大規模成長投資補助金 補助金一発採択の必勝法

大規模成長投資補助金の採択は難しい?申請のハードルと正しい採択攻略法

2024年3月13日

大規模成長投資補助金の採択は難しい?申請のハードルと正しい採択攻略法|会社信用ドットコム
大規模成長投資補助金は難しい?採択は無理かな?

このような疑問を解消します。

2024年から新しく募集が開始された大規模成長投資補助金

大きな設備投資をする経営者様には朗報となる一方で、採択されるのは難しいのではないか?というご質問も多く頂戴しています。

そこで本記事では、大規模成長投資補助金の採択は本当に難しいのか徹底検証しました。

申請のハードル正しい採択攻略法も解説しています。

補助金の理解が深まれば、挑戦する意欲も湧いてくるもの。採択も夢ではなります。

申請を諦める前にぜひ最後までお読みくださいね。

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用ドットコム代表

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、審査の突破で売上・資金を勝ち取るサービスを展開中。中小企業の救世主として期待されている。

*経済産業省認定 経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411

詳しいプロフィールはこちら

大規模成長投資補助金とは?

大規模成長投資補助金は、人手不足等の課題に対応し、成長加速につながる大規模投資を行う中堅・中小企業を支援する補助金です。持続的な賃上げのための投資であることも必要です。

とてもスケールの大きな補助金です。

対象者や対象経費、補助率は以下のとおりです。

 

対象者・対象経費・補助率

対象者中堅・中小企業(常時使用する従業員数2,000人以下)等
補助対象要件①投資額10億円以上(外注費・専門家経費を除く補助対象経費分)
②従業員1人当たり給与支給総額の伸び率に達成目標あり
→補助事業の終了後3年間の対象事業に関わる従業員1人当たり給与支給総額の伸び率(年平均成長率)が、事業実施場所の都道府県における直近5年間の最低賃金の年平均成長率以上
対象経費建物費(拠点新設・増築等)、機械装置費(器具・備品費含む)、ソフトウェア費、外注費、専門家経費 ※建物費は生産設備等の導入に必要なものに限る。土地代は対象外。
補助上限額50億円(補助率1/3以内)

 

補助金の活用イメージ

どのような取り組みで活用できる補助金か知りたい方は、下記画像をご覧いただくとイメージがつかみやすいと思います。

  • 工場や倉庫・販売拠点の新設や増築
  • 最先端の機械や省力化設備の購入
  • ソフトウェアの購入や情報システムの構築 など

 

1次公募のスケジュール

令和6年3月に1次公募が開始されました。スケジュールは以下のとおりです。

  • 公募開始:令和6年3月6日
  • 募集締切:令和6年4月30日 17:00
  • 採択発表:令和6年6月中下旬

(※1次公募終了後に2次公募が開始予定です)

 

工事の着手・完了期限(補助事業期間)

工事は交付決定日から開始し、最長で令和8年12月末までに完了させる必要があります。

ただし、補正予算の早期執行の観点から、極力、令和6年度(令和7年3月)末までに設備等の支払い・設置を前倒しする投資計画を策定する必要があります。

公式サイトに工事期間(補助事業期間)に関するQ&Aが掲載されています。以下の画像で確認してください。

 

審査方法

大規模成長投資補助金には1次審査と2次審査があります。それぞれ簡単に解説します。

1次審査:書面審査

補助金事務局による審査です。形式要件(従業員数 2,000 人以下等)の適格性の確認、計画の効果・実現可能性等について定量面が審査されます。
     

2次審査:プレゼン審査

外部有識者によるプレゼン審査です。地域ブロック単位で審査会が開催されます。計画の効果・実現可能性等について定性面も含めた審査になります。

1次審査通過者には、2次審査の詳細について個別に連絡があります。

 

提出書類

成長投資補助金申請の必要書類は以下のとおり。必ず公募要領で詳細を確認してください。

  • 成長投資計画書(PDF35枚以内)
  • 成長投資計画書別紙
  • ローカルベンチマーク
  • 決算書3期分
  • 金融機関による確認書(※注1)
  • リース取引に係 る誓約書(※注2)
  • リース料軽減計算書(※注3)

