信頼される社長・経営者とは

「この会社、危ないかも」と感じさせる社長はこんな人

どうにも新しい取引が増えないんだよなぁ・・・。昔からの得意先には良い製品だって言ってもらえてるし、決算書の数字だって悪くないはず。業歴だって長い。いったい何がいけないんだろう?

こんなお悩みはありませんか?

 

そのお悩みの原因は、

”取引するのは危ない会社だ”
と思われているからかもしれません。

 

そして、

危ないと思われる会社は
社長に特徴があります

 

本日の記事は、
『危なそうに見える会社の社長ってどんな人?』
というテーマで書きました。

 

ポイントを絞って
さくっと解説しています。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子
会社信用クリエイター

新卒で企業の信用調査会社に入社。10年間で延べ7,000社以上を取材し、大手企業との取引は無理だと諦めている経営者が多くいることに気づき一念発起。現在は、数字に自信がない中小・零細企業が大手企業から取引先として選ばれるためのサポートを展開。ブログやツイッターでは会社が信頼されるコツを伝える。※詳しいプロフィールはこちら

”会社が危なく見えてしまう”社長はこんな人


断言します。

どんなに良い製品やサービスを提供していても、
どんなに決算書の数字が良くても、
どんなに長く会社が続いていても、

社長がダメだと会社は危なく見えます。

 

では、

「取引するのは危なそうだな」

と思われてしまう会社の社長は
どんな方だと思いますか?

 

わたしは失礼ながら、
『この人は正しい判断ができないだろうな』
と感じてしまう人だと思います。

 

責任感を感じない人はその筆頭ですね。

 

”弱々しくて頼りない”という方だけでなく、
”いい加減で頼りない”という方もそう。

 

ご自身が得意な領域は
責任を持って頑張るけれど、

苦手な分野は人に任せっきりというのもそう。

 

技術畑出身の方が
決算書関係はすべて人任せというのが
典型的なパターンです。

 

 

このような社長の会社からは、
取引先が離れやすいです。

 

従業員もついてきません。
銀行も助けてくれません。

 

会社にとって大切な人たちが離れやすいので、
危なそうに見えてしまうんです。

 

”危ない会社”だと思われないためにまずやるべきこと

すぐにできることは、

  • 会社の状態をきちんと把握する
  • 会社の状態を把握していることをアピールする

この2つです。

 

いやいや、そんなの普通にやっているよ!

と思われた皆さま、

本当にできているのでしょうか?

 

わたしは今までの延べ7,000社の会社を見てきましたが、出来ているなと感じる会社はほんのひと握りでしたよ。

 

 

例えば、

「会社の数字は経理に任せているから」
「顧客のことは営業の担当者がいるから」

なんておっしゃったことはありませんか?

 

どちらも社長からよく聞く口癖ですが、
これだと、
ご自身が把握していることにはならないですよね?

 

会社の状態を把握することも、
把握しているとアピールすることも、

どちらも社長自身が行うべきことです。

 

 

中小企業の社長は、
一国一城の主です。

 

国の王様です。

 

組織のすべてを決める人です。

 

従業員だけでなく、
取引先や銀行も、

”この人が会社のすべてを決める”
と思って社長のことを見ています。

 

なので、取引先は
”社長が会社のことをきちんとわかっている”
と感じなければ安心できません。

 

社長ご自身がしっかり把握&アピールすらことで、

”これからも会社にとって良い決定をするだろう”

と相手に思わせ、しっかりと信用を獲得していきましょう。

 

 

自分ではちゃんとしているつもりだけど、相手にそう見てもらえているか心配になってきたよ

という方は、次回のブログを参考にしてくださいね。

 

 

次回は、

取引先から信用されない社長の口グセ12選

というテーマでお伝えします。

 

 

本日の記事が、1人でも多くの経営者の方のお役に立てれば嬉しいです。

 

お問い合わせやご依頼はこちらからお願いします。
ご質問やリクエストも大歓迎です。
 「こんなことが知りたい」
 「こんなテーマでブログを書いて欲しい」
 「取引でこんなことがあったんだけど、
  何がいけなかったのか教えて欲しい」

など、お気軽にご連絡ください。

-信頼される社長・経営者とは
-,

© 2021 会社信用ドットコム