【採択率の危険な罠】事業承継・引継ぎ補助金に学ぶ補助金一発採択の極意

2021年12月31日

これから申請しようと思っている補助金、採択率が80%もあるんです!これならうちでも採択されますよね!?

 

補助金の採択率だけを見て簡単さ・難しさを判断している社長様。

 

その考えは、ちょっと危険ですよ。

 

採択率が高い=採択されやすい補助金

完全な誤解です。

 

本日のブログは、

高採択率な補助金から学ぶ一発採択の極意

というテーマで書きました。

 

事業承継・引継ぎ補助金は簡単な補助金ではないのですが、採択率は50〜80%と高めです。

 

本日はこの高採択率の裏側を解説しました。

補助金一発採択の極意もご紹介しています。

 

これから補助金を申請する方、不採択が続いている方はぜひ読んでみてくださいね。

 

難しい説明は一切ありません。

2分で読める記事です。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。
*詳しいプロフィールはこちら           

事業承継・引継ぎ補助金とは?

専門性の高い分野なので、初めて名前を聞いたという方も多いかもしれませんね。

 

事業承継・引継ぎ補助金は、

事業承継をきっかけに新しい取り組みを行う会社や、事業を引き継ぐ会社を支援する補助金

です。

 

政府が発表した2022年度(令和4年度)当初予算案にも、事業承継・引継ぎ補助金は予算総額16億円で盛り込まれています。

 

現在は経営革新型・専門家活用型の2タイプがありますが、2022年度からは廃業・再チャレンジという類型も加わって、必要とする方によりピンポイントで届く支援になりそうです。

 

すぐに活用することはなくても、これから使うことがあるかもしれません。

 

補助金は知っていてなんぼの世界ですので、

「こんな補助金がある」と頭の片隅に置いておくと良いですね。

 

事業承継・引継ぎ補助金の採択率

2021年に行われた公募の結果はこちら。

 

2021年の採択結果

公募期間 採択件数申請数採択率
令和3年6月11日〜7月12日経営革新167件335件49.8%
専門家活用346件412件83.9%
令和3年7月13日〜8月13日経営革新187件375件49.8%
専門家活用330件419件78.7%
令和3年9月30日〜10月26日経営革新75件136件55.1件
専門家活用236件270件87.4%

 

経営革新は50%ほど、専門家活用はなんと80%以上の高採択率です。

 

最近は採択率30%台の補助金も多いですよね。80%もあるなら私でも申請すればきっと採択されるはず!

 

なんて思った方、残念ながらそうはいかないです。

 

次の審査基準のパートをご覧になってください。

 

あれ?思ってたのと違うぞ・・・??と思うはずですよ。

 

事業承継・引継ぎ補助金の審査基準

事業承継・引継ぎ補助金の審査ポイントをチラっと見てみましょう。

 

「経営革新」と「専門家活用」のそれぞれの審査基準を抜粋しました。

 

経営革新型の審査ポイント

 

専門家活用型の審査ポイント

 

経営革新は次の4つの観点が審査ポイントになっていますね。

独創性・実現可能性・収益性・継続性

 

専門家活用型はこちらの3点がポイントになっています。

  • 財務内容が健全
  • 取り組みの目的・必要性
  • 取り組みの効果・地域経済への影響

 

これを見て「やっぱり簡単だね!」とはならないはずです。

 

独創性やら実現可能性なんてどうやって伝えたらいいの!?

 

必要性とか効果を伝えろと言われても・・・のように戸惑いませんか?

 

専門性の高い分野ですし、専門家のサポートも必要な補助金です。

 

難易度が低いわけがないんです。

 

じゃあ、なんでそんなに採択率が高いのですか??

 

その答えは次のパートでお伝えしますね。

 

事業承継・引継ぎ補助金が高採択率な理由【1つだけ】

事業承継・引継ぎ補助金の採択率が高い理由。

 

まず最初に結論から。

 

ズバリ、

結論:本気の申請者しかいないから

 

事業承継・引継ぎ補助金は申請のハードルが高めです。

 

  • お金が欲しいだけの人
  • 丸投げで何とかなると思っている人

このような人が即脱落するであろう高い壁があるんです。

 

本気でないと越えられない5つの壁

  • 事業承継・引継ぎが必要
  • 補助金の内容が難しい
  • 専門家の支援が必須
  • 審査レベルが高い
  • 丸投げ厳禁!!

 

そもそも本気じゃない人が「事業承継しよう!」なんて思わないですよね。

 

頑張って難しい内容を理解しようとも思わないでしょう。

 

専門家に頼むことや、レベルの高い審査に挑戦することだって面倒くさいはずです。

 

申請者本人の念入りな準備も必要ですから、専門家に丸投げもできません。

 

というわけで、

 

最終的に申請までたどり着くのは、高いハードルを越えた本気の人だけです。

 

本気だから計画の質も高い。

 

数少ない本気の人が質の高い計画を持って集まるから、採択率も高くなるいうワケです。

 

最近の補助金フィーバーで勘違いしている方が多いですが、補助金は本来このような本気の方が申請するものです
佐藤絵梨子

 

最後に試されるのは社長の本気度

補助金申請サポートの現場にいると、補助金で採択される会社にはとある傾向があることがわかります。

 

こんな会社が採択されている

  • 会社の未来を真剣に考えている
  • 当事者意識を持って補助金申請に臨んでいる

 

このような会社だからこそ、レベルの高い事業計画を立てることができます。

 

そして、申請手続きも完璧に終えられる。

 

その結果、採択されています。

 

  • ただお金が欲しいだけ
  • 真剣ではない
  • 誰かに丸投げ

このような会社からレベルの高い計画は決して生まれません。

 

専門家も魔法使いではないですから、体裁整えて!なんて言われても限界があります。

 

もう1度繰り返しますが、

 

補助金は申請者の本気度が試されるもの。

 

このことを忘れないでくださいね。

 

最高の成果を狙うなら

専門家の支援は、本気の社長様にこそ最大の効果を発揮します。

 

サポートする側も良い結果が出るよう、みな懸命工夫をこらしています。

 

ご自身に合った良いサポーターを見つけて、採択をつかみ取ってくださいね。

 

 

本日のブログはここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

補助金の審査突破をサポートします

事業再構築補助金やものづくり補助金の添削・申請支援のノウハウを活かし、補助金の審査突破をサポートします。延べ7,000社以上を調査分析した実績のもと、「会社の強み」と「事業計画の良さ」を正しく伝える事業計画書の書き方をアドバイスします。

詳しくはこちら
no image
サービス・ご料金一覧

補助金申請書の添削・申請サポートをお受けしています。事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金に対応可能です。

続きを見る

 

オンライン相談受付中

補助金の申請でお悩みの方のためのオンライン相談を受け付けています。

 

このような疑問やお悩みを解決します

  • 自社が補助金の対象かわからない
  • 補助金の内容が理解できない
  • 計画や経費が補助金の対象になるか知りたい
  • どの補助金が最適かわからない
  • 決算書が申請要件に合うか見てほしい

 

★詳しくは下記のページをご覧ください。

【オンライン相談】事業再構築補助金のご相談に乗ります

「うちは補助金の対象?」「この経費で申請できる?」「補助金の内容を理解できない!」「この計画で大丈夫?」など、事業再構築補助金の疑問やお悩みを解消します。お気軽にご相談ください。

続きを見る

-補助金で採択されるコツ
-

© 2022 会社信用ドットコム