補助金一発採択の必勝法

補助金が新規事業の立ち上げに最適な7つの理由|採択率アップ必勝法とプロ厳選!オススメ補助金

2023年10月21日

補助金が新規事業立ち上げに最適な7つの理由|採択率アップ必勝法とプロ厳選!オススメ補助金|会社信用ドットコム
新規事業の資金をうまく調達できないかな。補助金はどうだろう?

そんな疑問にお答えします。

新規事業の立ち上げ時は何かともの入りです。資金繰りに頭を悩ませている社長様もいらっしゃることでしょう。

資金調達策を調べているうちに「補助金」にたどり着いた方もいるかもしれませんね。

実は私もその一人。

新規事業の立ち上げ時に使える補助金を探し、無事に採択され、大きなメリットを獲得しています。

▶︎私が補助金に採択された話はコチラ

本記事では、補助金が新規事業に最適な理由を解説しました。

新規事業で補助金の採択率をアップさせる方法オススメの補助金(表でさくっとまとめ)もご紹介しています。

新規事業で補助金を取りたい社長様は必読です。

ぜひ最後までお読みくださいね。

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用ドットコム代表

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、審査の突破で売上・資金を勝ち取るサービスを展開中。中小企業の救世主として期待されている。

*経済産業省認定 経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411

詳しいプロフィールはこちら

新規事業にかかる資金とは?

新規事業にかかる資金とは?

新規事業を始めるには、何かとお金がかかります。まずは、どのような資金がかかるのかを確認しておきましょう。

ポイントは2つに分けて考えること。

「立ち上げ資金」「運転資金」を考えておく必要があります。

 

立ち上げ資金

立ち上げ資金は新規事業の立ち上げにかかる費用です。主に以下のような費用ですね。

主な立ち上げ資金

  • 事業所の開設費用
  • 設備導入にかかる費用
  • 人材の採用費用
  • 宣伝広告費用
  • コンサルティング費用
  • マーケティング費用

 

運転資金

運転資金は、事業を軌道に乗せるまでの費用事業を続けていくための資金ですね。主に以下のような費用です。

主な運転資金

  • 事業所の賃料
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 人件費
  • 諸経費
どのような資金が必要なのか、整理して考えておきましょう
佐藤絵梨子

 

補助金が新規事業に最適な理由

補助金が新規事業の資金調達に最適な理由

さて、色々ともの入りな新規事業の立ち上げでは、補助金を取ることを考えている社長様もいるのではないでしょうか?

実は、補助金は新規事業の資金調達に最適です。その理由をお伝えします。

補助金活用を検討中の方は必読ですよ。

 

立ち上げ資金が大得意

補助金が新規事業に最適な理由の1つ目は、補助金は立ち上げ資金の支援が大得意だからです。

機械装置・システムの導入費用、広告宣伝費や専門家経費など、事業を始める時にドカッとかかる資金の一部補填を得意とするのが補助金です。

補助金によって対象になる事業者や経費が異なります。自社の立ち上げ費用に使える補助金はないか、まず探してみましょう。

 

融資以外の資金調達ルート

補助金が新規事業に最適な理由の2つ目は、融資以外の資金調達ルートができるからです。

新規事業は実績が少ないですから、銀行の審査も厳しくなりがちです。

銀行開拓や、信用保証協会に相談が必要ば場合もありますね。融資は利息も発生しますし、返済も必要です。

補助金にも審査はありますが、金利もなく、基本は返済もいりません。取れるものなら取っておきたいでしょう。

融資以外の資金調達ルートとして、補助金を有効に使いたいですね。

 

返済がいらない

補助金が新規事業に最適な理由の3つ目は、返済がいらないからです。

すでにお伝えしたように、補助金は基本は返済不要です。補助金の1番のメリットですね。

何かともの入りな新規事業立ち上げ時には、ありがたいものです。

資金繰りに余裕ができれば、社長様も気持ちにも余裕を持って新規事業に取り掛かれるでしょう。

 

不可能が可能になる

補助金が新規事業に最適な理由の4つ目は、不可能が可能になるからです。

やりたかった新規事業、欲しかった最新の機械設備、大手がよくやる大々的な広告宣伝。

自己資金だけではためらうような投資も、後から補助金が入ると思えば思い切ってやろうと思えることもあるでしょう。

1ランク上の投資にも挑戦しやすくなりますよね。思い描くだけだった新規事業も実現できる可能性が高まります。

 

会社の将来像がクリアになる

補助金が新規事業に最適な理由の5つ目は、会社の将来像がクリアになるからです。

補助金申請では、事業計画書を作成して提出します。事業計画書を作成するためには、会社の将来像をじっくり考えることになるでしょう。

自社と向き合うまたとない良い機会です。ぼんやりしていた新規事業の計画もはっきりするでしょう。

 

