補助金一発採択の必勝法 小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金でトイレ改装!和式から洋式は対象?採択される事業計画書の書き方の秘密

2023年10月28日

小規模事業者持続化補助金でトイレ改装!不採択も多い?採択される事業計画書の書き方の秘密【記入例配布】|会社信用ドットコム
トイレ改装は持続化補助金の対象?採択のコツは?

このような疑問にお答えします。

小規模事業者持続化補助金の申請サポートをさせていただいていると、トイレ改装についての質問を沢山頂戴します。

そこで本日は以下の疑問やお悩みを解消する記事を書きました。

この記事で解消されるお悩みや疑問

  • 採択されるトイレ改装とは?
  • 不採択になるトイレ改装の特徴
  • 採択確実な事業計画書の書き方

小規模事業者持続化補助金のトイレ改装のすべてが詰まった記事です。

読み逃さないようにご注意くださいね。

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用ドットコム代表

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、審査の突破で売上・資金を勝ち取るサービスを展開中。中小企業の救世主として期待されている。

*経済産業省認定 経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411

詳しいプロフィールはこちら

トイレ改装で小規模事業者持続化補助金に採択されるか?

トイレ改装で小規模事業者持続化補助金に採択されるか?

トイレ改装で小規模事業者持続化補助金に採択されることは可能です。

小規模事業者持続化補助金の公募要領の「委託・外注費」にも、トイレ改装は経費対象として記載されています。

 
私もこれまで数々のトイレ改装計画の申請をお手伝いし、採択されてきたので間違いありません。

でも不採択でした。なぜ?

実は、不採択になったとお悩みの方も多いのです。

最後までお読みいただくと不採択理由がわかりますよ
佐藤絵梨子

 

和式→洋式のトイレ改装で補助金は取れるか?

実は、経営者様からたくさん頂戴するこのご質問。

結論から申し上げると、

小規模事業者補助金でトイレを和式から洋式にすることは可能です。

ただし、すべての和式→洋式のトイレ改装が採択されるわけではありません。

和式→洋式にする理由、事業計画書の書き方によっては、審査落ちすることも少なくはないのです。

どんな和式→洋式のトイレ改装なら補助金を取れるの?
次のパート以降で順に解説しますね。
佐藤絵梨子

 

【最重要】小規模事業者持続化補助金の対象になるトイレ改装とは?

【最重要】小規模事業者持続化補助金の対象になるトイレ改装とは?

ところで、あなたはなぜトイレを改装したいのでしょうか?

  • 古いから新しくしたい
  • 狭いから広くしたい
  • 和式は使いづらいから様式にしたい
  • 最新鋭のトイレをぜひウチでも!

さまざまな理由があることでしょう。

でも、ただトイレを改装したいだけでは補助金の対象外なのです。

大切な視点が抜けています。

小規模事業者持続化補助金の対象になるトイレ改装は、新しい販路やお客様を開拓するためのトイレ改装です。

古いから新しいトイレにする。そうすれば、お客様が快適に使えて、店舗滞在時間も伸びて、リピート来店も増えるだろう。だから絶対にトイレ改装が必要!

これくらい戦略的にお客様獲得を狙うトイレ改装こそが、小規模事業者持続化補助金の対象になるトイレ改装です。

いかがでしょうか?貴社のトイレ改装計画は”戦略的”ですか?

次のパートからは、どのようなトイレ改装が不採択になりやすいのかをより詳しく解説します。

 

こんなトイレ改装は採択されない

【要確認】こんなトイレ改装は採択されない

では、どんなトイレ改装が不採択になりやすいのか見てみましょう。

小規模事業者持続化補助金で採択されないトイレ改装は、以下のようなものです。
 

採択されないトイレ改装の特徴

  1. トイレ改装が新しい販路・お客様の開拓に結びついていない
  2. トイレ改装に顧客開拓のための工夫が感じられない
  3. トイレ改装の内容・効果が審査員に正しく伝わる事業計画書を作成できていない

 

1つずつ補足します。

 

ケース①:トイレ改装が新しい販路・お客様の開拓に結びついていない

小規模事業者持続化補助金で採択されないトイレ改装の1つ目は、トイレ改装が新しい販路・お客様の開拓に結びついていないものです。

ただのトイレ改装は補助金の対象ではありません

1つ前のパートでもお伝えしましたが、大事なことなのでもう1度お伝えしておきます。

事業計画書の書き方は後ほど解説しますね
佐藤絵梨子

 

ケース②:トイレ改装に顧客開拓のための工夫が感じられない

小規模事業者持続化補助金で採択されないトイレ改装の2つ目は、トイレ改装に顧客開拓のための工夫が感じられないものです。

強みを活かしたり、独自の工夫が必要です。

「工事業者が勧めるトイレをただ採用しただけ」「古いから新しくしたい(ただの更新)」のような計画は採択されにくいですね。

トイレ改装にも戦略が必要ということです。

 

