資金繰りの悩みをかき消すスゴ技

銀行融資を返済できない時の対処法|追加融資もリスケも断られた時の最終手段

2024年5月19日

銀行融資を返済できない時の対処法|追加融資もリスケも断られた時の最終手段
銀行融資を返済できないかも!どうしよう!

このようなお悩みを解決します。

銀行融資の返済が苦しいというご相談が急増しています。

対処法がわからず、思い悩んでいる経営者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで本記事では、銀行融資を返済できないと感じた時の対処法をお伝えします。

この記事を書いている私は日々、中小企業の融資獲得や返済戦略をサポートしています。

経済産業省からは経営革新等支援機関にも認定されています。

本記事では、ご支援の現場で実際にお伝えしている『融資返済が厳しい時の効果的な対処法』について解説しています。

返済が苦しい局面では、通常の融資申し込み以上に慎重な対応が求められます。

ぜひ最後までお読みくださいね。

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用ドットコム代表

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、審査の突破で売上・資金を勝ち取るサービスを展開中。中小企業の救世主として期待されている。

*経済産業省認定 経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411

詳しいプロフィールはこちら

返済できない時に1番にすること

早めの対処と正しい現状把握が大事!

銀行融資を返済できないと感じたら、まず「現在どのような状況なのか」を確認しましょう。

少なくとも次の2点はすみやかに確認しましょう。

すぐに確認する2つのこと

  • 今いくら資金があるのか
  • 何にいくら払えないのか

そして、対処法を考え、早めに動いてください。

現実を見るのが怖いと感じたり、先延ばしにしたくなる気持ちもよくわかります。

しかしながら、

対応が遅れ、状況が悪くなればなるほど、解決の選択肢は減っていきます。

なんとなく「まだ大丈夫」で済ませるのも危険です。よく確認したら、すぐに対処が必要なケースもよくあります。

大事なことなので繰り返します。

「返済が難しい」と感じたら、すぐに現状を確認して、対策を考えてください。

返済対策で1番に取り組むべきことです。

 

銀行融資を返済できない時の対処法

銀行融資を返済できない時の対処法

銀行融資を返済できないと感じた時の対処法をお伝えします。1つずつ解説しますね。

 

収支を改善する

銀行融資を返済できない時の1つ目の対処法は、毎月の収支を見直すことです。

収支を見直すことで、融資の返済資金を生み出せる可能性があります。

売上を獲得できないか、費用を減らせないか、いま一度確認してください。

受け払いのタイミングも見直しましょう。売掛を早く回収したり、回収後に支払う条件にすることで、返済資金が生まれることもあります。

 

金融機関に相談する

銀行融資を返済できない時の2つ目の対処法は、金融機関に相談することです。

「いまどのような状態なのか」を融資担当者に説明し、今後どうするべきか対応を仰ぎましょう。

こちらから「こうできないか」と打診するのも手です。その場合は次の3つが解決の選択肢となるでしょう。

  1. 追加融資
  2. 借り換え
  3. リスケジュール

1つずつ説明します。

 

追加融資

まずは追加で融資をしてもらえないか打診してみましょう。

借入が多い場合、債務超過の場合、すでに返済が遅れている場合などは、審査に通らない可能性が高いです。

とはいえ、追加融資の可能性はないか、確認してみてください。

 

借り換え

借り換えができないかも確認しましょう。

借り換え=新しい融資で既存の融資を返済し、新しい融資に組み替えることです。

新しい融資の条件が既存融資の条件よりも良いものであれば、返済苦から抜け出せる可能があります。

ただし、借り換えは「新しい融資」という扱いですので、審査は厳しいです。

思い通りに融資を引き出すには、事業計画書などの資料の用意も必要でしょう。

現状と将来計画を的確に説明することも必要です。

 

リスケジュール(返済猶予)

融資を返済できない場合は、返済できる条件に変更してもらうことも検討する必要があります。

注意点として、リスケは約束の変更ですから、銀行からの信用低下や、新規融資を受けることが難しくなることを覚悟しなければなりません。

いつリスケの相談をするか、タイミングの見極めも難しいです。

リスケが最適な手段か慎重に検討するとともに、信頼できる専門家からアドバイスを受けることもお考えください。

 

