補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴|採択可能性を見極める方法3選

2023年12月6日

ものづくり補助金で採択される設備投資の特徴|うちは採択される?採択可能性の見極め法3選
うちの設備投資はものづくり補助金で採択される?

このような疑問にお答えします。

ものづくり補助金は、機械設備やシステム等の設備投資を支援してくれる補助金です。

人気のある補助金ですが、審査があり、誰でも採択される訳ではありません。

どんな設備投資が採択されやすいか知りたい

採択可能性があるなら補助金申請を検討する

そのような方もいらっしゃることでしょう。

そこで、本記事では、ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴をお伝えします。

採択可能性を見極める方法も解説しました。

ぜひ最後までお読みください。

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用ドットコム代表

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、審査の突破で売上・資金を勝ち取るサービスを展開中。

*経済産業省が認定する経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411

詳しいプロフィールはこちら

ものづくり補助金の対象にならない設備投資

ものづくり補助金の対象にならない設備投資

そもそも、ものづくり補助金の対象ではない設備投資では採択されません。

知らずに申請をして不採択になっているケースも見られます。要確認です。

 

ただの設備投資

ものづくり補助金は、革新的な製品・サービス開発、または、生産プロセス等の省力化のための設備投資を支援してくれる補助金です。

下記のような設備投資は対象ではありません。

  • ただの設備更新・入れ替え
  • 大した効果が見込めない設備投資
  • 戦略も工夫もない設備投資

「古い設備の更新でどうにかものづくり補助金を取りたい!!」

このようなご相談も多いのですが、残念ながら、ただの入れ替えでは対象になりません。

この後のパートもご覧いただいて、もう少し設備投資の戦略を練ることをおすすめします。

 

内容がイマイチな設備投資

ものづくり補助金には審査があります。

人気の高い補助金ですから、たくさんの企業が応募をします。

採択されるのは、優れた計画だけです。

「もっと色々工夫できるはず」

「まだまだ改良が必要」

「本当に実現できるのだろうか」

「他社の計画の方が良いな」

このように審査員に思われてしまう設備投資は、採択される可能性は低いでしょう。

補助金に挑戦するのであれば、「より成果を出すにはどうすれば良いか」「もっと工夫はできないか」といった設備投資の効果にも意識を向けることが必要です。

良い設備投資計画を考えることで、貴社にもメリットがあるはずです。

(※競合に勝てる、商品・サービスの価値が高まる、多くのお客様を獲得できるなど)

よくお考えになってくださいね。

 

対象外事業のための設備投資

公募要領には「補助対象外になる事業」が記載されています。

例えば、以下のようなものです。

  • 事業の主たる課題の解決そのものを他者へ外注又は委託する事業
  • 試作品等の製造開発の主たる部分を他者に委託し、企画だけを行う事業
  • 実質的に労働を伴わない事業
  • 専ら資産運用的性格の強い事業

このような事業を行うための設備投資は対象にならないので、注意が必要です。

公募要領は必ず確認しましょう。
佐藤絵梨子

 

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資

さて、本記事の本題です。

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資はどのようなものか。その特徴をお伝えします。

 

成長感満載の設備投資

事業の成長が期待できる設備投資は、ものづくり補助金で採択されやすいです。

そもそも、ものづくり補助金では設備投資で付加価値額が増加することが求められます。

事業が大きく成長するような設備投資をお考えなのであれば、補助金の申請を検討してみると良いでしょう。

 

強みあふれる設備投資

自社の強みを活かした設備投資は、ものづくり補助金で採択されやすいです。

強みを活かして経営課題を解決したり、ライバルに差をつけたり、お客様に選ばれる設備投資をお考えなのであれば、補助金採択の可能性は高まります。

 

地域に貢献する設備投資

地域に貢献している設備投資も、ものづくり補助金で採択されやすいです。

国は地域活性化を重要政策にしていますから、そのために頑張ってくれる企業はぜひとも採択させたいという思惑があります。

以下のような地域貢献のための設備投資は、補助金審査で強力な武器になりますよ。

  • 地元産の材料やサービスを活かす
  • 地域に人を呼びこむ事業を行う
  • 地域産業と連携して事業を展開する
  • 地域で新しい雇用を生み出す など

 

