補助金一発採択の必勝法

補助金が不採択でツライ!を乗り越える方法|繰り返し不採択を打破するコツ

2023年11月7日

補助金が不採択でツライ!を乗り越える方法|再申請に前向きに取り組む5つのコツ|会社信用ドットコム
不採択でツライです。次は採択されるでしょうか?

不採択からの再申請は、気持ちとの戦いです。

計画が否定されたようで落ち込んだり、採択されるか分からない不安が付きまといます。

そこで本日は、不採択で落ち込んだ時に読んでいただきたい記事を書きました。

繰り返しの不採択を打破するコツもご紹介しています。

本記事をお読みいただければ、落ち込みから回復し、前向きな気持ちで再申請の準備に取り組むことができるでしょう。

ぜひ最後までお読みください。

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用ドットコム代表

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、審査の突破で売上・資金を勝ち取るサービスを展開中。中小企業の救世主として期待されている。

*経済産業省認定 経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411

詳しいプロフィールはこちら

補助金申請をやり遂げた素晴らしいさを自覚する

補助金を申請することは凄いんです

補助金に興味はある。でも、難しそうだし、時間もない。手間もかかりそうだ。

そんな理由で申請を足ぶみしている方が沢山いることをご存知でしょうか?

補助金申請まで成し遂げたことは本当に凄いことです。

不採択で恥ずかしい、情けないとおっしゃる経営者様がいますが、そんなことはありません。

補助金申請の準備は大変です。とくに、事業構想を考え、事業計画書を作成することには、相当な時間と労力を費やしたはずです。

専門家に頼らず、自社で申請手続きをなさったのなら、なおさらです。

まずは申請までやり切ったことに自信を持ってください。

その頑張りは再申請で必ず活かされます。

そして、次こそは確実に採択を勝ち取りましょう!

 

補助金不採択は世界の終わりではない

補助金不採択は世界の終わりではない

補助金の不採択を誤解をしている方がいますので、正しい考え方をお伝えしておきますね。

補助金の不採択理由は、取組内容に改善の余地があったり、事業計画書で的確に説明できなかったケースが大半です。

人気の補助金なら、ライバルとの競争がし烈だった可能性もあります。

不採択は事業計画や頑張りを否定するものではありません。

より一層の高みを目指して、再申請に集中しましょう。

 

再申請まで辞める5つのこと

再申請までストップしたい5つのこと

再申請までのあいだ「これは辞めておいた方がいいこと」を5つご紹介します。

どれも続けていると、気持ちが落ち込んだり、優先順位や大事なこと見失って、再申請の準備が進まなくなります。

一時的にでも辞めることを強くおすすめします。

 

SNS

再申請まで辞めることの1つ目は、SNSです。

SNSは不確かな情報や極端な意見も多いです。補助金の正しい情報を見極める自信がないなら、鵜呑みにするのは危険でしょう。

Twitterの「採択された!」「1回目で通った!」という投稿に打ちのめされる方も多いです。

影響されすぎてしまうのであれば、一時的に距離を置きましょう。

 

審査員の文句

再申請まで辞めることの2つ目は、審査員の文句です。

審査員に文句を言ったところで採択結果は変わりません。

変えられないことに貴重な時間と労力をかけるのは、もったいないです。

いま優先すべきは、再申請の準備ではないでしょうか?

どうしても文句を言いたいのであれば、採択されてから存分に言ってやりましょう!

