良い会社だと思われたい

事業内容をわかりやすく説明する2つのコツ その2

その1の続きです。

よろしかったら、その1もお読みになってくださいね。

 

 

事業内容をわかりやすく説明するなら、

(1)1番最初に何の会社なのかを一言で伝える

(2)売上構成比を意識して話す

この2つを意識してください。

 

本日のブログでは、2つ目の『売上構成比を意識して話す』を解説しますね。

 

売上構成比を意識して話す

事業内容をわかりやすく伝えるには、売上構成比を意識して話すと良いです。

 

ダラダラととりとめのない話をするのはやめましょう。

 

 

 

売上構成ってよくわからないです・・・

 

という方のために、3つ例を紹介します。

 

頭の中に円グラフをイメージすると良いですよ。

 

 

製品・サービスで分類する

 

うちは自動車部品のメーカーです。製品Aが売上の50%を占めていて、ほかに製品Bと製品Cもつくっています

 

のようにスッキリ伝えることができますよね?

 

 

取引先の属性で分類する

 

うちは建物工事をしてます。6割ほどが民間企業からの案件ですね。官公庁からの依頼も3割ほどあります。ほかに個人向けも少しやっているんですよ

 

取引先の属性で分けて説明するとぐっとわかりやすくなりますよ。

 

 

扱っている方法で分類する

 

わたしの会社は木材の卸売をメインでやっています。売上の7割が卸ですね。自社製品として家具もつくっていて、これが売上の2割くらい。ほかに木材加工も頼まれてやっています

 

卸・小売・加工という扱い品の”扱い方”を強調すると、わかりやすい説明になります。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

売上構成のイメージが頭の中にあると、事業内容をスッキリわかりやすく説明できますよね。

 

 

この機会にぜひ一度、

”ご自身の会社の売上が何で成り立っているのか”

を考えてみてください。

 

わかりやすく事業内容を説明して、会社の信用を高めていきましょう!

 

 

本日のブログはここまでです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

本日の記事が、1人でも多くの経営者の方のお役に立てれば嬉しいです。

 

お問い合わせやご依頼はこちらからお願いします。
ご質問やリクエストも大歓迎です。
 「こんなことが知りたい」
 「こんなテーマでブログを書いて欲しい」
 「取引でこんなことがあったんだけど、
  何がいけなかったのか教えて欲しい」

など、お気軽にご連絡ください。

-良い会社だと思われたい
-

© 2021 会社信用ドットコム