補助金一発採択の必勝法

補助金向きな設備投資はコレ!採択されやすい設備投資の特徴とオススメ補助金3選

2023年10月12日

補助金向きな設備投資はコレ!対象になりやすい設備投資の特徴とオススメ補助金3選|会社信用ドットコム
どんな設備投資が補助金に向いてる?ウチの設備投資は対象?

そんな疑問にお答えします。

まず大切なことをお伝えしておきますね。

すべての設備投資が補助金の対象になるわけではありません。

どの補助金が最適かを考える前に、

そもそもあなたが考えてる設備投資は、補助金の対象としてふさわしいかどうか

を知っておくことが大切です。

本記事では、補助金で採択されやすい設備投資の特徴を解説しています。

どのような設備投資が補助金向きなのかを“ざっくりと”でも理解していれば、専門家にも相談しやすくなりますよ。

補助金向きの設備投資ではないのに、最適な補助金を探して時間を無駄にすることもなくなります。

設備投資で補助金を攻略する方法や、設備投資でオススメの補助金もご紹介しています。

ぜひ最後までお読みくださいね。
 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用ドットコム代表

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、審査の突破で売上・資金を勝ち取るサービスを展開中。中小企業の救世主として期待されている。

*経済産業省認定 経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411

詳しいプロフィールはこちら

設備投資とは?

設備投資とは、企業が事業を継続・発展させていくために必要な設備を導入することです。

設備というのは、建物や機械装置、工具・器具・備品などですね。

ソフトウェアや情報システムの構築、特許権や商標権などの形のないもの(無形固定資産といいます)も設備です。

どのような設備投資が対象になるかは、それぞれの補助金で異なりますので、要確認ですよ。

 

設備投資で補助金を攻略する3ステップ

設備投資で補助金を攻略する3ステップ

まず、設備投資で補助金を攻略するために知っておきたい3つのことをお伝えします。

採択をつかむなら、まず補助金を支給する側の考えを知っておきましょう。
 

国や地方自治体の「思わく」を理解する

補助金は主に国や地方自治体が支給するもので、その原資は税金です。

国民から集めた大切な税金を使って行われるものですから、国や地方自治体としては、支給した会社にぜひとも頑張ってもらわなければ困りますね。

ですので、補助金には厳しい審査があります。

そして、設備投資で”良い効果”が出ることが期待できるであろう会社に補助金が支給されるのです。

どんな設備投資でもOKというわけではないんですね。
佐藤絵梨子

 

設備投資の「効果」を意識する

すでにお伝えしたとおり、補助金を支給する国や地方自治体は、設備投資で”良い効果”を発揮するであろう会社に補助金を支給したいと思っています。

つまり、補助金を貰えるかどうかは「設備投資でどんな良い効果があるのか」にかかっているということですね。
 

ただ新しい機械がほしい(効果?特に考えてませんよ!)

機械を更新・取り替えたい(効果なんて知らないよ〜)


 

このような設備投資は補助金の対象になりません。補助金の専門家からも、支援を断られてしまうでしょう。

”良い効果”が期待できる設備投資であること。

さらには、「設備投資でこんな良い効果が出ます」と説明できることも大切です。

 

自社に最適な補助金を選び取る

補助金にはさまざまな種類があります。

例えば、新規事業に進出するための設備投資を支援する補助金や、販路開拓のための設備投資を支援する補助金などがありますね。

どんな経費が対象になるかも補助金によって異なります。
 

目的は販路開拓なんだけど、新規事業進出を支援する補助金に申請したい!だってそっちの方が貰える金額が多そうだし。


 

というように、計画内容と補助金の支援目的にズレがある場合は、採択が難しくなります。

自社の計画内容に合う補助金を選ぶことが大切です。
 


設備投資で補助金を攻略する3ステップをまとめます。

設備投資で補助金を攻略する3ステップ

  1. 国や地方自治体の「思わく」を理解する
  2. 設備投資の「効果」を意識する
  3. 自社に最適な補助金を選び取る

 

ただの設備投資ではダメなのですね!補助金選びも気をつけます。

 

