”売上がずっと横ばい”を会社の強みにする方法

2021年3月7日

売上が横ばいだと良い会社だと思ってもらえないんでしょうか
うちの会社は売上の増減が少ないんだけど、やっぱり伸び悩んでると思われちゃうのかな

 

本日のブログでは、このような売上に関する疑問や不安を解消します。

 

いままで延べ7,000社の会社を見てきましたが、「売上にあまり変化がない」という会社は少なからず存在するものです。

 

多くの経営者の方がよく口になさる

「売上が伸びていないからダメなのかな・・・」

ということについても触れています。

 

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。
*詳しいプロフィールはこちら           

”売上がずっと横ばい”は強みになります

”売上がずっと横ばい”は悪いことではありません。

 

「売上が維持できた」

「売上をキープした」

 

と捉えることができます。

 

売上を維持できたことも、頑張った結果ですよ。

 

”ずっと横ばい”=”頑張っていない”ではありません

世の中は日々、新しい会社や製品・サービスが誕生しています。

会社では同業他社との競争もあります。

 

そのような環境では、頑張らなければ売上を維持することはできません。

何もしなければ売上は落ちていくはずです。

 

“横ばい”が当たり前になっていると、ご自身では努力していることに気づかないかもしれませんね。

 

売上をキープできているのは、しっかり努力したからこそなんですよ。

 

売上がずっと横ばいな会社の特徴

 

売上が横ばいの会社には、次のような良い特徴がある会社が多いです。

 

  • 扱う製品やサービスが長く必要とされている
  • 必要とされるものを作り続ける設備と技術がある
  • 社会や経済が変化しても必要とされる
  • 取引先が満足するものを提供し続けている
  • 必要とされるものを見極める目がある
  • ずっと必要としてくれる取引先がある
  • 競合がいる中でずっと選ばれている
  • 長く求められるように扱い品を改良できる

ざっと挙げただけでもこれだけあります。

 

「売上が伸びてる会社じゃなきゃダメだ!」と思い込んでいると、このような”横ばい”の良さが見えません。

 

思い込みを捨てて、1度ご自身の会社を見つめ直してみてください。

 

売上がずっと横ばいの会社には『安定感』がある

『売上がずっと横ばいな会社の特徴』で挙げた項目からもわかりますが、ずっと横ばいの会社には何があっても揺らがない強さがあります。

安心して見ていられる会社が多いですね。

 

横ばいの会社には”安定感”があるんです。

 

“安定感”は会社が信頼されために欠かせないものです。

 

『どのようなところが周りに安定感を与えているか』を考えてみると、ご自身の会社の強みが見えてくるはずですよ。

 

売上がずっと横ばいの会社が信頼されるコツ

横ばいの会社が信頼されるために必要なことは、『堂々としていること』です。

そんなことでいいの?と思われるかもしれませんが、これが大事なんです。

 

せっかく「横ばいなら安定しているな」と思ってもらえても、社長が自信なさそうにしていたら、お相手は不安になります。

良い経営判断ができる社長にも見えません。

 

多くの社長が、ご自身の態度で会社の信用を下げてしまっています。

 

売上を維持していることに自信を持ち、堂々とアピールしてください。

 

信頼されれば自然と伸びていく

会社が安定していると思ってもらえると、取引に積極的になる会社が増えてきます。

既存のお取引先は、

「今まで安定して取引ができたから、
 もう少し取引量を増やしてみようかな」

と思ってくれるかもしれません。

 

安定していることを聞きつけて、

「うちの会社とも取引をしませんか?」

と声をかけてくれる会社も増えるはずです。

 

社長も信頼され、適切な情報公開もできていれば、伸びる可能性はより高まります。

 

いまの”安定している状態”をアピールして、しっかり信頼を獲得してまいりましょう。

 

”横ばい”で信頼を集めながら挑戦する

売上を伸ばし続けるためには準備も時間も必要ですし、挑戦したことすべてが成功するとも限りません。すぐに結果が出るわけでもないです。

 

「売上が右肩上がりになれば、もっと良い会社と取引ができるはず」

「3期増収になれば、銀行からも高く評価されて借入もしやすくなるはず」

 

確かにその可能性は高くなりますが、売上が右肩上がりになるまで待っている時間がもったいないです。

 

”横ばい”でも会社を信頼してもらうことはできます。

売上を伸ばすための戦略を実行しながら、横ばいの良さもアピールして、新しい取引や資金調達に挑戦していってくださいね。

 

 

本日のブログはここまでです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

補助金・融資の審査突破をサポートします

補助金・融資の審査突破をサポートします。延べ7,000社以上を調査分析したノウハウを活かし、「会社の強み」と「事業計画の良さ」が伝わる事業計画書の書き方をアドバイスします。

 

オンライン相談受付中

補助金の申請でお悩みの方のためのオンライン相談を受け付けています。

 

このような疑問やお悩みを解決します

  • 自社が補助金の対象かわからない
  • 補助金の内容が理解できない
  • 計画や経費が補助金の対象になるか知りたい
  • どの補助金や融資が最適かわからない
  • 決算書が申請要件に合うか見てほしい

 

★詳しくは下記のページをご覧ください。

【補助金申請のご相談に乗ります】オンライン相談のご案内

補助金の申請でお悩みの社長様のための『オンライン相談』のご案内です。「うちは対象?」「この計画・経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できなくて困っている」などの申請前のお悩みを解決します。

続きを見る

-会社の強みの見つけ方
-

© 2022 会社信用ドットコム