環境の変化を捉えた設備投資

環境の変化をうまく捉えている設備投資も、ものづくり補助金で採択されやすいです。

社会や経済などの取り巻く環境の変化に対応して成長していくであろう

このような期待感を持ってもらいやすいからですね。

ただの設備投資ではなく、戦略を持ってする設備投資という点も高評価になります。

 

高度な技術を活用する設備投資

高度な技術を活用する設備投資も、ものづくり補助金で採択されやすいです。

  • 先端的なデジタル技術
  • 環境に配慮した技術
  • 生産性や効率性を高める技術
  • 経済社会の課題を活用する技術
  • 国のイノベーションを牽引する技術
  • 新しいビジネスモデルをつくる技術

当てはまるものがあれば、補助金申請でその技術内容と効果をアピールすると強力な武器になりますよ。


ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴をまとめます。
 

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴

  • 成長感満載の設備投資
  • 強みあふれる設備投資
  • 地域に貢献する設備投資
  • 環境の変化を捉えた設備投資
  • 高度な技術を活用する設備投資
設備投資の効果や戦略がポイントですね!

 

ものづくり補助金では製造業以外も採択される

ものづくり補助金では製造業以外も採択される

「ものづくり」と聞くと、製造業だけが対象のように思えますが、製造業以外の業種も対象になります。

ものづくり補助金のウェブサイトで公開されている採択データを見てみると、建設、卸売・小売、情報通信、サービス業でも多くの事業者が採択されていますね。

「製造業ではないから」と諦めることはありません。自信を持って申請しましょう!

 

小さな会社も採択される!

小さな会社も採択される!

よく、

うちみたいな小さな会社でも採択されますか?

という質問を受けますが、小さいから採択されないということはありません。

ものづくり補助金は小さな会社でも採択されます。

小さな会社が採択されていることは、以下のデータからもわかります。

 
従業員5名以下の割合が1番多いですね。

小さい会社だからと諦めるのは時期尚早です。思い切って補助金に挑戦しましょう。

 

自社の設備投資が採択されるか見極める方法

自社の設備投資が採択されるか見極める方法

補助金は申請準備に時間も労力もかかります。

採択可能性が低いなら申請しない。そんな方もいるのではないでしょうか?

事前にある程度、採択可能性を知っておきたいですよね。

そんな方は、ものづくり補助金の採択可能性を見極める方法として、下記の3つを確認しましょう。お役に立つはずです。

  1. 公募要領の審査項目を確認する
  2. 採択事例を確認する
  3. 専門家に相談する

 

1つずつ補足します。

 

公募要領の審査項目を確認する

補助金の採択可能性を見極める方法の1つ目は、公募要領の審査項目を確認することです。

公募要領には「このようなポイントを重点的に見ます」という審査項目が公開されています。

つまり、審査項目に当てはまるような投資計画をお考えなのであれば、採択可能性も高いということです。

採択可能性を知りたい方は必ず確認しましょう。

 

採択事例を確認する

補助金の採択可能性を見極める方法の2つ目は、採択事例を確認することです。

採択事例を見れば、採択されやすい設備投資計画の特徴がわかります。

「ここまでしっかり計画を考えておかなければならない」という採択基準のレベル感も知ることができるでしょう。

採択事例はものづくり補助金の総合サイトに「成功事例」として掲載されています。

▶︎ものづくり補助金の総合サイト 成果事例のご報告

 

専門家に相談する

補助金の採択可能性を見極める方法の3つ目は、専門家に相談することです。

「公募要領を読んだけれど、難しくてよくわからない」

「採択事例を色々見すぎて混乱してきた」

「自社の設備投資と同じ事例がない」

このような方は専門家に相談するのも手です。

専門家なら貴社の設備投資計画の採択可能性を的確に見極めてくれるでしょう。

初回無料相談を受け付けている専門家も多いです。うまく活用したいですね。

 

ものづくり補助金の審査の難易度とメリット

ものづくり補助金の審査の難易度

ものづくり補助金の採択率は50〜60%ほど。申請者の2社に1社が不採択になる狭き門です。

 
採択されるには、良い設備投資計画入念な準備が必要です。

大変そうに思えるかもしれませんが、その分、補助金を獲得するメリットも大きいです。

補助金のメリットは以下の記事でお伝えしています。補助金に挑戦したくなるはずですよ。

詳しくはこちら
補助金を獲得するメリットとは?補助金を取る会社に起こる7つの魔法
補助金を獲得するメリットとは?|補助金を取る会社に起こる7つの魔法

補助金のメリットを知りたい方向けの記事。お金をもらえることだけが補助金のメリットではありません。知らないと損する「真のメリット」をお伝えします。

続きを見る

▶︎補助金を獲得するメリットとは?|補助金を取る会社に起こる7つの魔法

 