補助金で採択されやすい設備投資の7つの特徴

補助金で採択されやすい設備投資の7つの特徴

設備投資で補助金を攻略する3ステップがわかったところで、採択されやすい設備投資の特徴を7つご紹介します。

「どのような設備投資なら補助金の対象としてふさわしいか」を知りたい方は必読です。
 

新製品・新サービスを開発する

補助金で採択されやすい設備投資の特徴の1つ目は、新製品・新サービスを開発するための設備投資です。

自社にとって新しい製品・サービスを生み出したり、業界内でも珍しいものを開発するための設備投資は補助金向きですね。

試作品をつくる試みも補助金の対象になる可能性があります。

業界内で勝ち抜く工夫や、顧客ニーズに応える工夫も考えていれば、採択可能性は高まります。

新製品・新サービスを開発するための設備投資を行うなら、最適な補助金を探してみましょう。

 

新しい事業に進出する

補助金で採択されやすい設備投資の特徴の2つ目は、新規事業に進出するための設備投資です。

今まで行ったことがない新規事業に進出する試みであれば、補助金の対象になりやすいですね。

新しい顧客の獲得や、売り方・業界内で勝ち抜く戦略も考えていれば、採択を狙えるでしょう。

人気の高い事業再構築補助金も新規事業への進出を支援する補助金です。貴社が対象になるか調べてみると良いでしょう。

 

生産プロセスや生産能力が改善する

補助金で採択されやすい設備投資の特徴の3つ目は、生産プロセスや生産能力が改善する設備投資です。

新しい設備・技術・システムを導入して生産工程を改善する設備投資は、補助金の対象になりやすいです。

収益力がアップしたり、新しい顧客を獲得するアプローチも考えていれば、採択も視野に入ってきますね。

ものづくり補助金で採択されやすい取り組みです。貴社が対象になるか調べてみましょう。

 

先端技術を活用する

補助金で採択されやすい設備投資の特徴の4つ目は、先端技術を活用する設備投資です。

AI、IoT、XR・AR・VR・MR、ドローン、ビックデータのような先端技術を活用する設備投資も補助金の対象になりやすいです。

先端技術を活用することで、生産工程の遠隔操作や可視化、省力化などの優れた効果が期待できれば、採択可能性も高まるでしょう。

 

地域社会に大きく貢献する

補助金で採択されやすい設備投資の特徴の5つ目は、地域社会に大きく貢献する設備投資です。

地域の課題解決や活性化に貢献する設備投資も補助金で採択されやすい傾向があります。

地域資源の活用、地域への人の呼び込み、地域の雇用創出など、さまざまな地域貢献が考えられますね。

地方自治体が「我が県に貢献する設備投資を支援します!」のように補助金を募集しているケースもあります。

「補助金 北海道(地域)」のようなキーワードで探してみましょう。

※申請期間が短かいことや事前告知がないことも多いです。こまめに情報をチェックしましょう。

 

国が推進する政策に挑戦する

補助金で採択されやすい設備投資の特徴の6つ目は、国が推進する政策に挑戦するための設備投資です。

例えば、最近だと「炭素生産性向上」や「温室効果ガス排出削減」などに取り組むための設備投資が補助金の対象になっています。

経済産業省などの政策を見ておくと良いですね。

国も推進する施策絡みの投資には補助金を出したいと思っています。最適な補助金がないか探してみましょう。

▶︎経済産業省 政策一覧(参考)

 

国際市場で勝負する

補助金で採択されやすい設備投資の特徴の7つ目は、国際市場で勝負するための設備投資です。

中小企業のグローバル化支援として、国際市場で勝負するための設備投資も補助金の対象になりやすいです。

例えば、人気の高いものづくり補助金にも「グローバル市場開拓枠」という申請枠がありますね。

海外展開を視野に入れているなら、良い補助金がないか探してみると良いでしょう。

審査の難易度は高めです。十分に計画を練って挑戦しましょう。
 


補助金で採択されやすい設備投資の7つの特徴をまとめます。

採択されやすい設備投資の7つの特徴

  1. 新しい製品・サービスを開発する
  2. 新しい事業に進出する
  3. 生産プロセスや生産能力が改善する
  4. 先端技術を活用する
  5. 地域社会に大きく貢献する
  6. 国が推進する政策に挑戦する
  7. 国際市場で勝負する

