「得意先の取引条件が厳しくツライ」から抜け出す方法

2021年3月11日

得意先の見積り依頼があまりにも安すぎる。取引は続けたいけど、うちだって利益が出なきゃやってけないよ

得意先の納期スケジュールがすごく厳しい。徹夜でフル稼働してギリギリ間に合うかどうか。正直、私も社員も疲れてきたよ・・・

最初は取引できて嬉しかったけど、とにかく条件が厳しい。「うちとの取引は断らないだろう」と上から目線でこられるのはシンドイよ

 

どれも中小企業の経営者の方からよく聞くお悩みです。

 

「うちの会社も経験がある」という中小企業経営者の方も多いのではないでしょうか?

 

 

本日のブログは、

得意先の取引条件が厳しくツライ状態から抜け出す方法

について書きました。

 

 

「うちの取引先はそんな会社ばかり。でも、少しずつでも改善して、良い条件の会社とだけ取引できるようになりたい」

そんな考えをお持ちの方はぜひお読みになってください。

 

 

「今はそんな取引先はないけど、これからそんな取引先が出てきたら困る」

「そんな取引にならないように、今のうちからできることをしておきたい」

という方の参考にもなる内容です。

 

 

「自分の会社にとって幸せな取引はどんなものか?」

を考えるきっかけとしても、ぜひ最後までお読みになってくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。
*詳しいプロフィールはこちら           

「得意先の取引条件が厳しくツライ」状態から抜け出す方法

結論を先にお伝えします。

 

辛い取引から抜け出す方法は、

信頼される会社になることです。

 

「こんなに安心して取引ができる会社はない」

「こんなに良い会社との取引は絶対逃したくない」

と思ってもらえる会社になるということです。

 

どういうことか、順番に説明しますね。

 

なぜ取引先から厳しい条件を突きつけられるのか?

まず、

”そもそも取引先はなぜ厳しい条件を突きつけくるのか”

を知っておきましょう。

 

それは、取引先が次のような気持ちで取引をしているからです。

 

厳しい条件を提示する取引先の気持ち

  • 「この会社の代わりなら探せばいくらでもある」
  • 「ちょっと心配な会社だから、問題が起きても損害が最小限になるように条件を厳しくしておこう」
  • 「少しくらい条件を厳しくても、売上のためならやるだろう」

 

キツイ表現になってしまうのですが、

良い会社だと思われていないから、ちょっと下に見られてしまっているんですね。

 

ですので、

  • 安心して取引ができる会社だと思ってもらう
  • 絶対に手放したくない会社だと思ってもらう

そんなふうに思ってもらえる会社になる必要があります。

 

信頼される良い会社は取引先から大切に扱われている

「信頼できる会社だ」と思われている会社は、取引先から良い取引条件を提示され、大切に扱われているものです。

 

信頼される会社はこんな条件で取引ができます

  • 余裕を持った支払・納品期日を設定してもらえる
  • 困った時は条件を柔軟に変えてもらえる
  • 資金繰りが厳しくならないように配慮してもらえる

どこの会社も、信頼できる会社との取引は逃したくないので、良い条件を提示してきます。

 

長く取引を続けていくために対応も丁寧です。

 

お互いがお互いを大切にしながら良い関係を長く続けることができるんですね。

 

自分の会社の本当の価値に気付いていますか?

わたしはこれまでに延べ7,000社の会社を取材してきました。

 

そこで気がついたのは、

 

多くの中小企業経営者の方は自社の本当の価値に気付いていない

 

ということです。

 

会社の強みを見つけ、しっかりアピールできれば、もっともっと取引先から信頼してもらえるのに。そんなふうに感じる会社がとても多いんです。

 

本当はとても良い会社なのに、「信頼できる会社だ」というアピールが下手なせいで、取引相手から厳しい条件をつきつけられてしまう。それはすごくもったいないです。

 

取引先から信頼してもらいたいけど、どうしたらいいかわからない

信頼してもらえるために、改善できることを知りたい!

という方は、このブログのほかの記事もお読みになってみてくださいね。

 

会社が信頼されるための方法をたくさんご紹介しています。

ブログ記事一覧

 

 

たくさん記事があってどれから読んだら良いかわからないよ

という方は、まずはこのあたりの記事を読んでみてください。

 

まず最初に読んで欲しい記事

おすすめ記事
”良い会社”という評価は社長が自分でつかむもの

会社の良し悪しは相手が分析して判断するものでしょ? 受ける印象は相手によって違うだろうから、こちらはどうしようもないよね なんて思っていませんか?   これ、とんでもない誤解です。   延べ7,000社の会社を見てきた経 ...

続きを見る

おすすめ記事
良い取引先を増やしたい中小企業ほど情報を公開しよう

うちは中小企業だし、そこまで詳しい情報は公開してませんよ うちの会社は上場してるわけじゃないし、情報を公開する必要はないでしょ   この意識、変えましょう!   断言します。 情報を公開していないと 良いお取引先は増やせ ...

続きを見る

おすすめ記事
“身元確認”を制する会社は良い会社との取引を制す

なんでうちの会社は取引を断られるんだろう 何度も営業をかけてるけど、話すら聞いてもらえないよ こんな疑問やお悩みはありませんか?   お取引を断られる原因は、 お相手から ”怪しい会社だ” ”信頼の置けない会社だ” と思われているから かも ...

続きを見る

おすすめ記事
大手企業と取引したい会社が守るべき2つの条件

大手企業が取引する会社を決めるときのポイントを教えてほしい 大手企業から取引を断られる理由を知りたいです   そんなお悩みや疑問にお答えします。   大手企業や一流企業のような、いわゆる”良い会社”には、取引する会社を選 ...

続きを見る

 

信頼される会社になって、良いお取引先をどんどん増やしていきましょう!

 

 

本日のブログはここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

事業計画の策定をサポートいたします

補助金・融資・経営革新計画・経営向上計画など、あらゆる事業計画策定をサポートいたします。はじめて事業計画を策定する方、補助金や融資で良い評価を獲得できなかった方もお気軽にご相談ください。

補助金の事業計画策定支援

補助金の事業計画策定から申請完了まで併走いたします。事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金のほか、個別のご依頼にも対応可能です。

続きを見る

補助金・融資の事業計画書の添削(書き方のアドバイス)

事業計画書を添削し、会社の強みや事業の特徴の正しい表現方法、審査を突破するための書き方・コツをアドバイスさせていただきます。

続きを見る

事業再構築補助金のオンライン相談受付中

【オンライン相談】事業再構築補助金の事業計画のご相談に乗ります

「うちは補助金の対象?」「この経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できない!」「この計画で大丈夫?」など、事業再構築補助金のお悩みやご質問にオンライン相談でお答えします。

続きを見る

-良い取引先の開拓術
-,

© 2022 会社信用ドットコム