注1:金融機関からの確認を受けた場合に必要
注2・注3:リース会社と共同申請をする場合に必要
 

電子申請のページ(jGrants)申請書類の参考様式が掲載されています。必ず確認しておきましょう。
 

大規模成長投資補助金の参考様式の掲載場所

 

大規模成長投資補助金の7つの申請ハードル

大規模成長投資補助金の7つの申請ハードル

魅力的な補助金はハードルも高いです。

大規模成長投資補助金で乗り越えなければならない申請ハードルは7つです。1つずつ解説します。

 

期限との戦い

大規模成長投資補助金の申請ハードルの1つ目は、期限との戦いです。

本来であれば、10億円を超える設備投資を伴う補助金申請では、最低でも2〜3ヶ月は準備時間がほしいところです。

しかしながら、大規模成長投資補助金の一次公募(4/30締切)では、スケジュール発表から締切まで2ヶ月もありません。

二次公募以降のスケジュール感も一次公募と大きくは変わらないはずですので、早めの準備や柔軟な対応ができないのであれば申請は厳しいでしょう。

スケジュール管理は大規模成長投資補助金の高い申請ハードルになりそうです。

 

要件の必達

大規模成長投資補助金の申請ハードルの2つ目は、条件の必達です。

すでにお伝えしたとおり、大規模成長投資補助金は2つの要件があります。
 
大規模成長投資補助金の要件(再掲)

  • 投資額 10 億円以上(外注費・専門家経費を除く補助対象経費分)
  • 従業員1人当たり給与支給総額の伸び率に達成目標あり
    →補助事業の終了後3年間の対象事業に関わる従業員1人当たり給与支給総額の伸び率(年平均成長率)が、事業実施場所の都道府県における直近5年間の最低賃金の年平均成長率以上

採択後、実際の設備投資額が10億円以下になった場合は、補助金要件の対象外となります。補助金は支給されません。

賃上げ要件が未達成の場合は、未達成率に応じて補助金の返還も必要です。

要件を達成できる見込みがないのであれば、申請は難しいと考えるべきでしょう。

 

独自の審査基準

大規模成長投資補助金の申請ハードルの3つ目は、独自の審査基準です。

スケールが大きな補助金だけあり、審査基準もほかの補助金とは一味違います。
 
大規模成長投資補助金の審査基準

  • 経営力
  • 先進性・成長性
  • 地域への波及効果
  • 大規模投資・費用対効果
  • 実現可能性

5つの視点で定性的・定量的に審査されるルールです。

\審査基準の詳細は以下を確認/

とくに「経営力」の指標は特徴的だと思います。

ほかの有名な補助金でも審査されるポイントではありますが、大規模成長補助金ほど明確に「経営力」という1つの基準として打ち出してはいません。

審査基準の1番上に「経営力」を置いていることからも、重視されていることが感じ取れますね。審査員の注目度も高いでしょう。

経営力を含め、審査基準を的確に伝える自信がなければ、申請のハードルは相当高いと感じるかもしれません。

 

最難関!成長投資計画書

大規模成長投資補助金の申請ハードルの4つ目は、成長投資計画書(35枚以内)の作成です。

「35枚」の数字を見ただけで申請を躊躇う経営者様もいらっしゃるかもしれませんね。

しかも、成長投資計画書の参考様式からもわかるように、計画を細部まで練り上げ、詳細まで記載する必要があります。

作成はすべて専門家任せともいかないでしょう。

事業計画書の作成に苦手意識がある場合は、申請のハードルは高いと感じるかもしれません。

 

経営者チェック

大規模成長投資補助金の申請ハードルの5つ目は、経営者チェックです。

大規模成長投資補助金の2次審査では、経営者自身による計画のプレゼンが行われます。

審査員は経営者のプレゼンを聞いて計画の理解を深めていきますから、プレゼンをする経営者の責任は重大です。

審査では計画を実行する経営者様自身も見られ、補助金支給にふさわしいか確認されるでしょう。

 

