覧になってください。

 

「信用調査って何なのか」「調査をかける会社が何を知りたいのか」のイメージがグッとつかめると思います。

 

信用調査が役に立つ場面

信用調査が役に立つのはこんな場面です。

 

信用調査が役に立つのはこんな場面

  • 良い取引先を見つけたい
  • 悪い会社でないか確認したい
  • 受払や納期を守る会社か知りたい
  • 倒産の危険がないかチェックしたい
  • 会社の特徴や強みを把握したい
  • 報告を見て取引額・量を決めたい

 

「安心して取引をしたい」とか「スムーズに取引をしたい」と思っている会社の役に立っていることがわかりましたか?

 

信用調査が入りやすいタイミング

さて、ここからが本題です。

 

早速、信用調査が入りやすいタイミングを2つお伝えします。

 

信用調査が入りやすいタイミング

  1. どこかの会社の取引先候補になった時
  2. 既存の取引先が調べたいと思った時

 

(1)取引先候補になった時

まず1つ目は、みなさまの会社がどこかの会社の取引先候補になった時です。

 

このタイミングで調査が入るのは納得ですよね。

 

いままで取引をしたことがない会社だからよく知らない。

 

ならば、取引をする前に知っておこうという調査です。

 

(2)既存先が調べたいと思った時

「何ですでに取引をしている会社から調べられなきゃいけないの?」

 

そう思う方もいると思います。

 

すでに取引をしている会社を調べる1番の理由は、

 

会社の状態なんて日々変わるんだから、定期的にチェックしておきたいからです。

 

取引を始めた頃の経営状態が良かったとしても、良い状態がずっと続くとは限りませんよね?

 

逆に、取引をはじめた頃は経営状態がイマイチだったけれど、その後は改善している、ということもあるはずです。

 

会社の変化を調査で知ることができれば、危険な取引を中止したり、逆に良い取引を増やしたりしながら、取引を最適な状態に保つことができます。

 

というように、

日々変わる取引先の経営状態をこまめに確認しておこう、という調査はとても多いんです。

 

余談ですが、

大手企業では(2)の調査を行うことを社内ルールにしている会社も多いです。

 

いずれは大手企業と取引したい」と思っている社長様は、(2)のような調査もあることをよく覚えておいてくださいね
佐藤絵梨子

 

【重要】こっそり調べる会社の裏事情

調査が入ったなんて聞くと、

 

「調査が入るような取引は思い当たらない」

 

「調査が入るなんて取引先からは聞いてない」

 

「もう商談は進んでる。このタイミングで調査が入るはずはない」

 

とおっしゃる社長様がいます。

 

この考えはとても危険です。

 

長く取引審査をしている立場からはっきり申し上げますが、

 

相手が思い当たらないとか、聞いていないとか、商談が始まっているとか、

 

そんなものは見当違いです。

 

抜き打ち調査や、念を入れて信用調査をするケースだってありますよ。

 

信用調査をすることで相手先を疑っていると思われたくない。だから教えない。というケースだって考えられますよね?

 

わざわざ「調査をかけるよ」なんて教えてもらえるほうがマレだと思ってください。

 

「調査が入るなんて知らない」

「調査が入るはずがない」

 

そんな思い込みで重要な信用調査を断ってしまわないように注意してくださいね。

 

「調査をする会社=良い会社」の法則

少しだけお金の話をしますが、信用調査は決して安いものではありません。

 

1件調査をすると、料金が数万円から5万円はかかります。

 

定期的に信用調査を依頼するのは、それなりのお金が必要なんです。

 

それでもわざわざ取引先を調べている会社はどんな会社だと思いますか?

 

正解は、

リスク管理の意識が高く、社内体制もしっかりした良い会社です。

 

彼らは、安心して取引ができる「高評価な会社」を取引先として選びたがります。

 

ですので、

信用調査でベストな評価を獲得できるよう、しっかり準備をして調査に臨みましょう。

 

信用調査で高く評価されるメリット

良い会社から取引先として選んでもらうためにも、信用調査ではできるだけ高評価を獲得しておきたいですよね。

 

実は、高評価を獲得することのメリットは、取引先として選ばれることだけにとどまりません。

 

ほかにも次のようなメリットがあります。

 

高評価を獲得するメリット

  • 大手企業と取引ができる
  • 取引の声がかかりやすくなる
  • 融資の打診がある
  • 大きな金額の取引ができる
  • 取引を増やしてもらいやすい
  • 良い決済条件で取引できる
  • 長く取引を続けてもらえる
  • 取引先から大切に扱われる
  • 商談に応じてもらいやすい
  • 苦しい時に助けてもらえる

 

取引先として選んでもらえるだけでなく、取引後も大切されていると感じる会社が多いです。

 

このようなお取引は、決して夢物語ではありませんよ
佐藤絵梨子

 

強みがない会社はありません

「アピールできる強みがない」

「小さな会社だからたいしたことない」

「数字が良くないからダメだ」

 

そうおっしゃる社長がいますが、強みが全くない会社なんてありません。

 

企業の信用調査をしてきた立場から断言します。

 

もし本当に強みがないのなら、会社はとっくの昔に潰れているはずです。

 

強みがあるからこそ、取引先から選ばれ、いま会社が存続できているはずなんです。

 

「ない」とおっしゃる方は、強みに気づいていないだけです。

 

評価アップのためにまずすべきこと

会社の評価を高めるためには、

まず、ご自身の会社の強みを把握することです。

 

そして、

その強みを信用を勝ち取りたい相手に的確に伝えること。

 

先ほどのメリットは、評価を高めたみなさまの会社の将来の姿です。

 

諦めずに頑張ってまいりましょう!

 

本日のブログはここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

事業計画の策定をサポートいたします

補助金・融資・経営革新計画・経営向上計画など、あらゆる事業計画策定をサポートいたします。はじめて事業計画を策定する方、補助金や融資で良い評価を獲得できなかった方もお気軽にご相談ください。

補助金の事業計画策定支援

補助金の事業計画策定から申請完了まで併走いたします。事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金のほか、個別のご依頼にも対応可能です。

続きを見る

補助金・融資の事業計画書の添削(書き方のアドバイス)

事業計画書を添削し、会社の強みや事業の特徴の正しい表現方法、審査を突破するための書き方・コツをアドバイスさせていただきます。

続きを見る

事業再構築補助金のオンライン相談受付中

【オンライン相談】事業再構築補助金の事業計画のご相談に乗ります

「うちは補助金の対象?」「この経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できない!」「この計画で大丈夫?」など、事業再構築補助金のお悩みやご質問にオンライン相談でお答えします。

続きを見る

-企業信用調査Q&A
-

© 2022 会社信用ドットコム