良い会社だと思われたい

失敗を信用に変える良い会社の法則

むかしの失敗なんて絶対に話したくないよ。だってダメな会社だと思われちゃうでしょ?

 

実はそうでもありません。

 

経営者のみなさまが「大変な失敗をしちゃったな」と思っている失敗には、まわりの会社から「良い会社だな」と思われる可能性がぎっしり詰まっています。

 

 

本日のブログは、

むかしの失敗を会社への信頼に変える方法

についてお伝えしています。

 

 

延べ7,000社の会社を調べて感じていることですが、

お相手の会社から信頼を勝ち取るためには、過去の失敗は隠さずに話した方が良いことも多いんですよ。

 

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子
会社信用クリエイター

中小企業の信用力アップを指導。資金調達や大手企業との販路開拓を支援。数字に自信がなくても、社長の人間性、取引先との関係性、こだわりや想いなどの“数字にできない強み”を引き出し言語化。世界最大の企業情報を保有する信用調査会社の調査員を経て現職。個人から年商1兆円企業まで延7,000社の取材実績。会計事務所での補助金支援サポートも経験。※詳しいプロフィールはこちら

 

失敗は経営者能力になる

  • 頑張って開発した製品が全く売れなかった
  • たくさん借金をしてしまった
  • 大赤字になった
  • お金を使いすぎて資金繰りが厳しくなった
  • お客さんから特大なクレームを受けた

など。

 

経営者のみなさまも、さまざまな失敗を経験してきたのではないでしょうか?

 

失敗したその瞬間は「わー・・・大変な失敗をしてしまったな」と思ったはずですが、

 

そんな失敗をしていても、みなさまの会社は今も続いていますよね?

 

失敗したとは言いながらも、一生懸命頑張って、その失敗を乗り越えているんです。

 

しかも、1度失敗しているので、同じことが起きないように注意しているはずです。

 

失敗した原因を考えたり、反省したり、2度と同じことが起きないように対策したりしているはずなんです。

 

 

つまり、失敗をしている社長は、

  • 同じような失敗を回避できる
  • 解決策がわかる
  • 経営悪化を防げる

そんな能力があるのでは?という目で見てもらえることがあるんです。

 

どれも優れた経営者の特徴ですよね。

 

偉大な経営者も失敗談だらけです

 

いやいや、そんなこと言ってもさ、「この会社の社長はむかし失敗してるからダメ!」と思う会社だってあるでしょ?

失敗してる社長は信用されるなんて言われても、すぐに「はいそうですか」なんて思えないよ

 

という方は、ご自身が「すごいな」と思う経営者の自伝を読んでみてください。

 

失敗話、ゴロゴロ出てきませんか?

 

わたしは日本経済新聞で連載されている『私の履歴書』(※)が大好きなのですが、これまで掲載された経営者のみなさまの話には、それぞれ何かしらの失敗談が登場します。

 

※「私の履歴書、読んだことないよ」という方はこちらのページをチェック!

参考日本経済新聞社 私の履歴書

過去の連載(一部)を読むことできます。

ちなみに、私はソニー社長の井深大さんが大好きです。

 

経営者の自伝を読んで、私たちが「わ〜この人はダメ社長だ」と思わないのは、その失敗を乗り越えて今があると感じるからです。

 

社長ご本人が、自伝の中で失敗が起こるまでの流れをしっかり振り返っているので、同じ失敗は繰り返さないだろうと思うからです。

 

こんなふうに、失敗から学ぶ社長は信頼される可能性を秘めているんですね。

 

失敗のままにするか、信頼に変えられるかは社長次第

さて、失敗していても信頼できると感じてもらうためには条件があります。

 

それは、

 

「2度と同じ失敗はしないだろう」

 

とお相手に感じてもらえるかどうかです。

 

 

お相手に「2度と失敗しないだろう」と感じてもらうためには、社長ご自身が失敗の振り返りをしなければいけません。

 

そして、

  • なぜその失敗をしたのか(原因)
  • どうすれば良かったか(解決方法)

を理解して、相手に2度と失敗しないことを上手くアピールできなければダメです。

 

よく見かけるのは、

 

いや〜むかしはよく失敗したよね〜あはは

 

というように、懐かしいむかし話でただただ盛り上がっている社長なのですが、

 

これではダメです。

ただの失敗した社長です。

 

また同じ失敗をするんじゃないか、と思われかねません。

 

 

良い会社だと感じてもらいたいのであれば、少しでも相手に信頼してもらえるように話しましょう。

 

昔〇〇〇〇なんてことがあって失敗したなと思ったんだけど、あれは△△△△が良くなかった。だからうちの会社では今は□□□□をして対策しているんだよ

 

このような話ができれば、

社長や会社への信頼感はぐっと高まります。

 

社長が実際に経験したことをもとにした対策なので、効果も高いだろうと感じてもらえます。

 

社長の行動と伝え方次第で、過去の失敗もまわりから信頼を集める強力なアピールポイントになるんですよ。

 

ちなみに、過去の失敗はだいたいバレてます

新しいお取引先や銀行、信用調査会社など、経営者のみなさまが「良い会社だ」と思って欲しい相手には、みなさまの過去の失敗はだいたいバレていると思ってください。

 

今はインターネットも発達していますので、ちょっと調べればだいたいの情報はつかめます。

 

うちの会社は小さな会社だから、何かあってもインターネットに情報が載るほどのものじゃないよ

 

なんて思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

お相手は様々な手段を使ってみなさまの会社の情報をつかみます。

 

インターネット、同業や関連会社への聞き込み、どこからか広まった噂ばなし。

 

情報が知れ渡るルートは、みなさまが想像している以上にたくさんあるんです。

 

“社長はむかしの失敗を一生懸命隠そうとしているけれど、お相手の会社はどこかで調べてすっかりバレバレだった”

なんてことは、信用調査会社で働いていた頃たくさん目にしました。

 

世間は意外と狭いですし、情報は意外と漏れているんですね。

 

隠すととにかく怪しく見えます。

 

むしろ、しっかり対策をした上でオープンにした方が、会社にとってプラスですよ。

 

 

むかしの失敗が知られていることを不安がる必要はありません

取引先や銀行や信用調査会社といった『みなさまの会社が良い会社かどうかを見極めたい会社』が注目するのは、

”失敗したことそのもの”

ではなく、

 

“失敗した後どうしているか”

です。

 

 

失敗から何も学ばす、また失敗しそうだなと思われれば、信用できない会社です。

 

ですが、

失敗から学び、2度と失敗しないと感じてもらえれば、信頼できる経営者・会社です。

 

 

どちらになるかは、会社の未来を決める力がある社長次第です。

 

 

このブログを読んで頂いている経営者のみなさまは、ぜひ信頼される会社になってください。

 

そして、どんどん良いお取引先を増やしていってくださいね。

 

 

本日のブログはここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

補助金申請をサポートします

詳しくはこちら
補助金サポート サービス一覧

  小規模事業者持続化補助金の申請サポートをしています <一般型><低感染症リスク型ビジネス枠> どちらも対応可能   ※その他補助金のサポ ...

続きを見る

-良い会社だと思われたい

© 2021 会社信用ドットコム