ライバルは精鋭ぞろい

大規模成長投資補助金の申請ハードルの6つ目は、ライバルは精鋭ぞろいということです。

大規模成長投資補助金は大変魅力的な補助金です。

本気で獲得を狙う精鋭たちが集まるでしょう。その精鋭たちは、最低投資額10億円を出せる収益力に富んだ会社です。

精鋭たちとの補助金勝ち取り競争は熾烈なものになるでしょう。申請の高いハードルになりそうです。

 

「うちは無理」の思い込み呪縛

大規模成長投資補助金の申請ハードルの7つ目は、「うちは無理」という思い込み呪縛です。

補助金申請のお手伝いをさせていただいていると、気持ちの持ちようや思い込みが申請のハードルになるケースが少なくないと感じます。

補助金の規模の大きさ、国の制度ということに気圧されてしまう気持ちはよくわかります。心理的なハードルを越えて補助金に挑戦することは、簡単なことではないでしょう。

次のパートでは、大規模成長投資補助金の正しい攻略法をお伝えしています。

もし、まだ補助金に挑戦する気持ちをお持ちであれば、ぜひ最後までお読みください。

無理を“できる”に変える方法をお伝えしています。
佐藤絵梨子

 

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法

ハードルが高くても挑戦します!

そんな本気の経営者様のために、大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法をお伝えします。

意識していただきたいポイントは11個です。

(※数は多いですがサクッと読めます)

 
大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法

  1. 補助金制度の徹底理解
  2. 決断と行動は早めが吉
  3. 審査基準の攻略が鍵
  4. 資金の目処が大事
  5. 最高レベルの計画のみ有効
  6. 成長投資計画書は見せ方が命
  7. 加点とりこぼしが命取り
  8. 撲滅!手続き・必要書類の不備
  9. プレゼンの対策に経営魂を込める
  10. 信頼できる専門家を味方につける
  11. 【1番大事な攻略法】

基本的なものもありますが、大規模成長投資補助金の難易度の高さを考えると、1つ1つの項目を高い精度で取り組む必要があります。

1つずつ簡単に解説します。

 

補助金制度の徹底理解

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の1つ目は、補助金制度を徹底理解することです。

制度の理解なくして採択はありません。

公式サイトや公募要領は必ず確認しましょう。

そもそも補助金がよくわからない方は以下の記事をお読みください。補助金の基本が3分でわかります。

詳しくはこちら
3分で読む!世界で1番わかる補助金申請|補助金とは?をわかりやすく解説する10項目【初心者ガイド】|会社信用ドットコム
3分で読む!世界で1番わかる補助金申請|10項目で補助金を理解する初心者ガイド

補助金とは?をわかりやすく教えてほしい方向けの記事。「難しくてよくわからない」「調べたけれど理解できない」そんな方は必読です。「失敗しない申請手順の9ステップ」も解説しています。

▶︎3分で読む!世界で1番わかる補助金申請|10項目で補助金を理解する初心者ガイド

 

決断と行動は早めが吉

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の2つ目は、決断と行動を早めにすることです。

申請の準備には時間と労力がかかります。

ご自身が想定しているよりもやるべきことは多いと思ってください。

余裕を持ってスケジュールを調整することを強くオススメします。

専門家にサポートを頼む場合、人気の専門家は早々に満杯になります。こちらも早めに動きましょう。

 

審査基準の攻略が鍵

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の3つ目は、審査基準を丁寧に確認することです。

審査員は審査基準に沿って貴社の計画と経営者様の言動をチェックします。

大きな補助金ですから、審査員も気合を入れて審査をするでしょう。

相手が見るポイントに対して的確に応える

これは審査突破戦略の基本中の基本です。

審査基準は公募要領に記載されています。必ず確認してください。

 

資金の目処が大事

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の4つ目は、資金の目処をつけておくことです。

もう1度繰り返します。申請をする前に、資金の目処は必ずつけておいてください。

これだけ大きな投資です。投資資金をどう工面するかについては、審査員も大いに注目しています。

採択されてから資金繰りを考えるような計画は、補助金では採択されません。「資金も用意していないのに実現できるわけないだろう」と思われるからです。

早めに資金の目処をつけ、事業計画書やプレゼンで説明できるようにしておいてください。

 