 

設備投資でオススメの補助金3選

設備投資でオススメの補助金3選

設備投資のオススメ補助金3選をご紹介します。

どれも補助金を支給する目的対象経費審査の難易度が異なります。

補助金の内容がサクッとつかめるように、私からの一言アドバイスも入れておきました。

「この補助金が使えそうかな」というものがあれば、公式サイトで詳細を確認しましょう。

 

事業再構築補助金

事業再構築補助金はポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために、新規事業に進出して事業を再構築する事業者を支援する補助金です。

金額の大きな設備投資を考えている方は、まず申請候補に入れたい補助金です。建物費(改修や修繕、撤去等)が対象になるのは大きな特徴です。

審査の難易度は高めです。申請するには、経済産業省が認定する経営革新等支援機関(※事業計画書策定を支援する中小企業支援者です)に相談をして、共に事業計画を考える必要があります。

対象経費建物費、機械装置・システム構築費、技術導入費、専門 家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、外注費、知的財産権等関連経費、 広告宣伝・販売促進費、研修費
申請準備に必要な時間2ヶ月〜
審査の難易度
佐藤からアドバイス数千万円の設備投資に最適です。建物関係の投資も対象になります。経営革新等支援機関への相談は必須。事業計画書の作成や提出書類の準備、電子申請など手続きには時間がかかります。手間はかかりますが、貰える金額は大きいです。採択時や入金時の喜びは格別ですよ。
公式サイトのURLhttps://jigyou-saikouchiku.go.jp

申請枠は7つあり、自社に最適な「枠」を見極めて申請します。

事業再構築補助金の申請枠・補助金額・補助率

出典:事業再構築補助金の第11回公募要領をもとに会社信用ドットコムにて作成

 

ものづくり補助金

ものづくり補助金は、中小企業等が行う革新的な製品・サービスの開発、生産プロセス等の省力化に必要な設備投資等を支援する補助金です。

ものづくり補助金は2024年から大幅に内容が変わっています。

申請枠・補助上限額・補助率は以下を確認してください。

ものづくり補助金の要件・補助額・補助率・補助対象経費

画像をクリックすると拡大されます

 
対象経費や難易度、申請のアドバイスを下記にまとめました。

申請枠省力化(オーダーメイド)枠、製品・サービス高付加価値化枠(通常類型・成長分野進出類型(DXGX))、グローバル枠
対象経費機械装置・システム費構築費(必須)、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用料、原材料費、外注費、知的財産権関連経費、(海外旅費、通訳・翻訳料、広告宣伝・販売促進費)※( )はグローバル市場開拓枠のみ
申請準備に必要な時間2ヶ月〜
審査の難易度
佐藤からアドバイス製造業ならまず申請候補に入れておきたい補助金です。1,000万円前後の設備投資向きで、機械装置をドン!と導入するケースにも向いています。新しいサービスの創出時にも活用できます。競争率が高く、審査も厳しいので、準備には十分な時間が必要です。
公式サイトのURLhttps://portal.monodukuri-hojo.jp

 

最新の募集回(17次・18次公募)のスケジュールや申請のポイントは以下の記事で解説しています。

詳しくはこちら
ものづくり補助金17次・18次公募のスケジュール・申請枠・対象経費は?|採択可能性を高めるコツを解説|会社信用ドットコム
ものづくり補助金17次・18次公募は狙い目!スケジュール・申請枠・対象経費と採択のコツを解説

ものづくり補助金の17次・18次公募のスケジュール、申請枠、対象経費を解説。3つの強力なプログラムによる審査突破サポートも受付中。お電話・メールで初回無料相談。

続きを見る

▶︎ものづくり補助金17次公募のスケジュール・申請枠・対象経費は?|採択可能性を高める申請準備のコツを解説

 

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、新たな販路開拓・顧客開拓の取り組みを支援する補助金です。