ものづくり補助金の審査突破の鍵は”見せ方”

ものづくり補助金の審査突破では”見せ方”も大事

補助金の審査を突破するには、設備投資の良さを事業計画書で正しく伝えることが必要です。

  • 審査員が計画を見るポイント
  • 貴社が審査員に見せるべきポイント

まずは、この2点を的確に見極めましょう。

そして、理解してもらえるように正しく伝えましょう。

このブログでは、補助金申請で見せるべきポイントの解説記事をたくさん配信しています。必要なものをご覧くださいね。

第15回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経費・難易度は?採択可能性を高めるコツを解説

補助金一発採択の必勝法 小規模事業者持続化補助金

第15回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経...

事業承継・引継ぎ補助金の採択対策|8次公募のスケジュールや採択率・不採択リベンジのコツを解説【無料相談受付中】

補助金一発採択の必勝法 事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ補助金の採択対策|8次公募のスケジュー...

ものづくり補助金17次・18次公募のスケジュール・申請枠・対象経費は?|採択可能性を高めるコツを解説

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金17次・18次公募の採択対策|スケジュ...

ものづくり補助金で採択される設備投資の特徴|うちは採択される?採択可能性の見極め法3選

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴|採択可...

第13回小規模事業者持続化補助金の採択結果|第15回公募スケジュール・採択の必勝法を解説

補助金一発採択の必勝法 小規模事業者持続化補助金

第13回小規模事業者持続化補助金の採択結果|第15回公...

ものづくり補助金の採択は難しい?審査突破のプロが教える完璧な申請準備のコツ7選

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金の採択は難しい?審査突破のプロが教える...

ベストな補助金申請代行の見極め方|迷ったらこう選ぶ!失敗しない選び方の6ステップ

補助金一発採択の必勝法

ベストな補助金申請代行の見極め方|迷ったらこう選ぶ!失...

補助金が不採択でツライ!を乗り越える方法|再申請に前向きに取り組む5つのコツ

補助金一発採択の必勝法

補助金が不採択でツライ!を乗り越える方法|再申請に前向...

補助金の不採択地獄を脱け出す方法|審査突破のプロが教える!不採択リベンジの秘策9選

補助金一発採択の必勝法

補助金の不採択地獄を脱け出す方法|審査突破のプロが教え...

3分で読む!世界で1番わかる補助金申請|補助金とは?をわかりやすく解説する10項目【初心者ガイド】

補助金一発採択の必勝法

3分で読む!世界で1番わかる補助金申請|10項目で補助...


 
 

補助金は事業成長の可能性を引き出し、成し遂げたい事業の実現を後押してくれます。

本記事が貴社の補助金採択のお役に立てれば嬉しいです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
 


1分で読む!審査に強い会社になるメルマガ

審査担当者が会社を見るポイントや審査攻略法がわかる情報をお届けするメルマガです。

融資・補助金・大手の取引審査の生の情報満載です。

ご興味あれば登録ください。QRコードからも登録できます。

会社信用ドットコム メルマガ登録フォーム

▶︎メルマガの登録はこちら

会社信用ドットコムのメルマガ登録フォームQRコード

 

ものづくり補助金の審査を突破する3つのプログラム

ものづくり補助金の審査突破サポート

  • 確実に補助金で採択されたい
  • 次こそ不採択から抜け出したい
  • 財務が悪くても補助金に挑戦したい
  • 自信を持って審査を突破したい

もしも、このような想いがおありでしたら、会社信用ドットコムのプログラムがお役に立ちます。

貴社の審査突破力を引き出し、最適なアプローチで補助金採択を勝ち取ります。

延べ7,000社以上の企業信用調査、豊富な補助金支援ノウハウに裏付けされた信頼と実績のプログラムです。

多くの事業者様が採択され、お喜びの声を頂戴しています。

▶︎ご支援事例・お客様の声

サポートの詳細は下記をご覧ください。