補助金を申請したい

補助金と助成金の違い 【申請すれば誰でも貰えるは間違い】

補助金と助成金に違いなんてあるの?申請すればみんなが貰えるんでしょ?

 

補助金申請のサポートをしていると、『補助金と助成金は同じだと思っている方』『補助金は申請すれば皆もらえると思っている方』がとても多いです。

 

先に結論をお伝えすると、

 

補助金と助成金は違います。

 

補助金は申請した全ての会社が貰えるものではありません。

 

 

この記事では、これから補助金や助成金を申請しようと考えている経営者の方に、

 

【まずこれだけは知っておいて欲しい!補助金と助成金の違い】

 

をお伝えします。

 

この記事でご紹介している違いは1つだけです。

 

1分で読めます。

 

申請の段階で「思っていたのと違う!」なんてことにならないためにも、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子
会社信用クリエイター

「融資を断られる」「大手が取引してくれない」「補助金が不採択」→必要なのは”会社の信用”です。数字がダメな会社でも、銀行や大手企業から信用を獲得する方法を指導。「うちは小さな会社だから無理」と諦める社長をゼロにすることがミッション。世界最大の企業情報を保有する信用調査会社の元調査員。個人から年商1兆円企業まで延7,000社以上の取材実績。会社信用ドットコム代表。※詳しいプロフィールはこちら

補助金と助成金の大きな違い

これから補助金や助成金を申請してみようと考えている経営者のみなさんに、まず知っておいて欲しいことはこちらです。

   ↓↓↓

補助金には審査があって、誰でも貰えるものではない

 

 

補助金を「申請すれば誰でも貰えるもの」と思っている方がいますが、それは間違いです。

 

補助金には”審査”があります。

 

提出した申請書の内容(事業計画)を良いものだと思ってもらえなければ、お金を貰うことはできないんです。

 

 

高校や大学の入学条件をイメージするとわかりやすいですね。

 

例えば、このような2つの学校があったとしましょう。

①入学者の条件(年齢など)を満たしていて、指定された書類を提出すれば入学できる学校

②試験の申込をして、良い点数を取って上位者にならないと入学できない学校

①が助成金のイメージ

②が補助金のイメージです。

 

 

補助金の方がハードルが高いんです。

 

 

さらに、補助金は書類審査で合格(採択と言います)した後も、さまざまな手続きが必要です。

 

場合によっては、申請した金額すべてを貰えないということもあります。

 

このあたりはまた別の記事で解説しますね。

 

 

さて、本日の内容のまとめです。

 

まず知っておきたい補助金と助成金の違い

 審査の有無補足
助成金なし「助成金の対象か」「書類は正しいか」確認される
補助金あり「事業計画の内容が優れているか」審査される

 

補助金や助成金は本当にたくさんの種類があります。

 

本日お伝えしたような制度の違いを知った上で、「どの制度を活用するか」「どのように申請の準備を進めるか」を考えてみてくださいね。

 

 

本日のブログはここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

補助金申請書の作成をサポートします

企業の信用調査会社で延べ7,000社を調査取材してきた元調査員が、あなたが作成した申請書を添削し、会社の良さを正しく伝える書き方を指導します。

詳しくはこちら
補助金申請書の添削サポート

続きを見る

-補助金を申請したい
-

© 2021 会社信用ドットコム