新商品のリリース既存商品の改良売り方を工夫して販路を開拓する設備投資は対象になる可能性があります。

私自身(会社信用ドットコム)もこの補助金の採択者です。▶︎詳しくはコチラ

申請枠通常枠・賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠
対象経費機械装置等費、広報費、ウェブサイト関連費、展示会等出展費(オンラインによる展示会・商談会 等を含む)、旅費、新商品開発費、資料購入費、雑役務費、借料、設備処分費、委託・外注費
申請準備に必要な時間1ヶ月〜1.5ヶ月
審査の難易度
佐藤からアドバイス50万円から2〜300万円ほどの設備投資向けですね。初めての補助金申請にも最適です。広告宣伝費の使い勝手が良いです。申請準備は上記2補助金ほど大変ではありませんが、人気が高く、競争率も高いので、申請には万全の体制でのぞみましょう。
公式サイトのURL【商工会議所】管轄の方はこちら→https://s23.jizokukahojokin.info
【商工会】管轄の方はこちら→https://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/

 

最新の公募回(第15回:令和6年3月14日締切)のスケジュールや申請ポイントは以下の記事で解説しています。

詳しくはこちら
第15回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経費・難易度は?採択可能性を高めるコツを解説|会社信用ドットコム
第15回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経費・難易度は?採択可能性を高めるコツを解説

第15回小規模事業者持続化補助金の公募スケジュール、申請枠、対象経費を解説。採択可能性を高める申請準備、不採択リベンジのコツを解説。初回無料相談も受付中。

続きを見る

▶︎第15回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経費・難易度は?採択可能性を高めるコツを解説

 

採択の鍵は戦略的な申請準備

申請準備を極めて補助金審査を突破する

自社に最適な補助金を選んだら、申請準備を始めましょう。

必要書類は膨大です。設備投資計画の詳細も考えなければなりません。スケジュールに余裕を持って準備を進めましょう。

補助金の審査を突破するには、自社にとって最高の設備投資計画を考え、計画の良さを正しく伝える事業計画書を作成することが必要です。

審査員が”あなたの計画のどこを見るのか”という審査ポイントも見極めなければなりません。

悩んだら、専門家の手を借りたほうがいいです。審査突破の最適解を提示してくれます。

身近にいない場合はご相談ください。お力になります。

▶︎補助金の審査突破サポート

補助金の審査を突破するための記事も配信しています。必要でしたらお読みください。

大規模成長投資補助金の採択は難しい?申請のハードルと正しい採択攻略法|会社信用ドットコム

大規模成長投資補助金 補助金一発採択の必勝法

大規模成長投資補助金の採択は難しい?申請のハードルと正...

第15回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経費・難易度は?採択可能性を高めるコツを解説|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 小規模事業者持続化補助金

第15回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経...

事業承継・引継ぎ補助金の採択対策|9次公募のスケジュールや採択率・申請準備のポイントを解説|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ補助金の採択対策|9次公募のスケジュー...

ものづくり補助金17次・18次公募のスケジュール・申請枠・対象経費は?|採択可能性を高めるコツを解説|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金17次・18次公募は狙い目!スケジュー...

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴|採択可能性を見極める3つの方法|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴|採択可...

第14回小規模事業者持続化補助金の採択結果|第15回公募スケジュール・採択の必勝法を解説|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 小規模事業者持続化補助金

第14回小規模事業者持続化補助金の採択結果|第15回公...

ものづくり補助金の採択は難しい?審査突破のプロが教える完璧な申請準備のコツ7選|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金の採択は難しい?審査突破のプロが教える...

ベストな補助金申請代行の見極め方|迷ったらこう選ぶ!失敗しない選び方の6ステップ|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法

ベストな補助金申請代行の見極め方|迷ったらこう選ぶ!失...

補助金が不採択でツライ!を乗り越える方法|再申請に前向きに取り組む5つのコツ|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法

補助金が不採択でツライ!を乗り越える方法|繰り返し不採...

補助金の不採択地獄を脱け出す方法|審査突破のプロが教える!不採択リベンジの秘策9選|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法

補助金の不採択地獄を脱け出す方法|審査突破のプロが教え...