国の支援マスターになれる

補助金が新規事業に最適な理由の6つ目は、国の支援マスターになれるからです。

補助金について調べたり、申請手続きをしていると、国がどのような中小企業支援に力を入れているかわかるようになります。

国の支援の傾向がわかれば、最適な場面で最適な支援を活用できるになりますね。

支援を上手く活用できれば、新しい事業が成功する可能性も高まるでしょう。

 

会社の信用が爆上がりする

補助金が新規事業に最適な理由の7つ目は、会社の信用が爆上がりするからです。

補助金で採択されると、取引先や銀行の見る目が変わります。

「補助金に採択されるほど良い会社ならば、お付き合いしたい」と思ってくれる会社も増えるでしょう。

当然ながら、新規事業への注目度や期待も高まります。あなたの会社に対する信頼感が高まり、事業の成功待ったなしです!
 


新規事業で補助金を取るメリットをまとめます。

補助金が新規事業に最適な理由

  1. 立ち上げ資金が大得意
  2. 融資以外の資金調達ルート
  3. 返済がいらない
  4. 不可能が可能になる
  5. 会社の将来像がクリアになる
  6. 国の支援マスターになれる
  7. 会社の信用が爆上がりする
メリットだらけですね!補助金の申請を検討します!

 

新規事業でオススメの補助金

新規事業でオススメの補助金

新規事業でオススメの補助金をご紹介します。

補助金は誰でももらえるわけではありません貴社にあった補助金を選ぶことが大切です。

補助金の内容をサクッとつかめるように表でまとめました。

より詳しい情報は、各補助金のサポートページで解説しています(※青色の文字を押すと該当ページに移動します)

じっくり確認してくださいね!
 

おすすめの補助金まとめ

補助金名どのような取り組みが補助金の対象になるか難易度
ものづくり補助金中小企業等が行う革新的な製品・サービスの開発、生産プロセス等の省力化に必要な設備投資等を支援する補助金。
事業再構築補助金「今なおコロナの影響を受ける事業者」「ポストコロナに対応した事業再構築をこれから行う事業者」を重点的に支援する補助金。
大規模成長投資補助金人手不足等の課題に対応し、成長加速につながる大規模投資を行う中堅・中小企業を支援する補助金です。持続的な賃上げのための投資であることが必要
新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業ポストコロナ等における事業環境の変化を課題と捉え、これまで営んできた事業の深化又は発展に取り組む事業者を支援する制度です。
小規模事業者持続化補助金新たな販路開拓・顧客開拓の取り組みを支援する補助金。新商品のリリース既存商品の改良売り方を工夫して販路を開拓する設備投資が対象です。
事業承継・引継ぎ補助金事業承継やM&A、廃業をきっかけとして行われる新しい取り組みや、経営資源の引き継ぎを支援する補助金です。

「どの補助金が最適かわからない」方は、初回無料相談でご相談ください。全力でお力になります!お申込みは1分半で完了します。

▶補助金の初回無料相談お申込みフォーム
(※カレンダーで日程をお選びいただけます)

 

新規事業の採択率アップ必勝法

新規事業で補助金を取る5つの採択必勝法

新規事業で補助金を取りたい社長様に5つの採択率アップ必勝法を伝授します。

補助金申請は時間も労力もかかる作業です。なんとなく進めると失敗してしまいます。戦略が必要ですよ。

確実に採択されたい社長様は必読です。

 

自社に最適な補助金を選ぶ

新規事業で補助金の採択率をアップさせる方法の1つ目は、自社に最適な補助金を選ぶことです。

「補助率の割合が高い」「もらえる金額が多そう」のように、支給条件だけで補助金を選ぶのはNGです。

補助金にはお金を支給する目的がありますから、あなたの計画がその支給目的と合っていることが最重要です。

例えば、既存事業の販路開拓をする事業者が、新規事業の立ち上げを支援する補助金に応募しても採択はされません。

審査員はプロですから、補助金の支給目的にあわない計画は確実に見抜いて、容赦なく不採択にします。

まずは最適な補助金を”真剣に”選ぶこと。選択を間違えないように注意してくださいね。

 

補助金の全体像を頭に叩きこむ

新規事業で補助金の採択率をアップさせる方法の2つ目は、補助金の”全体像”を頭に叩きこむことです。

補助金は、申請準備から入金までの道のりがとても長いです。大型の補助金だと1年半〜2年かかることもありますね。

全体像を理解していないと、「途中でこんな手続きがあるの?」「こんなに時間がかかるの!?」のように”想定外の事態”が次々に起こり続けることになります。

(補助金をまったく理解してなくて)思っていたよりも大変で、もらう前に諦める事業者も少なくはありません。

全体像がわかっていれば、先を見据えた準備もできて、入金までスムーズにたどり着けますよ。

申請準備でどんな対策や心構えが必要かは、以下の記事でもお伝えしています。必要であればお読みください。

詳しくはこちら
審査突破のプロが教える!補助金申請の7つの関門【採択・不採択を分ける申請準備の心得】|会社信用ドットコム
審査突破のプロが教える!補助金申請の7つの壁【採択・不採択は申請準備で決まる】

