良い取引先を増やしたい

新規開拓を成功させる社長が初めての商談で話すコト①

 

初めての商談で
打ち解けてきたお相手と

先行き不透明だし、これからどうなるかなんてわからないですよね

いや〜今で精一杯で、先のことなんて考えられないですよ

なんて話をしていませんか?

 

「最近どうですか?」と聞かれた時に
このように答えている方も多いと思います。

 

断言しますが、
このような場面で

未来の話ができない社長は信用されません。

 

お取引先を増すことも、
お取引先から良い条件を引き出すこともできません。

必ずどこかで限界がきます。

 

本日のブログでは

お取引先をバンバン増やす社長は
商談で必ずコレを話す

というテーマでお伝えします。

 

お取引先を増やしている社長は、
「先のことなんてわからない」
とは決して口にしません。

自分の会社に安心感を持ってもらうために
みずから進んで未来の話をします。

 

お天気番組を例にして、
わかりやすく解説しますね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子
会社信用クリエイター

中小企業の信用力アップを指導。資金調達や大手企業との販路開拓を支援。数字に自信がなくても、社長の人間性、取引先との関係性、こだわりや想いなどの“数字にできない強み”を引き出し言語化。世界最大の企業情報を保有する信用調査会社の調査員を経て現職。個人から年商1兆円企業まで延7,000社の取材実績。会計事務所での補助金支援サポートも経験。※詳しいプロフィールはこちら

 

未来の話をして相手に安心感を与えよう

先日、
とある気象予報士の方が
「梅雨の時期は天気の予測が難しい」
というお話をされていました。

ふだんの予報では、
東西の雲の流れを追いますが、

梅雨の時期は
南北に動く梅雨前線が加わって
雲の動きが複雑なることが、

予報が難しくなる原因だそうです。

 

では、
もしお天気番組が
梅雨は予測が難しいことを理由にして、

本日のお天気の振り返りだけで
番組を終えたらいかがでしょうか?

 

もしくは、

これからの参考として
過去の同じ時期のお天気を伝えただけで
番組が終わってしまったら。

あなたはどのように感じますか?

 

  • 明日のお天気は?
  • 今後1週間のお天気は?
  • 私がいる地域はこれから
    災害に気をつけるべき?

のように、
先の予報が気になるはずです。

 

とくに
災害並みの大雨が降っている時は
より一層先の予報が気になりますし、

そのタイミングで先の予報がなければ、
とても不安になるはずです。

 

未来の話ができない社長は、
明日の予報をしないお天気番組と同じです。

 

はじめてのお取引では、
お相手はまだあなたの会社を
信用しきっていません。

直接口にはしなくても、

  • 支払や納品の約束を守ってくれるかな
  • まさか倒産なんかしないだろうな

と思ってあなたの会社を見ています。

本当に大丈夫かな?
という不安を抱えています。

 

未来のお話をしない社長は、
お相手の不安を解消してあげることができません。

 

どれだけ一生懸命商品の話をしても、
どれだけ過去の取引実績の話をしても、

  • この先もちゃんと続いていく会社だよ
  • しっかり経営をして約束を守るよ

というアピールができていないんです。

 

多くの中小企業経営者に
お目にかかる中で感じていることですが、

大変失礼ながら
未来の話ができない社長は本当に多いです。

 

お取引先や銀行から今後について聞かれた時に、

先行き不透明だし、これからどうなるかなんてわからないよね

今で精一杯で、先のことなんて考えられないよ

と口にしていませんか?

困ったように笑ってごまかしていませんか?

これから先の話なんて
世間ばなしだと思っていませんか?

 

未来の話は、
お相手にとって
あなたの会社と取引する・しないを決める
重要な判断材料です。

 

お相手との会話で未来の話題が出た場合には、
決して話を軽く流したりせず、
ここ1番の真剣さでお話をしてくださいね。

 

少し長くなりましたので、

そうは言っても、未来の話ってどんな話をしたらいいの?

という疑問には
次回のブログでお答えします。

 

補助金申請をサポートします

詳しくはこちら
補助金サポート サービス一覧

  小規模事業者持続化補助金の申請サポートをしています <一般型><低感染症リスク型ビジネス枠> どちらも対応可能   ※その他補助金のサポ ...

続きを見る

 

▼続きの記事はこちらです▼

-良い取引先を増やしたい
-, , ,

© 2021 会社信用ドットコム