取り込み詐欺会社の見抜き方【相手への質問編】

 

こんにちは。

 

会社の信用力アップをサポートする

会社信用クリエイターの佐藤絵梨子です。

 

前回に続き、今回も取り込み詐欺会社の見抜き方についてです。

 

 

今回は、取り込み詐欺会社の見抜き方の中でも、【相手に質問することで見抜く方法】をご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

今回ご紹介したポイントに当てはまる会社が、必ずしも怪しい会社だとは限りません。あくまでも詐欺会社の特徴として出やすいものであり、良い会社でもあてはまることがあります。怪しいか否かは慎重に確かめるようにしてください。

 

 

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子
会社信用クリエイター

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、大手企業との取引実現から銀行融資や補助金獲得まで支援するサービスを展開中。※詳しいプロフィールはこちら

 

突っ込んだ質問をして見抜く

前回のブログでもお伝えしたとおり、詐欺会社は具体的な話ははぐらかしたり、つじつまが合わないことを言い出すことが多いです。

 

なので、少し突っ込んだ話をした時に、相手がどんな反応や回答をするのかを見ることは、怪しい会社かどうかを見極めるための良い判断材料になります。

 

 

見抜くために効果的な質問を2つご紹介します。

  • 『会社の沿革』について聞いてみる
  • 『扱い品』と『販路』について聞いてみる

 

あらかじめ取得しておいた商業登記簿の内容に触れながら、

「ここで住所や社名が変わっていますが、何か方針が変わったんですか?」

「会社も色々と変化しているようですが、扱っているものはずっと変わらないのですか?」

「うちのような業界の会社とは昔から取引が多いのですか?」

のように、変更点と絡めた聞き方をするとベストです。

 

相手の回答がはっきりしない、ふわっとしたつかみどころのないものだったら、自分が納得できるまでどんどん質問しましょう。

 

▼こんな回答をする会社は怪しいので、もっと深く聞いていきましょう▼

「いや〜私は最近この会社に入ったばかりだから、詳しいことはわからないんですよ」

「昔のことは把握してないんだよね」

 

商業登記簿の内容と相手の説明に矛盾がないか、しっかり説明してくれるのかをじっくり確認しましょう。

 

納得ができる回答をしてもらえなかった。回答を聞いて逆にもやもやした。回答を聞いて不安になった。

 

こんな時は、取引をしないという決断をすることも必要です。

 

不安を感じる会社と無理に取引をしても、回収ができなければ意味がありません。

 

経営者のみなさん見極める目を持って、誠実な会社と良い取引をするようにしてくださいね。

 

 

本日のブログはここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている佐藤のサポート

融資・大手との取引・補助金の審査を突破できないお悩みを解決します

この記事を書いている佐藤は、延べ7,000社以上を調査取材した会社評価の専門家。

 

会社の強みと価値を引き出し、融資や取引審査などの『良い会社だと思われたい場面』で正しく伝える方法を指導しています。

 

審査突破に不安を感じている社長様は、ご気軽にご相談ください。

 

▶︎サービス・ご料金はこちら

詳しくはこちら
no image
サービス・ご料金

続きを見る

 

▶︎無料相談も受付中です

 

 

-与信管理・取引先チェック
-, , ,

© 2021 会社信用ドットコム