企業信用調査Q&A

元・調査員が教える!信用調査が入る理由【あなたの会社が狙われるワケ】

2021年2月6日

元・調査員が教える!信用調査が入る理由【あなたの会社が狙われるワケ】
取引先から「調査票を記入してほしい」「決算書がほしい」と言われることがある。なぜうちの会社を調べるの?

信用調査会社から「調査をしたい」と連絡があった。なぜうちが調べられるの?理由が思い当たりません・・・

 

本日の記事はこのような疑問や不安をお持ちの社長様のために書きました。

 

調査される理由を理解していないのは、とても危険です。

 

調査対応を誤り、大切な取引を失ってしまう恐れがあります。

 

大げさに言っているわけではないですよ。

 

この記事を書いているわたしは、企業信用調査会社に10年以上勤め、延べ7,000社を調査した元・調査員です。

 

取引先を調べる会社、取引先から調べられる会社、どちらとも深く関わってきました。

 

調査の現場を知り尽くしたプロの目線で、信用調査に対する疑問にお答えしています。

 

この記事を読めば、取引先を調べる会社の目的がわかり、信用調査に正しく対応できるようになりますよ。

 

さらに、良いお取引を引き寄せられるようにもなります。

 

3分ほどで読める記事です。

 

ぜひ最後までお読みくださいね。

 

この記事が解消する疑問や不安

  • 取引先から調べられる理由を知りたい
  • 新規取引がないのに調査される理由を教えてほしい
  • 取引先に情報開示しているのに調査される理由を知りたい
  • 危ないと思われているから調査が入るのではと不安だ

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。*詳しいプロフィールはこちら  

*国が認定する認定革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411)です

そもそも信用調査とは何か?

そもそも信用調査とは何か?

そもそも信用調査って何ですか?

 

「実はよくわからずに信用調査に対応している」という社長様も多いのではないでしょうか?

 

企業信用会社の(株)東京商工リサーチや(株)帝国データバンクでは、信用調査を次のように説明しています。

 

信用調査とは何か?

企業間の商取引に際し、相手方の資産や営業状況を把握し、取引の可否や与信限度などの決定材料とするために調査すること
*出典:東京商工リサーチ>用語辞典>信用調査

信用調査とは、企業と企業が取引する際に、取引相手のことを知るために行う調査です
*出典:帝国データバンク「信用調査とは」

 

これだけだと、まだわからないですよね。

 

信用調査を正しく理解するために、次のパート以降でくわしく解説します。

 

信用調査をする理由

信用調査を正しく理解するには、「なぜ取引先を調べるのか」の理解が必要です。

 

取引先を調べるのは、主に次の理由によるものです。確認してください。

 

取引先を調べる理由

  • 悪い会社ではないか確認したい
  • 受払や納期を守れるか知りたい
  • 倒産の危険がないかチェックしたい
  • 特徴や強みを知ってから取引したい
  • 調査結果を見て取引額や取引量を決めたい

 

信用調査をする会社は「取引で失敗したくない」「安心して取引をしたい」と思っています。

 

なので、取引先を調べて「取引をして大丈夫か」「何か対策を取るべきか」を確認しているわけです。

 

信用調査は取引の大切な判断材料になっているんです
佐藤絵梨子

 

信用調査の方法

さて、その信用調査はどのように行われるのか。信用調査の方法を知っておきましょう。

 

信用調査には主に次の方法があります。

 

信用調査の方法

  • インターネットなどで情報を調べる
  • 直接訪問・電話・メールで聞き取る
  • 企業信用調査会社に依頼する

 

取引先から「調査票を記入してほしい」「決算書がほしい」と言われた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

これも立派な信用調査です。

ただの顧客データ集めではなく、みなさまの会社チェックにも使われています。

 

専門の信用調査会社に「取引先を調べて欲しい」と依頼をする会社も多いですね。

 

信用調査の方法は1つではありません。さまざまな方法で行われていることを知っておきましょう。

 

信用調査で調べられる項目

では、信用調査ではどのような項目が調べられているのか。主な調査項目をご紹介します。

 