 

採択事例探し

再申請まで辞めることの3つ目は、採択事例探しです。

採択事例を探しすぎて疲れてしまう方がいます。ほどほどにしてくださいね。

「どの事例が自社の参考になるか」を見極める目がなければ、自社の計画とはほど遠い事例を参考にしてしまう危険性もあります。

採択される方法をお求めなのであれば、専門家に相談するのも手ですよ。最適な解決策を示してくれますよ。

 

怒り爆弾

再申請まで辞めることの4つ目は、怒りをまわりにぶつけることです。

不採択になった苛立ちを、ともに申請準備をした従業員や支援者にぶつけてしまう方がいます。お気持ちはわかりますが、ほどほどで辞めるのが賢明です。

彼らは次回申請を一緒に乗り切り、事業をともに進めていく同志です。雰囲気が悪くなれば、前向きな気持ちを持ってもらえません。

どうぞ大切になさってくださいね。

 

別の専門家探し

再申請まで辞めることの5つ目は、別の専門家探しです。

不採択の原因が専門家の支援や能力によるものかどうかは、冷静に検証する必要があります。

貴社をよく理解していて、再申請にも親身になってくれるのなら、サポートを継続してもらう方がよい場合もあるでしょう。

まずは一呼吸置いて、落ち着いて考えましょう。


以上、再申請まで辞める5つのことをご紹介しました。

気持ちがマイナスに傾いたり、再申請の準備の足枷になることは、申請が終わるまで控えたいものです。

心当たりのある方は要注意です
佐藤絵梨子

 

採択のモチベーションを保つ方法

採択のモチベーションを高める方法

どうしても気持ちが落ち込む、次回採択されるか不安でしょうがない。そんな方は以下の方法も試してみてください。

補助金は長期戦です。落ち込んだまま乗り切るのは困難です。

早めに気持ちを回復させて、最高のコンディションで申請準備を進めましょう。

 

補助金メリットの再チェック

採択のモチベーションを保つ方法の1つ目は、補助金メリットを再確認することです。

不採択がつらすぎて、補助金を取りたかった理由を忘れていませんか?

補助金のメリットを思い出せば、やる気もすぐに復活することでしょう。

補助金のメリットは以下の記事でお伝えしてます。再確認したい方はお読みくださいね。

詳しくはこちら
補助金獲得のメリットを徹底解説!補助金を取る会社に起こる7つの魔法|会社信用ドットコム
補助金獲得のメリットを徹底解説!補助金を取る会社に起こる7つの魔法

補助金のメリットを知りたい方向けの記事。お金をもらえることだけが補助金のメリットではありません。知らないと損する「真のメリット」をお伝えします。

▶︎補助金を獲得するメリットとは?補助金を取る会社に起こる7つの魔法

 

輝く未来に想いを馳せる

採択のモチベーションを保つ方法の2つ目は、輝く未来に想いを馳せることです。

現状がつらいときは、明るい未来に想いを馳せるに限ります。採択されて、補助金メリットを手にした自社を思う存分イメージしましょう。

もう一度頑張ろうという気持ちがすぐに湧いてくるはずです。

 

不採択の事業計画書を読み直して褒める

採択のモチベーションを保つ方法の3つ目は、不採択になった事業計画書を読み直して褒めることです。

将来計画を考え、事業計画書を完成させるのは、時間も労力もかかることです。

ぜひ事業計画書を懸命に完成させた過去の自分を、これでもかと讃えてください。そして、次回申請の活力にしましょう。

前回の頑張りをないがしろにしないでくださいね。

 

従業員と成長戦略を語り合う

採択のモチベーションを保つ方法の4つ目は、従業員と成長戦略を語り合うことです。

語り合う相手は経営陣や役員でも構いません。

社内で将来の戦略やビジョンを語り、補助金を申請する目的をより明確にしておきましょう。

再申請を頑張らなければ!という気持ちがより強くなるはずです。

 

顧問や支援者に話を聞いてもらう

採択のモチベーションを保つ方法の5つ目は、顧問や支援者に話を聞いてもらうことです。

ふだんから貴社を支えてくれる顧問や支援者なら、落ち込んだときも親身になって話を聞いてくれるでしょう。最強の味方として力になってくれるはずです。

経営者様お一人で悩まないことです。頼れるものには大いに頼りましょう。


元気が出てきました!

