田舎の小さな会社こそ大手企業と取引するチャンスです【理由と秘訣を解説】

2021年7月4日

うちの会社は田舎にある小さな会社だから、大手企業と取引するなんて夢のまた夢だよ

そんなことをおっしゃる社長に時々お目にかかります。

 

この記事を読んで下さっているみなさんは、「無理だ」なんて思ってはいけませんよ。

 

なぜなら、同じ田舎の小さな会社でも、大手企業に「良い!」と見染められて取引をしている会社はいっぱいあるからです。

 

さらに、田舎の小さな会社って、大手企業からすればすごく魅力的な存在なんです。

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。
*詳しいプロフィールはこちら           

大手企業は常に新しい取引先を探している

大手企業は、新しい取引先を血まなこになって探しています。

 

会社をどんどん大きくしたいと思っているので、売上を伸ばすための売り先も探していますし、扱うものを増やすための仕入先だってもっと開拓したいと思っていますよ。

 

私がよくお会いする年商数百億円規模の会社では、

「売り先も仕入先もどちらも開拓したい!良い会社ならどこにでも行くよ!」

という営業担当の声を本当によく聞きます。

 

田舎にあろうが、僻地にあろうが、行くまでにどれだけ時間がかかろうが、大手企業は「良い会社ならどこにあろうがすぐ出向いてやるぞ!」という気持ちでいるんですね。

 

新しい取引先を開拓できるなら、みなさんの会社までの交通費や宿泊代くらい喜んで払いますよ。

 

みなさんの会社にもちゃんと取引のチャンスはあるんです。そのことを忘れないでくださいね。

 

今まで大手と取引がない会社ほど求められている

実は、大手企業が開拓できたら嬉しいと思っているのは、みなさんのような今まで大手とはあまり取引をしてこなかった会社”です。

 

大手企業は常にライバル会社と競争していますよね?

良い会社があるならば、競合よりも早く見つけたいし、11秒でも早く取引したいと思っているんです。

 

大手企業にとっては、みなさんの会社って、今まで手つかずになっていたお宝みたいなものなんですよ。

 

「うちは今まで大手と取引がないから・・・」なんて落ち込んだり不安になる必要は全くありません!

 

いつでも声をかけてもらえるように準備しましょう!

さて、ここで1つ注意しなければいけないのは、『大手企業は取引先を厳しくチェックする』ということです。

 

彼らは「やっと見つけたこのお宝は本当に良いものなのかな?」と見極めようとします。

 

みなさんの会社は、大手企業のチェックを通過するために対策をしておかなければなりません。

 

本日のブログでは、「これだけは必ずやっておくべし!」というものをご紹介しますね。

 

 

まずは、新しい取引先を探している大手企業が1番困っていることに解決してあげましょう。

 

大手企業が1番困っているのは、

とにかく相手の会社の情報がないこと

です。

 

わたしも企業の情報を調べていたのでよくわかりますが、中小企業って本当にビックリするくらい情報がありません。

 

大手企業が情報を探す時に1番使うのはインターネットなのですが、頑張って検索しても、情報が全然出てこないんです。

 

 

そんなわけで、みなさんの会社って、そもそも大手企業に見つけてもらえていません。

 

ホームページはきちんと用意する

これは、大手企業に選ばれるために必要な“投資”だと思って、必ずやっておきましょう。

 

 

うちはホームページはあるから大丈夫だ!

と安心しているみなさま。

 

わたしは先ほど、『大手企業は「やっと見つけたこのお宝は本当に良いものなのかな?」と見極めようとする』とお伝えしましたよね?

 

みなさまのホームページはこの厳しいチェックを通過できそうですか?

 

いくら大手企業にホームページを見つけてもらえても、『イマイチだな』『危なそうだな』と思われてしまったら、絶対に声をかけてもらえませんよ。

 

こんなホームページが声をかけてもらえます

  • 大手企業が求めている情報が載っている
  • ホームページを見ただけで信頼できる会社だとわかる

この2つができているホームページでなければ大手企業からは声をかけてもらえません。

 

そんなこと言われても、どんな情報を載せておけば信頼してもらえるのかわからないよ

という方は、こちらの記事に詳しく書いたので参考にしてくださいね。

 

関連記事
「ぜひ取引したい」と思わせるホームページの必須項目【前編:お金事情】

こんにちは。 会社信用クリエイターの佐藤絵梨子です。   先日、 取引先を増やせるかどうかの鍵はホームページにあり という記事を書いたのですが、   その後、 ホームページがある方が良いことはわかった。取引先を増やすため ...

続きを見る

関連記事
「ぜひ取引したい」と思わせるホームページの必須項目【後編:経営者能力】

  前回のブログぜひ取引したいと思わせるホームページの必須項目【前編:お金のこと】の続きです。   今回は後編、経営者能力の高さをホームページで伝える方法をお伝えします。     前回のおさらいとして ...

続きを見る

 

ご自身の会社が大手企業と取引できる可能性を、社長ご自身で閉ざしてしまわないでくださいね。

 

みなさまの会社はまだまだ実力を出し切れていません。

 

諦めずに良い会社との取引をつかみましょう!

 

 

本日のブログはここまでです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

補助金・融資の審査突破をサポートします

補助金・融資の審査突破をサポートします。延べ7,000社以上を調査分析したノウハウを活かし、「会社の強み」と「事業計画の良さ」が伝わる事業計画書の書き方をアドバイスします。

 

オンライン相談受付中

補助金の申請でお悩みの方のためのオンライン相談を受け付けています。

 

このような疑問やお悩みを解決します

  • 自社が補助金の対象かわからない
  • 補助金の内容が理解できない
  • 計画や経費が補助金の対象になるか知りたい
  • どの補助金や融資が最適かわからない
  • 決算書が申請要件に合うか見てほしい

 

★詳しくは下記のページをご覧ください。

【補助金申請のご相談に乗ります】オンライン相談のご案内

補助金の申請でお悩みの社長様のための『オンライン相談』のご案内です。「うちは対象?」「この計画・経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できなくて困っている」などの申請前のお悩みを解決します。

続きを見る

-良い取引先を増やしたい
-, , ,

© 2022 会社信用ドットコム