取引先に困らずに会社を続けていく方法

2021年7月15日

注文があったから対応したんだけど、実は相手の会社とちゃんと話したことがないんだよね

うちの製品がどんなふうに使われているかなんて聞いたことがないよ

最初の注文の時に話したっきりで、その後は連絡もしていない取引先があるな

 

私はご自身が営業まわりをしているという社長とお話しすることが多いのですが、いつもこのようなお話に驚かされます。

 

「なんてもったいないんだろう」

「このままでは取引先を維持することも増やすこともできないだろうな」

と思ってしまうんですよね。

 

 

取引先はみなさんが取引を維持したり、増やしていくためのヒントをたくさん持っています。

 

「うちの会社はどんな場面で必要とされるだろう」「なぜ選ばれたんだろう」と自分で考えるのは大変ですが、取引先は確実にその答えを教えてくれるからです。

 

たとえば、「うちの会社はこんな理由でも選ばれるんだ!」という新たな発見をすることもあります。これは新規開拓のヒントにもなりますね。

 

取引先は”丁寧さ”を良いと思ってくれているのに、みなさんは”早さ”を追求してしまうというような、よくあるズレを防ぐこともできます。

 

不満や要望を聞き出すことができれば、すぐに対応して取引拡大に繋げることもできます。知らないうちに取引先が離れてしまうことも減らせますよね。

 

取引先としっかり向き合っていれば、いきなり必要とされなくなるような事態は防げるんです。

 

 

最低でも次の4つを確認して、取引先と良い関係をつくる参考にしてみてください。

 

取引先に確認しておきたいこと

  • どうやって自社のことを知ったのか
  • なぜ自社を選んでくれたのか
  • とくに価値を感じてくれたのはどこか
  • 実は不満に感じていることや要望はないか

 

改めて相手を訪問しにくいなら、電話やメールでひと言連絡を入れるだけでも違います。

 

取引先が減らない会社は、このような取引先からの聞き取りを地道に続けています。

 

手を抜かず、地道なひと手間を積み重ねて、良い取引先を増やしていきましょう!

 

 

本日のブログはここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

事業計画の策定をサポートいたします

補助金・融資・経営革新計画・経営向上計画など、あらゆる事業計画策定をサポートいたします。はじめて事業計画を策定する方、補助金や融資で良い評価を獲得できなかった方もお気軽にご相談ください。

補助金の事業計画策定支援

補助金の事業計画策定から申請完了まで併走いたします。事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金のほか、個別のご依頼にも対応可能です。

続きを見る

補助金・融資の事業計画書の添削(書き方のアドバイス)

事業計画書を添削し、会社の強みや事業の特徴の正しい表現方法、審査を突破するための書き方・コツをアドバイスさせていただきます。

続きを見る

事業再構築補助金のオンライン相談受付中

【オンライン相談】事業再構築補助金の事業計画のご相談に乗ります

「うちは補助金の対象?」「この経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できない!」「この計画で大丈夫?」など、事業再構築補助金のお悩みやご質問にオンライン相談でお答えします。

続きを見る

-良い取引先の開拓術
-,

© 2022 会社信用ドットコム