 

繰り返し不採択を打破するコツ

繰り返し不採択を打破するコツ

最後に、繰り返しの不採択を打破するコツをお伝えします。

気持ちで負けると失敗しやすいです。みなさまが前向きになってきたところで、念には念を入れて、気持ちで負けないコツを詰め込みました。

「採択は無理だ」と思うようなことがあれば、ぜひ読み返してください。

 

自社と計画を否定しない

繰り返しの不採択を打破するコツの1つ目は、自社と計画を否定しないことです。

繰り返しますが、補助金の不採択は会社や計画を否定するものではありません。

会社や計画を否定する気持ちは、事業計画書でも透けて見えてしまいます。本気で再申請に取り組むことも難しいでしょう。

もっと改善する余地がある!と気持ちを切り替えましょう。再申請はより良い内容で勝負できるはずです。

 

探す&試すはやりすぎ注意!

繰り返しの不採択を打破するコツの2つ目は、情報を探し過ぎや、色々な方法の試しすぎを防ぐことです。

何度も不採択になると、情報を探し回り、色々な方法を試したくなることもあるでしょう。

ただし、やりすぎは禁物です。

逆に不安になることや混乱することも多く、疲れてやる気がなくなってしまうケースをよく見かけます。

「申請の基本」を知りたい方は、以下の記事の後半部分をお読みください。不採択リベンジのお役に立ちます。

詳しくはこちら
補助金の不採択地獄を脱け出す方法|審査突破のプロが教える!不採択リベンジの秘策9選|会社信用ドットコム
補助金の不採択地獄を脱け出す方法|不採択リベンジの9つの秘策

不採択リベンジを絶対に成功させたい方向けの記事。審査突破のプロが「不採択リベンジの秘策」を教えます。「採択をつかむための気持ちの持ちよう」や「採択のためにやめること」もお伝えしています。

▶︎補助金の不採択地獄を脱け出す方法|不採択リベンジの9つの秘策

 

1回2回の不採択でめげない

繰り返しの不採択を打破するコツの3つ目は、1回2回の不採択でめげないことです。

本記事の最後でもご紹介しますが、不採択になっても諦めず、何度目かの挑戦で採択を勝ち取る経営者様もたくさんいます。

挑戦しなければ採択もされません。どうぞ途中で諦めないでください。

 

社長一人で悩まない

繰り返しの不採択を打破するコツの4つ目は、お一人で悩まないことです。

経営者様お一人で悩んでいても、不採択リベンジの最適解が思い浮かぶ可能性は低いでしょう。

お悩みなのであれば、信頼できる専門家に相談するのも手です。専門家は貴社に寄り添い、最適な方法で再申請を成功に導いてくれるでしょう。

身近にいない場合はご相談ください。全力でお力になります。

▶︎補助金の審査突破サポート


もう一度頑張ってみます!

 

複数回の不採択から採択を勝ち取った経営者様の話【実話】

複数回の不採択から採択を勝ち取ったG社社長様の話【実話】

先日、補助金申請をお手伝いさせていただいたG社の経営者様からお礼のメッセージをいただきました。

2回不採択になってしまったタイミングでご相談に来られ、見事3度目で採択を勝ち取られた経営者様です。

ご相談にいらした当時は、度重なる不採択でどうしたらいいかと大変悩んでおられました。

一方で、事業実現に対する想いは強く、諦めない本気のお気持ちが伝わってきました。

日中は通常業務でお忙しく、お打ち合わせと準備は連日夜中に進めるというハードなスケジュール。

そのような中でも、手順を踏んで丁寧に作業を進められ、再申請を終えた際には全力を出し切ったとスッキリしたようにおっしゃられました。

そして、見事に採択を勝ち取られたのです。

採択発表の直後は驚きと喜びでしばらく放心状態だったそうですよ。

現在は補助金の受け取りまで完了され、事業を急速に拡大しておられます。


この記事をお読みいただいたいる経営者の皆様も、どうぞ最後まで諦めず、採択の喜びを存分に味わっていただきたいと思います。

そして、補助金メリットの獲得とともに、事業をますます成長させていかれることを心より応援しています。

この記事が貴社のお役に立てれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

※G社の経営者様は私のサポートの感想も書いてくださいました。こちらのページの「お客様の声」からお読みいただけます。

 