 

補助金は事業成長の可能性を引き出し、成し遂げたい事業の実現を後押してくれます。

貴社が補助金で採択され、事業をますます発展させていかれることを心より応援しています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

補助金の審査を突破する3つのプログラム

会社信用ドットコムでは、以下のお困りごとを解決へ導きます。

  • 資金繰りを円滑にするために補助金を取りたい
  • 補助金の事業計画書の作成が難しく、次に進めずにいる
  • 業績や財務が悪くても、今後は経営を改善して補助金を取りたい
  • 不採択の原因がわからず、再申請で採択される効果的な改善策がわからない


 

200件以上のご相談を解決した信頼のプログラムで補助金獲得をサポートします。

大変嬉しいこととに、数多くの経営者様からお喜びの声をいただいております。許可をいただきましたので、一部ご紹介いたします。

弊社事業計画の本質的なことを理解をしていただけるコンサルタント会社がなく、審査も2回落ち、時間ばかり経過してしまい、どうしたら良いか悩んでいました。

弊社事業計画について非常に深いところまで理解をしていただき、また弊社事業の可能性についても大変期待してくださったため、ご依頼しました。

1回目で採択されたことに大変感謝するとともに、このような申請について他社と比較して随分と差があることを感じ、もっと早く知っていればよかったと思う程です。

これまで31年事業をしてきた中で、私は様々な申請業務を自分でやってきました。理由は、専門家様にご相談をしても、どうもキャパオーバー的で無責任、仕事が雑なわりに、お金は高い、というイメージがあるからです。

会社信用ドットコム様は、違いました。相手の利を先によく考えた、提案力、スピード、解決力、どれもプロだと思いました。

<情報通信業 東京都 G社社長様>

この度は大変お世話になりました。 ご相談の段階から丁寧にご対応いただいたことで、ハードルの高さを感じていた申請について前向きに取り組んでいくことができました。

自力ではどう頑張ってもこれほどのものは作成できませんでしたし、改めて自身の事業や今後の計画・課題を可視化できたことも大きな収穫の1つです。

初歩的な質問にも親身になって答えてくださり、最後まで何度も助けていただきました。 またどうぞよろしくお願いいたします。

<飲食料品小売業 S社長様>

サービスのクオリティーにもホスピタリティーにも非常に満足しています。一事業者である自分だけではここまではとてもやりきれなかったと思います。 お願いして本当によかったです。

申請のための書類を作成したあとにもまだハードルの高い部分があったのですが、知らないままだったら書類不備となってしまうような、重要だけれど気づきにくいポイントもあらかじめ説明してくださっていたので助かりました。

このたびは心強く真摯なサポートを本当にありがとうございました。 

<教育・学習支援業 M社長様>

ご感想をいただき、ありがとうございます。

他にもたくさんのお喜びの声を頂戴しておりますので、下記からご確認ください。

▶︎解決事例・お客様の声

サポートがお役に立つか確認いただくために、無料の初回相談会も開催しています。

対面だけでなく、Zoomのオンライン面談もご用意していますので、全国対応が可能です。

お申込み方法や日程は下記をご覧ください。

お困りの経営者様は、まずはお気軽に無料でご相談ください。

サポートの詳しい内容は下記のページでご紹介しています。

詳しくはこちら
事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金の審査突破サポート
補助金の審査突破サポート

補助金の審査突破を3つの強力なプログラムでサポート。申請準備から入金まで併走。ものづくり補助金、事業再構築補助金、大規模投資成長補助金、小規模事業者持続化補助金、事業承継・引継ぎ補助金に対応。認定支援機関。全国対応。初回無料相談受付中。

続きを見る

▶︎補助金の審査突破サポート

 

審査に通る会社になるメルマガ

銀行融資や補助金・大手企業の取引審査の攻略法が手に取るようにわかるメルマガです。

企業信用調査の実態や、融資・補助金の審査現場の生きた情報満載です!

興味をお持ちいただけた方はぜひご購読ください。解約はいつでも可能です。

QRコードからもご登録いただけます。

審査に通る会社になるメルマガ登録フォーム|会社信用ドットコム

▶︎メルマガの登録はこちら

会社信用ドットコムのメルマガ登録フォームQRコード