良い会社だと思われたい

与信限度額って何?一度決まると金額は変わらないの?

取引先がうちとの取引で与信限度額とやらを決めてるらしい。これって何なの?その金額は一度決まったら増えないの?

 

このような疑問をお持ちではありませんか?

 

 

「”与信限度額”なんて漢字が5つも続いて小難しい」

 

とか、

 

「うちは取引額はどんどん大きくしていく!決まった金額までしか取引しないなんて意味がわからん!」

 

なんて声をよく耳にするのですが、

 

取引の与信限度額を決めている会社は実はとても多いんです。

 

与信限度額を決めるのは普通のことなんですね。

 

本日のブログでは、

  • なぜ与信限度額を決めるのか?
  • どうすれば金額を上げてもらえるのか?

をポイントだけ簡単に解説しています。

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子
会社信用クリエイター

中小企業が銀行融資や補助金申請、大手企業との取引で高評価を獲得する方法を指導。世界最大の企業情報を保有する信用調査会社の元調査員。個人から年商1兆円企業まで延べ7,000社以上の取材実績。「信用される会社をつくる」がミッション。会社信用ドットコム代表。※詳しいプロフィールはこちら

与信限度額とは?

与信限度額とは取引の上限額のことです。

 

『あなたの会社はこの金額までなら取引するよ』と決められた金額のことですね。

 

クレジットカードの限度額をイメージするとわかりやすいと思います。

 

なぜ与信限度額を決めるの?

与信限度額を決める大きな理由はこの2つ。

 

与信限度額を決める理由

  • 取引で大きな損失を避けるため
  • 取引機会を逃さないため

 

みなさんは今まで、

「この会社が潰れるなんて嘘だろ!?」

「あんなに絶好調だった会社の業績がこんなに悪化するなんて!」

なんて思ったことはありませんか?

 

残念ながら、この世の中には「この会社は何があっても絶対に大丈夫!潰れることなんてありえない!」なんて言い切れる会社はないんです。

 

「この会社は大丈夫だろ」とどんどん取引額を増やしていたら、相手に万が一のことがあった時に大きな損失を被ってしまいますよね?

 

大きな損失を被れば、経営は悪化しますし、下手をしたら自分の会社まで巻き込まれて倒産してしまう可能性だってあります。

 

そんな恐ろしいことを防ぐためにも、「これくらいなら回収できなくても耐えられる」という金額を算出して、取引先に応じて取引の限度額を決めておくんです。

 

大手企業のように管理体制がしっかりした会社では、この与信限度額をしっかり決めている会社が多いですね。

 

質問:与信限度額は一度決まると増えないの?

回答:金額を増やしてもらえる可能性は十分にあります

 

与信限度額は主に次の2つを考慮してして決められます。

 

  • みなさんの会社の信用度
  • 相手の会社の事情

 

相手の会社の事情というのは、例えば、1つ前でお伝えした「どれくらいの損失額まで許容できるか」などです。

 

取引期間の長さや取引回数に応じて限度額を変更する(例えば、取引回数が増えれば限度額を上げるなど)というように社内でルールを決めている会社も多いですね。

 

相手の会社の事情はどうにもできませんが、もう1つの『みなさんの会社の信用度』はご自身の努力で高めることができるものです。

 

会社を信頼してもらえれば限度額を上げてもらいやすくなりますし、信頼してもらえなければ限度額は据え置き・少なくなります。

 

どうすれば良い会社だと思ってもらえるの?

会社の信用度を高めいくコツが知りたい!

という方は他の記事も読んでみてくださいね。

 

信頼される会社になって、どんどん良い取引をつかんでいきましょう!

 

 

本日のブログはここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

補助金申請のサポート

下記補助金の事業計画づくりから電子申請までをサポートしています。

●事業再構築補助金
●ものづくり補助金
●小規模事業者持続化補助金 

 

サポート内容やご料金は下記ページをご覧ください。

詳しくはこちら
サービスメニュー
サービスメニュー

続きを見る

 

-良い会社だと思われたい
-,

© 2021 会社信用ドットコム