大手企業と取引したい会社が守るべき2つの条件

2021年1月1日

大手企業が取引する会社を決めるときのポイントを教えてほしい
大手企業から取引を断られる理由を知りたいです

 

そんなお悩みや疑問にお答えします。

 

大手企業や一流企業のような、いわゆる”良い会社”には、取引する会社を選ぶ基準があります。

 

 

本日のブログでは、『良い会社と取引をするためにまず知っておきたいこと』をギュッと詰め込みました。

 

すべて読めば、大手企業が取引する会社に必ず求める2つのポイントがわかります。

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。
*詳しいプロフィールはこちら           

 

大手企業はすぐには取引してくれない

今まで取引がない会社から

「取引をしよう!」

と言われたら嬉しいですよね?

 

お相手の条件を確認して、

「すぐ納品しよう!」
「すぐ商談の日程を決めよう!」

と取引を進める社長も多いと思います。

 

でも、
取引審査が厳しい大手企業は違います。

「取引をしよう!」
と言われても、すぐには取引を始めません。

 

まずは、
「取引をしよう!」と言った会社が、
”取引をするのにふさわしいか”をきちんと調べます。

決して目の前の取引にパッと飛びついたりしないのです。

 

大手企業が求めているのは『安心感』

 

『なぜ良い会社は取引相手を調べるのか?』

 

それは、

とにかく安心して取引したいから

の一言につきます。

 

良い会社では、万が一
取引でトラブルが起きようものなら、
大変な影響が出てしまいます。

  • たくさんの関係者に迷惑をかけてしまう
  • 損害の額が大きくなる
  • 悪い噂が広まる
  • 銀行の評価や株価が下がる  

良い会社は何ごともスケールが大きいです。

なので、1つの失敗が命取りになります。

当然ながら、

「悪いことが起こらないように防ぎたい!」
「リスクは前もって把握しておきたい!」
という思いも強いです。

 

取引をする時も、
相手の会社をきちんと調べて、
「安心して取引ができる!」
と確信してから取引をしているのです。

 

良い会社が取引先に求める【はずせない2つの条件】

取引に『安心感』を求める良い会社が、
取引先に必ず守ってほしいことがあります。

それが、

倒産の心配がない

約束を守ってもらえる

の2つです。

この2つはどのような会社でも
必ず取引相手に求めるものです。

 

「いやいや、
 こんなのどの会社でも守るでしょ」
と思われるかもしれません。

ですが、
延べ7,000社以上を調査した経験から申し上げると、

  • この2つを守っていない
  • 守らなそうに見える

会社がびっくりするほど多いです。

 

ご自身の会社も、

知らぬ間に守っていなかったり、
守れない会社に見えてしまっている

かもしれません。

 

1つずつ解説しますね。

 

倒産の心配がない

経験したことがある方も
いらっしゃるかもしれませんが、
取引先が倒産すると本当に大変です。

  • 販売した商品の代金が回収できない
  • 依頼した品物やサービスが手に入らなくなる
  • 売上・利益・資金繰り・生産計画が狂う

など、ご自身の会社にも
たくさんの悪い影響が出てきます。

 

最悪の場合、
ご自身の会社も倒産してしまう
ということにもなりかねません。

 

良い会社は、
潰れる可能性がある会社とは
絶対に取引をしてくれない
のです。

 

約束を守ってもらえる

「約束を守るなんて小学生でもできるだろ!」

という声が聞こえてきそうなのですが、
世の中は約束を守らない会社であふれています。

 

例えば、

  • 期日に支払ってくれない
  • 依頼した品物が期日に届かない
  • 一方的に価格を変更された
  • 提供されたサービスが説明と違った
  • 知らせもなく行方知れずになった

などなど、
例を挙げればキリがありません。

わたしが調査員としていた時も、
支払期日に遅れる会社をたくさん目にしました。

 

しかも、
確信犯ばかりではありません。

  • 期日を忘れていた
  • 口座にお金を入れていなかった
  • 手続きをしたと思っていた

というルーズな会社も多いです。

 

約束を破られたお相手は、
生産計画が狂ってしまいます。

売上も予定より先にずれ込んでしまいます。

あてにしていた代金が期日に入らなくて、
支払に回すお金の調達に苦労する
なんてことが起きてしまうかもしれません。

「ちょっとの遅れくらい大丈夫でしょ」
では済まされないのです。

 

そんな迷惑ごとを避けるためにも、
取引先は約束を守ってくれる会社であること。

良い会社はこれを取引先に必ず求めるのです。

 

良い会社と取引するには”会社の信用”を高めよう

繰り返しますが、
良い会社は
「安心して取引ができるな」
と感じた会社でないと取引をしません。

「この会社は大丈夫だな」
と信用してもらわなければ取引してもらえないのです。

 

うちの会社は俺(私)がしっかり経営してるんだし、倒産しそうだなんて思われるはずないよ!
今まで約束はきちんと守ってきたし、うちの会社に限って危なく見えるはずないでしょ

と思っていらっしゃる経営者の皆さま、

 

本当にそうでしょうか?

 

”ご自身がそう思っているだけで、

まわりからは不安に思われている”

なんてことはありませんか?

 

大変失礼ながら申し上げますと、
「この会社は危ないと思われてしまうだろうな」
と感じる会社がたくさんあります。

 

しかも、
本当はとても良い会社なのに、
お相手に良さが伝わらなくて
危ない会社に見えてしまう

という”もったいない会社”がとても多いです。

 

このブログでは、
『会社が信用を高める方法』をたくさんお伝えしています。

 

「お相手に危ない会社だと思われていないか気になる・・・」
という方は、ぜひ他の記事もお読みになってみてくださいね。

 

事業計画の策定をサポートいたします

補助金・融資・経営革新計画・経営向上計画など、あらゆる事業計画策定をサポートいたします。はじめて事業計画を策定する方、補助金や融資で良い評価を獲得できなかった方もお気軽にご相談ください。

補助金の事業計画策定支援

補助金の事業計画策定から申請完了まで併走いたします。事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金のほか、個別のご依頼にも対応可能です。

続きを見る

補助金・融資の事業計画書の添削(書き方のアドバイス)

事業計画書を添削し、会社の強みや事業の特徴の正しい表現方法、審査を突破するための書き方・コツをアドバイスさせていただきます。

続きを見る

事業再構築補助金のオンライン相談受付中

【オンライン相談】事業再構築補助金の事業計画のご相談に乗ります

「うちは補助金の対象?」「この経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できない!」「この計画で大丈夫?」など、事業再構築補助金のお悩みやご質問にオンライン相談でお答えします。

続きを見る

-良い取引先の開拓術
-,

© 2022 会社信用ドットコム