補助金申請の何が大変か把握しておきたい方向けの記事。補助金申請でつまずく方が多い7つの壁や、採択をつかむ申請準備の心得をご紹介しています。

続きを見る

▶︎補助金申請の7つの壁【採択・不採択を分ける申請準備の心得】

 

将来プランをはっきりさせる

新規事業で補助金の採択率をアップさせる方法の3つ目は、将来プランをはっきりさせることです。

補助金に採択されるかどうかは、”申請した計画が良いものかどうか”にかかっています。

将来を見据え、独自の工夫を凝らし、競合との差別化や高収益なども追求して、事業プランのレベルを高めることが必要でしょう。

事業プランを高めることを検討しないのであれば、補助金獲得を諦める決断も必要ですよ。

 

審査を突破する事業計画書を作成する

新規事業で補助金の採択率をアップさせる方法の4つ目は、審査を突破する事業計画書を作成することです。

審査を突破するには、審査員が計画を見るポイントを見極めて、情報の見せ方を意識した事業計画書を作成することが必要です。

公募要領に記載されている「事業計画書に書くべき内容」「審査項目」熟読しましょう。

審査項目は補助金によって異なります。ですが、事業事業向けの補助金では、

  • 既存事業と比べてどう新しいのか
  • 新規事業の市場でどう勝ち抜くのか
  • 高収益を獲得する戦略は?

という点は問われやすいです。しっかり説明できるようにしておきましょう。

自他ともに認める最高レベルの事業計画書を完成させてくださいね。

「想像以上に事業計画書の作成に時間がかかった」という事業者様が多いです。十分な時間を確保して臨みましょう。

 

専門家を味方につける

新規事業で補助金の採択率をアップさせる方法の5つ目は、専門家を味方につけることです。

大型の補助金や難易度の高い補助金は、自社だけで対応するのか難しいケースもあるでしょう。

人気の事業再構築補助金のように、専門家に相談することを「必須」にしている補助金もあります。

悩んだら、専門家の手を借りたほうがいいですよ。問題を解決する最適解を提示してくれます。

専門家の実力や得意分野、サポート内容をしっかり確認して、信頼できる専門家を頼りましょう。

身近にいない場合はご相談くださいね。お力になります。

▶︎補助金の審査突破サポート

 


以上、補助金が新規事業に最適な7つの理由|オススメ補助金と新規事業の採択率アップ必勝法をお伝えしました。

補助金は事業成長の可能性を引き出し、成し遂げたい事業の実現を後押してくれます。

貴社が補助金で採択され、事業をますます発展させていかれることを心より応援しています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

補助金の審査を突破する3つのプログラム

  • 資金繰りを円滑にするために補助金を取りたい
  • 補助金の事業計画書の作成が難しく、次に進めずにいる
  • 補助金申請を業績改善や資金繰り改善の突破口にしたい
  • 不採択の原因や効果的な改善策がわからない

このようなお悩みをお持ちであれば、会社信用ドットコムのサポートがお役に立ちます。

200件以上のお悩みを解決した信頼と実績のプログラムで補助金獲得を実現させます。

サポートがお役に立つか確認いただくために無料の初回相談も行っています。

日程やお申込方法は下記をご覧ください。

▶︎初回無料相談の募集中の日程を確認する
(※カレンダーで日程を選べます)

本気の経営者様は、まずは無料でご相談ください。

解決報告やお喜びの声も多数頂戴しています。

▶︎解決事例・お客様の声はこちら

サポートの詳細は下記ページをご覧ください。

詳しくはこちら
事業再構築補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金の審査突破サポート
補助金の審査突破サポート

補助金の審査突破を3つの強力なプログラムでサポート。申請準備から入金まで併走。ものづくり補助金、事業再構築補助金、大規模投資成長補助金、小規模事業者持続化補助金、事業承継・引継ぎ補助金に対応。認定支援機関。全国対応。初回無料相談受付中。

続きを見る

▶︎補助金の審査突破サポート

 

審査に通る会社になるメルマガ

融資や補助金・大手取引の審査攻略法が手に取るようにわかるメルマガを配信しています。

登録はメールアドレスとお名前のみ。解約はいつでも可能です。

QRコードからもご登録いただけます。

審査に通る会社になるメルマガ登録フォーム|会社信用ドットコム

▶︎メルマガの登録はこちら

会社信用ドットコムのメルマガ登録フォームQRコード