補助金の審査を突破する3つのプログラム

会社信用ドットコムでは、以下のお困りごとを解決へ導きます。

  • 資金繰りを円滑にするために補助金を取りたい
  • 補助金の事業計画書の作成が難しく、次に進めずにいる
  • 業績や財務が悪くても、今後は経営を改善して補助金を取りたい
  • 不採択の原因がわからず、再申請で採択される効果的な改善策がわからない


 

200件以上のご相談を解決した信頼のプログラムで補助金獲得をサポートします。

大変嬉しいこととに、数多くの経営者様からお喜びの声をいただいております。許可をいただきましたので、一部ご紹介いたします。

弊社事業計画の本質的なことを理解をしていただけるコンサルタント会社がなく、審査も2回落ち、時間ばかり経過してしまい、どうしたら良いか悩んでいました。

弊社事業計画について非常に深いところまで理解をしていただき、また弊社事業の可能性についても大変期待してくださったため、ご依頼しました。

1回目で採択されたことに大変感謝するとともに、このような申請について他社と比較して随分と差があることを感じ、もっと早く知っていればよかったと思う程です。

これまで31年事業をしてきた中で、私は様々な申請業務を自分でやってきました。理由は、専門家様にご相談をしても、どうもキャパオーバー的で無責任、仕事が雑なわりに、お金は高い、というイメージがあるからです。

会社信用ドットコム様は、違いました。相手の利を先によく考えた、提案力、スピード、解決力、どれもプロだと思いました。

<情報通信業 東京都 G社社長様>

この度は大変お世話になりました。 ご相談の段階から丁寧にご対応いただいたことで、ハードルの高さを感じていた申請について前向きに取り組んでいくことができました。

自力ではどう頑張ってもこれほどのものは作成できませんでしたし、改めて自身の事業や今後の計画・課題を可視化できたことも大きな収穫の1つです。

初歩的な質問にも親身になって答えてくださり、最後まで何度も助けていただきました。 またどうぞよろしくお願いいたします。

<飲食料品小売業 S社長様>

サービスのクオリティーにもホスピタリティーにも非常に満足しています。一事業者である自分だけではここまではとてもやりきれなかったと思います。 お願いして本当によかったです。

申請のための書類を作成したあとにもまだハードルの高い部分があったのですが、知らないままだったら書類不備となってしまうような、重要だけれど気づきにくいポイントもあらかじめ説明してくださっていたので助かりました。

このたびは心強く真摯なサポートを本当にありがとうございました。 

<教育・学習支援業 M社長様>

ご感想をいただき、ありがとうございます。

他にもたくさんのお喜びの声を頂戴しておりますので、下記からご確認ください。

▶︎解決事例・お客様の声

サポートがお役に立つか確認いただくために、無料の初回相談会も開催しています。

対面だけでなく、Zoomのオンライン面談もご用意していますので、全国対応が可能です。

お申込み方法や日程は下記をご覧ください。

お困りの経営者様は、まずはお気軽に無料でご相談ください。

サポートの詳しい内容は下記のページでご紹介しています。

詳しくはこちら
事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金の審査突破サポート
補助金の審査突破サポート

補助金の審査突破を3つの強力なプログラムでサポート。申請準備から入金まで併走。ものづくり補助金、事業再構築補助金、大規模投資成長補助金、小規模事業者持続化補助金、事業承継・引継ぎ補助金に対応。認定支援機関。全国対応。初回無料相談受付中。

続きを見る

▶︎補助金の審査突破サポート