最高レベルの計画のみ有効

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の5つ目は、最高レベルの計画で勝負することです。

計画内容に不足点や改善点はないか、妥協はせず、納得がいくまでよく考えましょう。

審査基準は計画の良し悪しを判断するものです。計画の精度を高めるヒントとして活用しましょう。

計画の精度を高めることは、貴社の成長にもつながります。全力で取り組んでください。

 

成長投資計画書は“見せ方”が命

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の6つ目は、審査を突破する成長投資計画書を作成することです。

補助金で採択されるには、審査員が計画を見るポイントを見極め、自社情報の見せ方を工夫することが必要です。

伝えるべき情報を考え抜き、審査員に正しく伝わる表現で計画書を作成してください。

成長投資計画書は参考様式が公開されていますが、より最適な情報の見せ方があるのなら、アレンジを加えることも必要でしょう。

必要に応じて専門家の意見も取り入れながら、自他共に認める最高の計画書を作成してください。

 

加点とりこぼしが命取り

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の7つ目は、取れる加点はすべて取ることです。

申請したすべての事業者が補助金で採択されるわけではありません。加点を取れるかどうかが採否のわかれ道になることもあります。

採択可能性を高めるために、取れる加点はきっちり取っておきましょう。

なお、大規模成長投資補助金には、以下の加点があります。

大規模成長投資補助金の加点

  • 金融機関からの確認書発行やプレゼン同席
  • 地域未来牽引企業
  • パートナーシップ構築宣言の登録企業

とくに1つ目の金融機関の協力は、ぜひとも取り付けたいところです。早めに相談することをおすすめします。

 

撲滅!手続き・書類の不備

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の8つ目は、手続きや書類の不備をなくすことです。

他のどの補助金でも、手続きや書類の不備で不採択になる事業者様がかなりの数存在します。十分注意してください。

必要書類は公募要領にわかりやすく記載されています。

計画内容によっては補足資料なども用意した方が良いケースもあるでしょう。

専門家にも相談しながら丁寧に準備を進めてください。

 

経営者魂プレゼンテーション

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の9つ目は、経営者魂を込めた本気のプレゼンテーションをすることです。

大規模成長投資補助金はプレゼン審査(2次審査)を通過すれば採択ですから、2次の審査は当然厳しいと予想されます。

プレゼンは書面審査よりも重視される傾向もあります。

プレゼンやに苦手意識をお持ちであれば、原稿を準備し、練習もしておきたいところです。審査員から聞かれるであろう質問への対策もお忘れなく。

「本気が感じられない」と思われたらおしまいです。

事業実現への本気の想いあふれる魂のプレゼンで勝負してください。

 

専門家選びは慎重に!

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の10つ目は、信頼できる専門家を味方につけることです。

ご自身だけで補助金申請をするのは難しい。そう感じていふ経営者様もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、信頼できる専門家に相談することをおすすめします。信頼できるという点がポイントですよ。

準備には大変な時間と労力がかかり、採択の難易度も高い補助金です。貴社に真摯に寄り添い、確かなノウハウで申請戦略を立案する専門家を選ぶことが、採択可能性を高める鍵になります。

身近にいない場合はご相談ください。全力でお力になります。

▶︎大規模成長投資補助金の審査突破サポート

 

最後は経営者の本気が試される

大規模成長投資補助金の正しい採択攻略法の最後の1つは、経営者が本気で勝負することです。

企業信用調査会社で延べ7,000社以上を評価した元調査員としてはっきりお伝えします。

企業の評価は経営者様で決まります。

経営者様が本気ではないのに、事業計画は高く評価されるなんてことはありません。

補助金採択も事業実現も、最後は経営者様の本気度にかかってきます。

どうぞ本気を想いを補助金申請に注ぎ込み、無事に採択を勝ち取ってくださいね。

 