融資以外で資金を調達する

銀行融資を返済できない時の3つ目の対処法は、融資以外で資金を調達することです。

以下の記事では小規模企業でもできる可能性が高い融資以外の資金調達方法について解説しています。

まだ資金調達の可能性があるかもしれません。ぜひ一度お読みください。

詳しくはこちら
銀行融資NGでもできる銀行融資NGでもできる融資以外の資金調達方法|小規模企業の現実的な金策9選資金調達方法|小規模企業の現実的な金策9選|会社信用ドットコム
銀行融資以外の資金調達方法|融資NGでもできる!小規模企業の現実的な金策9選

銀行融資以外の資金調達方法を知りたい経営者様向けの記事。融資審査がダメでもできる資金調達方法、小規模企業でも無理なくできる資金調達方法をお伝えしています。

続きを見る

▶︎銀行融資以外の資金調達方法|融資NGでもできる!小規模企業の現実的な金策9選

 

専門家に相談する

銀行融資を返済できない時の4つ目の対処法は、専門家に相談することです。

信頼できる専門家は、貴社に最適な解決策を示してくれるはずです。専門家しか使えない解決制度も熟知しているでしょう。

例えば、経済産業省が認定する経営革新等支援機関(認定支援機関)に相談すれば、同機関の支援で引き出せる特別な融資国の効果的な支援制度も提示してくれます。

国が専門家活用でかかる費用を補助してくれる制度もあります。

しかしながら、専門家といえど、相談のタイミングが遅すぎれば問題解決が難しくなります。

相談をする場合は、早めに動きましょう。

 

融資の専門家から最適な解決策を引き出すコツ

融資の専門家から最適な解決策を引き出すコツ

融資の専門家に相談する場合は、伝えることを事前に整理しておくと、最適な解決策を引き出しやすいです。

銀行融資については、少なくとも以下の情報は伝えられるように準備しておきたいですね。

良いアドバイスをもらうために伝えること

  • 借入をしている金融機関
  • 借入残高(取引銀行ごと)
  • 信用保証協会付きの有無
  • 毎月の元金返済額と利息支払額
  • 返済期間(●●カ月 ・●●年)

決算書申告書資金繰り表などの資料も用意することをおすすめします。より具体的な解決策を示してもらえるはずですよ。

 

銀行から追加融資もリスケも断られたらどうする!?

銀行から追加融資もリスケジュールも断られたら

追加融資もリスケも拒否されました。もう倒産しろってことですか!?

諦めるのは早いです。まだ解決の可能性があります。
佐藤絵梨子

ただし、苦しい状況から抜け出すのは簡単なことではありません。

苦しい会社に対する銀行の審査はとても厳しいからです。審査突破策を真剣に考えることが必要です。

専門家に相談するでもお伝えしたように、専門家がサポートをすることで、効果的な審査突破策が見つかる可能性もあります。

おひとりで悩まず、信頼できる専門家を頼ってください。

身近にいない場合はご相談ください。全力でお力になります。

(※会社信用ドットコムは経済産業省が認定する経営革新等支援機関です)

 


事業を末長く続けていくには、資金繰りを円滑にするための戦略が必要です。

貴社が資金繰りのお悩みから解放され、事業をますます発展させていかれることを心より応援しています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

返済レスキューリスケサポート

  • 返済期間の延長や条件の見直しに応じてもらえない
  • 銀行に経営改善計画の提出を求められ、次に進めずにいる
  • 融資の返済遅れが続き、取引先への支払いに影響している
  • 融資の担当者から事業の継続を諦めるような圧力を感じている
  • 「倒産以外に道はない」と他の専門家に言われてしまった

もし、このようなお悩みがあれば、会社信用ドットコムのサポートがお役にたちます。

返済プランの再構築から、銀行との交渉まで、一貫したサポートで財務の健全化を実現します。

サポートがお役に立つかご確認いただくために無料の初回相談も行っています。

オンライン面談・全国対応も可能です。

まずは無料でお気軽にご相談ください。

▶︎初回無料相談の募集中の日程を確認する
(※カレンダーから日程を選べます)


 
サポートの内容は下記ページをご覧ください。

▶︎コロナ融資の返済先延ばしサポート

 

審査に通る会社になるメルマガ

審査に通る会社になるメルマガ登録フォーム|会社信用ドットコム

銀行融資・補助金・大手取引の審査攻略法が手に取るようにわかるメルマガを配信中です。

登録はメールアドレス・お名前・都道府県のみ。いつでも解約可能です。

毎日登録者数が増えている人気のメルマガです。下記のリンクからご登録ください。

▶︎メルマガの登録はこちら

QRコードからもご登録いただけます。

会社信用ドットコムのメルマガ登録フォームQRコード