ケース③:トイレ改装の内容・効果が審査員に正しく伝わる事業計画書を作成できていない

小規模事業者持続化補助金で採択されないトイレ改装の3つ目は、トイレ改装の内容・効果が審査員に正しく伝わる事業計画書を作成できていないケースです。

実は、このケースはとても多いです。

本当は素晴らしい計画でも、伝え方が悪ければ採択を逃してしまうのですね。

審査員に計画の良さを正しく伝える書き方を極める必要があります。

書き方を極めるとは!?
次のパートでご紹介しますね
佐藤絵梨子

 

トイレ改装で小規模事業者持続化補助金に採択される事業計画書の秘密

トイレ改装で小規模事業者持続化補助金に採択されるコツ

それでは、トイレ改装で小規模事業者持続化補助金に採択される事業計画書の秘密をお伝えしましょう。

採択される事業計画書は以下の審査員の疑問をバッチリ解消する書き方ができているのです。
 

採択される事業計画書ではこんな疑問に対する回答がある!

  1. なぜトイレを改装すると販路開拓になるのか?
  2. トイレ改装でどのような顧客層を獲得できるのか?
  3. 効果を最大化するためにトイレ改装でどんな工夫をしているか?
  4. トイレ改装は会社の成長・発展に効果のある取り組みか?

ふつうは「トイレ改装→販路開拓」と素直に思ってもらえません。

トイレを改装した結果、どのような効果が出て、どのような販路・顧客を獲得できるのかの説明をしてはじめて、販路開拓のためのトイレ改装だと伝わります。

そんなすごい事業計画書はどう書くのですか?

次のパートで徹底解説しますね。

 

トイレ改装で採択される小規模事業者持続化補助金の「経営計画書兼補助事業計画書(様式2)」の書き方

トイレ改装で採択される小規模事業者持続化補助金の「経営計画書兼補助事業計画書(様式2)」の書き方

トイレ改装の採択ポイントを押さえた「採択される事業計画書の書き方」をご紹介します。

ご紹介する書き方は以下の5つ。
 

トイレ改装で採択される事業計画書の書き方

  1. 現在のトイレの課題・問題点を書く
  2. トイレ改装で獲得する顧客像を書く
  3. トイレ改装の具体的な内容を書く
  4. トイレ改装で工夫した点を書く
  5. トイレ改装の効果を具体的に書く

 

1つずつ解説します。

 

現在のトイレの課題・問題点を書く

トイレ改装で採択される書き方の1つ目は、現在のトイレの課題・問題点を書くことです。

「なぜ現在のトイレではダメなのか」を説明しましょう。

例えば、下記のような具体的な説明が必要です。

現在のトイレは和式でスペースも狭く、高齢なお客様は使うのが大変という理由で買い物を切り上げてしまう方が多く、店舗滞在時間が短くなる原因になっている。

新しい販路・新しい顧客を獲得するためのトイレ改装ですから、「現在のトイレでは狙った顧客が獲得できない→だから改装が必要」とわかるように書くことがポイントです。

 

トイレ改装で獲得する顧客像を書く

トイレ改装で採択される書き方の2つ目は、トイレ改装でどのような顧客を獲得するか書くことです。

トイレ改装で、どのような新しい顧客を獲得するのかを具体的に説明しましょう。

「高齢者」「女性」と一言で表現するだけでは足りません。

以下のような具体像も含めて書きましょう。

  • 性別
  • 年齢層
  • 職業
  • 家族構成
  • 顧客が存在するエリア
  • 抱えている悩みや課題
  • 製品、サービスに対するニーズ

具体的に説明できないと、審査員に「ちゃんと考えていない」と思われます。要注意です。

 

トイレ改装の具体的な内容を書く

トイレ改装で採択される書き方の3つ目は、トイレ改装の具体的な内容を書くことです。

  • 改装後のトイレの特徴
  • 改装前と改装後のトイレの違い
  • 改装工事の内容

などを具体的に記載しておきましょう。

例えば、以下のような内容ですね。

記載例

  • トイレを和式から洋式に変更する
  • 親が子供と一緒に入れる広い空間を確保する
  • 小さなお子様や高齢の方が使いやすいバリアフリー仕様を採用(段差解消/手すりの設置/滑りにくい床材の採用/自動洗浄の追加 など)
  • 2ヶ月かけてトイレ改装工事を実施

改装前のトイレと改装後のトイレの画像を貼っておくのもよいです。パッと見てすぐに違いを伝えることができますね。

 