信用調査で調べられる主な項目

  • 会社の概要
    商号・所在地・沿革・事業目的・役員・株主
  • 経営者情報
    代表者経歴・人物像・資産状況
  • 扱い品・取引先
    売上構成比・仕入先・販売先・決済条件・焦付債権
  • 金融取引状況
    取引銀行・借入状況・資金繰り
  • 業績推移
    売上高・利益・業績伸長率・業績概況
  • 決算内容
    貸借対照表・損益計算書・販管費明細・株主資本等変動計算書・キャッシュフロー計算書
  • 不動産情報
    所有不動産・担保設定状況
  • 将来の見通し
    今後の業績予想・事業計画

 

こんなにあるの!?と思いましたか?

 

信用調査にはたくさんの情報が必要なんです。

 

ほかにも、インターネットで公開されているあらゆる情報や、業界動向、経済・社会・地域情勢、企業を取り巻く環境なども調べられます。

 

わたしが在籍していた(株)東京商工リサーチでは、200項目ほどを調べていました。

 

取引の判断にはさまざまな情報が必要です。調べられる側には情報開示が求められますね
佐藤絵梨子

 

【盲点】独自の評価ルール

【盲点】“どの項目を重視するか”は会社次第

例えば、決算数値を重視する会社がある一方で、経営者の人柄や過去の実績を重視する会社があるように、会社の良し悪しを判断するポイントが会社よって異なることは多々あります。

 

信用調査会社でも、わたしが在籍していた(株)東京商工リサーチと、同業者の(株)帝国データとでは、評価方法が異なります。

 

信用調査会社が調べた情報を重視する会社もあれば、あくまで参考程度という会社もありますね。

 

“会社の良し悪しはこのように見極めると良い”という基本の見極め方は存在します。

 

ですが、その基本がすべてではなく、それぞれの会社の評価ルールがあることもお忘れなく。

 

「取引先が何を知りたいのか」「会社の良し悪しをどう判断するのか」を見極めて柔軟に対応することも必要ですね
佐藤絵梨子

 

信用調査が入りやすいタイミング

信用調査が入りやすいタイミング

さて、そんな信用調査ですが、”信用調査が入りやすいタイミング”はご存知でしょうか?

 

このパートでは、

  • 信用調査が入りやすい2つのタイミング
  • そのタイミングで調査が入りやすい理由

をお伝えします。

 

取引先候補になった時

信用調査が入りやすいタイミングの1つ目は、あなたの会社がどこかの会社の取引先候補になった時です。

 

新規取引をはじめる前のタイミングですね。

 

「今まで取引がない会社だからよく知らない。取引をする前に相手を知っておきたい」という気持ちでする信用調査です。

 

このタイミングで調査が入るのは納得ですよね。

 

既存取引先が調べたいと思った時

信用調査が入りやすいタイミングの2つ目は、すでに取引をしている会社が、あなの会社を調べたいと思った時です。

 

なぜ取引している会社から調べられるの?よく知っていると思うのですが・・・

 

調査員時代にこのような質問をよく受けました。

 

ずばり、すでに取引している会社が相手を調べる1番の理由は定期チェックです。

 

みなさまの健康診断と同じです。

自分の体だからよくわかっているのに、定期的にチェックをしていませんか?

 

変化がないか、本当に問題がないか、確認したいですよね?

 

取引先を調べる会社も「会社の状態に変化がないかこまめにチェックしたい」「本当に大丈夫か知りたい」という気持ちで信用調査をしています。

 

取引先の変化がタイムリーにわかれば、危険な取引はすぐ中止し、良い取引はすぐ拡大もできます。

 

取引先の定期チェックはメリットいっぱいなんです!
佐藤絵梨子

 

【必読】こっそり調べる会社の裏事情

【必読】こっそり調べる会社の裏事情

「信用調査が入るような取引は思い当たらない」

「信用調査が入るなんて取引先から聞いてない」

「もう商談は進んでいるんだから、このタイミングで調査が入るはずはない」

 

どれも調査員時代によく耳にした言葉です。

 