貴社が補助金を獲得し、今後ますます成長していかれることを心より応援しております。

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

大規模成長投資補助金の審査を突破するプログラム

会社信用ドットコムでは、以下のお困りごとを解決へ導きます。

  • 資金繰りを円滑にするために補助金を取りたい
  • 補助金の事業計画書の作成が難しく、次に進めずにいる
  • 業績や財務が悪くても、今後は経営を改善して補助金を取りたい
  • 不採択の原因がわからず、再申請で採択される効果的な改善策がわからない


 

200件以上のご相談を解決した信頼のプログラムで補助金獲得をサポートします。

大変嬉しいこととに、数多くの経営者様からお喜びの声をいただいております。許可をいただきましたので、一部ご紹介いたします。

弊社事業計画の本質的なことを理解をしていただけるコンサルタント会社がなく、審査も2回落ち、時間ばかり経過してしまい、どうしたら良いか悩んでいました。

弊社事業計画について非常に深いところまで理解をしていただき、また弊社事業の可能性についても大変期待してくださったため、ご依頼しました。

1回目で採択されたことに大変感謝するとともに、このような申請について他社と比較して随分と差があることを感じ、もっと早く知っていればよかったと思う程です。

これまで31年事業をしてきた中で、私は様々な申請業務を自分でやってきました。理由は、専門家様にご相談をしても、どうもキャパオーバー的で無責任、仕事が雑なわりに、お金は高い、というイメージがあるからです。

会社信用ドットコム様は、違いました。相手の利を先によく考えた、提案力、スピード、解決力、どれもプロだと思いました。

<情報通信業 東京都 G社社長様>

この度は大変お世話になりました。 ご相談の段階から丁寧にご対応いただいたことで、ハードルの高さを感じていた申請について前向きに取り組んでいくことができました。

自力ではどう頑張ってもこれほどのものは作成できませんでしたし、改めて自身の事業や今後の計画・課題を可視化できたことも大きな収穫の1つです。

初歩的な質問にも親身になって答えてくださり、最後まで何度も助けていただきました。 またどうぞよろしくお願いいたします。

<飲食料品小売業 S社長様>

サービスのクオリティーにもホスピタリティーにも非常に満足しています。一事業者である自分だけではここまではとてもやりきれなかったと思います。 お願いして本当によかったです。

申請のための書類を作成したあとにもまだハードルの高い部分があったのですが、知らないままだったら書類不備となってしまうような、重要だけれど気づきにくいポイントもあらかじめ説明してくださっていたので助かりました。

このたびは心強く真摯なサポートを本当にありがとうございました。 

<教育・学習支援業 M社長様>

ご感想をいただき、ありがとうございます。

他にもたくさんのお喜びの声を頂戴しておりますので、下記からご確認ください。

▶︎解決事例・お客様の声

サポートがお役に立つか確認いただくために、無料の初回相談会も開催しています。

対面だけでなく、Zoomのオンライン面談もご用意していますので、全国対応が可能です。

お申込み方法や日程は下記をご覧ください。

お困りの経営者様は、まずはお気軽に無料でご相談ください。

サポートの詳しい内容は下記のページでご紹介しています。

詳しくはこちら
大規模成長投資補助金の審査突破サポート|会社信用ドットコム
大規模成長投資補助金の審査突破サポート

大規模成長投資補助金の審査突破を強力なプログラムでサポート。申請準備から入金まで対応。認定経営革新計画等支援機関。全国対応・初回無料相談を受付中です。

続きを見る

▶︎大規模成長投資補助金の審査突破サポート

 

審査に通る会社になるメルマガ

銀行融資や補助金・大手企業の取引審査の攻略法が手に取るようにわかるメルマガです。

企業信用調査の実態や、融資・補助金の審査現場の生きた情報満載です!

興味をお持ちいただけた方はぜひご購読ください。解約はいつでも可能です。

QRコードからもご登録いただけます。

審査に通る会社になるメルマガ登録フォーム|会社信用ドットコム

▶︎メルマガの登録はこちら

会社信用ドットコムのメルマガ登録フォームQRコード