トイレ改装で工夫した点を書く

トイレ改装で採択される書き方の4つ目は、トイレ改装で工夫した点を書くことです。

小規模事業者持続化補助金では「小規模事業者ならではの創意工夫をしているかどうか」が審査されます。

「特にないです」は絶対NGですよ。

審査員に「ここが工夫点だな」とはっきり伝わるように、工夫した点は強調しておきましょう。

ポイントは「どのような効果を狙って、どのような工夫をしたのか」というニュアンスで書くことです。

例えば、

  • 単純に顧客数を増やすだけでなく、ターゲットである高齢者の快適さを追求して●●●●●●を取り入れた
  • リピート来客や滞在時間の改善を考慮して、■■■■■■を行った

というような伝え方をすると、工夫した点をうまく強調できますよ。

【工夫した点】という見出しを入れて、内容を記載しておくとわかりやすいですね。

 

トイレ改装の効果を具体的に書く

トイレ改装で採択される書き方の5つ目は、トイレ改装の効果を具体的に書くことです。

経営計画書兼補助事業計画書(様式2)の「補助事業の効果」(1番最後のパート)に、トイレ改装でどのような効果が出るのか具体的に記載しておきましょう。

  • トイレ改装でどのような新しい販路・新規顧客を獲得ができるのか
  • トイレ改装が売上げ、取引などにどのような効果を発揮するのか
  • トイレ改装を行うことがその効果に結びつく理由

を審査員が理解できるように具体的に説明しましょう。

本気の計画だと伝えるコツは、目標の客単価、顧客の獲得目標、業績目標などの「数値計画」も伝えることです。

現在の数値と、計画実施後の数値の比較表も入れるとよいですね。

自社の計画に合わせて工夫しましょう。

 

補助金審査は「情報の見せ方」で突破する

補助金審査は「情報の見せ方」で突破する

どんなに計画が良いものでも、情報の伝え方が悪ければ、計画の良さは正しく理解してもらえません。

補助金の審査員が知りたいポイントを考え、しっかり理解してもらえるように書くことを意識してくださいね。

そして、自他ともに認める最高の計画書を完成させましょう!

上手く作成できない方は専門家に相談するといいですよ。問題を解決する最適解を示してくれます。

身近にいない場合はご相談ください。全力でお力になります。

貴社が補助金に採択され、ますます事業を成長させていくことを心より応援しています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小規模事業者持続化補助金で採択された申請書を無料公開しています

わたし(会社信用ドットコム)が小規模事業者持続化補助金で採択された申請書を無料公開しています。

現在とは申請形式やフォーマットが異なりますが、書くべき内容や表現のイメージの参考になると思います。

集客とブランドを強化するためにホームページ改良、リーフレット作成を行う計画で申請をしたものです。

必要とされる方は『【無料公開】小規模事業者持続化補助金で採択された申請書を公開します』をお読みくださいね。

詳しくはこちら
【有料公開】小規模事業者持続化補助金のトイレ改装で採択された事業計画書を公開します
【無料公開】小規模事業者持続化補助金で採択された申請書を公開します

小規模事業者持続化補助金(一般型)で採択された申請書を無料公開しています。申請書の書き方の参考にしてください。

続きを見る

 

小規模事業者持続化補助金の審査を突破するプログラム

  • 設備投資や新規事業のための資金を必要としている
  • 補助金を取って資金繰りに余裕を持たせたい
  • 補助金の事業計画書作成が難しく、次に進めずにいる
  • 補助金獲得を業績や資金繰り改善の突破口にしたい
  • 不採択の原因や効果的な改善策がわからない

このような課題やお悩みの解決には、会社信用ドットコムのサポートがお役に立ちます。

200件以上のお悩みを解決した信頼のプログラムで、補助金の審査突破を強力に後押しします。

サポートがお役に立つかご確認いただくために無料の初回相談も行っています。

▶︎初回無料相談の募集中の日程を確認する
(※カレンダーから日程を選べます)

オンライン面談・全国対応も可能です。まずは無料でご相談ください。

経営者様からいただいたお喜びの声は、こちらから確認いただけます▶︎解決事例・お客様の声

▶︎サポート内容やご料金は小規模事業者持続化補助金の審査突破サポートをご覧ください。

詳しくはこちら
小規模事業者持続化補助金の審査突破サポート|会社信用ドットコム
小規模事業者持続化補助金の審査突破サポート

小規模事業者持続化補助金の審査突破を3つの強力なプログラムでサポート。申請準備から入金まで対応。全国対応・初回無料相談を受付中。

続きを見る

 

審査に通る会社になるメルマガ

審査に通る会社になるメルマガ登録フォーム|会社信用ドットコム

銀行融資・補助金・大手取引の審査攻略法が手に取るようにわかるメルマガを配信中です。

登録はメールアドレス・お名前・都道府県のみ。いつでも解約可能です。

毎日登録者数が増えている人気のメルマガです。下記のリンクからご登録ください。

▶︎メルマガの登録はこちら

QRコードからもご登録いただけます。

会社信用ドットコムのメルマガ登録フォームQRコード