実は、相手先に伝えずに“こっそり調査するケース”はとても多いんですよ。

 

むしろ、「調査をする」とわざわざ相手に伝える方が少ないです。

 

こっそり調べる理由はさまざまですが、主な理由は次のようなものです。

 

取引先をこっそり調べる理由

  • 相手先を疑っていると思われたくない
  • 調査をすることに対して相手先から文句を言われたくない
  • 調査するのは当たり前だからわざわざ相手に伝える必要はない
  • 調査をすると言うと取引を期待されるから言わない(まだ候補先だから)

 

“相手との面倒ごとを避けたいから言わない”という理由が多いですね。

 

「調べる」と言わないことで、相手と良い関係を保ちたいケースも多いです。

 

マイナスの理由ばかりではありません。「調査されるはずがない」という思い込みで信用調査を断わらないように注意してくださいね
佐藤絵梨子

 

「調査する会社=良い会社」の法則

「調査をする会社=良い会社」の法則

元・調査員として断言します。

 

取引先を調べる会社は、良い会社であることが多いです。

 

リスク管理の意識が高く、社内体制がしっかりした会社が多いですね。

 

安心な会社とたくさん取引をして、会社を成長させていくという意識も強いです。

 

誰もが取引したい大手企業や有名企業ほど、しっかり取引先を調べています。

 

信用調査を社内ルールにしていて、定期チェックをする会社も多いですね。

 

良い会社から取引先として選ばれたいのであれば、信用調査にしっかり対応し、高評価を獲得できる会社になることが必要です。

 

信用調査の裏に良い取引先ありです
佐藤絵梨子

 

情報戦略が会社の評価を分ける

情報アプローチが会社の評価を分ける

根掘り葉掘り調べられたり、包み隠さず情報を公開するのはいい気がしない。

そんな方もいらっしゃると思います。

 

ですが、

  • 取引先が直接おこなう信用調査
  • 企業信用調査会社からの調査取材
  • インターネット等での情報公開

 

このような場面にどう対応し、どのような情報を開示するかで、取引先からの評価が大きく変わることは避けられません。

 

良い会社とお取引をするには、自社の情報戦略を真剣に考える必要があります。

 

  • 自社が高く評価されるポイントはどこか
  • 高く評価されるポイントを相手にどう伝えるか

 

この2点を今一度よく考え、良いお取引をつかみ取っていただきたいと思います。

 

このブログでも、審査を突破する方法や、会社の評価を高める方法を発信しています。参考にしてくださいね。

 

以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

審査を突破したい・会社の評価を高めたい社長様へ

下記のようなお悩み・課題をお持ちの社長様はお気軽にご相談ください。


 

下記のお悩みや課題を解決します

  • 融資や補助金の審査を突破できない
  • 銀行に良い会社だと思ってもらえない
  • 事業計画書で会社の良さを表現したい
  • 国の支援制度を活用して企業価値を高めたい
  • 銀行や信用調査会社に話す内容にアドバイスが欲しい
  • 情報開示を見直して会社の信用を高めたい

            

★補助金の審査突破をサポート

補助金の審査を突破するための3つのサポートをご用意しています。

詳しくはこちら
補助金申請サポートのご案内

補助金申請サポートのご案内です。事業再構築補助金・小規模事業者持続化補助金・ものづくり補助金に対応。「事業計画雨書の作成」「事業計画書の添削・書き方指導」「採択後のサポート」をご用意しています。

続きを見る

★単発コンサルティングのご案内

何でもご相談いただける1回限りのコンサルティングです。

詳しくはこちら
単発コンサルティングのご案内

何でもご相談いただける単発コンサルティングのご案内ページです。「1回だけ相談したい」「サービスを申込む前にとりあえず相談だけしたい」「とりあえず色々話を聞いてほしい」など、お気軽にご相談ください。

続きを見る

★サービス・ご料金一覧

詳しくはこちら
no image
サービス・ご料金のご案内

会社信用ドットコムのサービス・ご料金のページです。「審査を突破したい」「会社の評価を高めたい」社長様のためのおサポートをご提供します。

続きを見る