補助金一発採択の必勝法 事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ補助金の採択対策|9次公募のスケジュールや採択率・申請準備のポイントを解説

2024年1月3日

事業承継・引継ぎ補助金の採択対策|9次公募のスケジュールや採択率・申請準備のポイントを解説|会社信用ドットコム

事業承継・引継ぎ補助金の9次公募のスケジュールが発表されましたね。

これまでの採択率や不採択リベンジの方法をお伝えします。

初回無料相談もご案内しています。

この記事を書いている私のこと

佐藤絵梨子/会社信用ドットコム代表

世界最大の企業情報を保有する (株)東京商工リサーチに入社後、個人から売上1兆円企業まで10年間で延べ7,000社以上を調査。商業登記簿から会社の信用度を見抜くほどになり、全国1,000人以上の調査員中、営業成績1位獲得の実績を誇る。同社退職後、審査の突破で売上・資金を勝ち取るサービスを展開中。中小企業の救世主として期待されている。

*経済産業省認定 経営革新等支援機関(認定支援機関ID:107713006411

詳しいプロフィールはこちら

30秒でわかる事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ補助金を簡単に説明します。

事業承継・引継ぎ補助金とは、事業承継やM&A、廃業をきっかけとして行われる新しい取り組みや、経営資源の引き継ぎを支援してくれる補助金です。

「①経営革新事業」「②専門家活用事業」「③廃業・再チャレンジ事業」という3つの申請類型があります。

申請類型によっては、経済産業省が認定する経営革新等支援機関(※事業計画策定を支援する中小企業支援者)に相談をして、共に事業計画を考える必要もあります。

対象になる事業者は以下のとおり。
 

対象になる事業者

 

対象経費・補助率・上限額は以下のとおり。
 

申請類型・対象経費・補助率・補助上限額

申請類型対象経費補助率・上限額
経営革新事業▶︎「承継後の取り組み」にかかる費用を補助
店舗等借入費、設備費、原材料費、産業財産権等関連経費、謝金、旅費、マーケティング調査費、広報費、開業賃借費、外注費、委託費、廃業費
1/2または2/3
600万円以内または800万円以内
専門家活用事業▶︎「M&A(事業引継ぎ)時」等にかかる費用を補助
(※M&A支援業者に支払う手数料、セカンドオピニオン等)

謝金、旅費、外注費、委託費、システム利用料、保険料、廃業費、廃業支援費、在庫廃棄費、解体費、原状回復費、リースの解約費、移転・移設費用
1/2または2/3
600万円以内
廃業・再チャレンジ事業▶︎「承継時にともなう廃業」にかかる費用を補助
廃業支援費、在庫廃棄費、解体費、原状回復費、リースの解約費、リースの解約に伴う解約金・違約金 移転・移設費用
2/3
150万円以内

第7回公募要領をもとに会社信用ドットコムで作成。

 

事業承継・引継ぎ補助金の採択率・難易度

近年の事業継承・引継ぎ補助金の採択率は以下の通りです。

※経営革新事業・専門家活用事業のみ集計。廃業・再チャレンジ事業は公式サイト等をご確認ください


2022年(令和4年)

公募回公募期間申請類型申請数採択件数採択率
1次公募経営革新:令和4年5月31日〜6月20日/専門家活用:令和4年4月22日〜5月31日経営革新209件105件50.2%
専門家活用790件407件51.5%
2次公募令和4年7月27日〜9月2日経営革新188件105件55.8%
専門家活用422件234件55.4%
3次公募令和4年10月6日〜11月24日経営革新189件107件56.6%
専門家活用408件234件57.3%
4次公募令和4年12月26日〜令和5年2月9日経営革新264件146件55.3%
専門家活用518件290件55.9%

 

2023年(令和5年)

公募回公募期間申請類型申請数採択件数採択率
5次公募令和5年3月20日〜5月12日経営革新309件186件60.1%
専門家活用453件275件60.7%
6次公募令和5年6月16日〜8月10日経営革新357件218件61.0%
専門家活用468件282件60.2%
7次公募令和5年9月15日~11月17日経営革新313件190件60.7%
専門家活用498件299件60.0%

公式サイトをもとに会社信用ドットコムで作成。必ず公式サイトで詳細をご確認ください

採択率は年度や申請回によって変動しますが、近年の採択率は60%ほどです。

念入りに準備をしてのぞむ事業者様が大半を占める補助金です。それでも3社に1社は不採択になっています。

気を抜かず、しっかりと準備をして申請をしましょう。

 

9次公募(次回)スケジュール

次回(第9次)公募のスケジュールは以下の通り。今後公式サイトで公募要領や参考様式が発表される予定です。

  • 申請開始:2024年4月1日(月)
  • 申請締切:2024年4月30日(火)
  • 交付決定日:2024年6月上旬(予定)

事業構想を細部まで考える時間や、書類準備・電子申請入力をする時間も考えて、余裕のあるスケジュールで申請準備を進めましょう。

 

採択率を高める申請準備のポイント

事業承継・引継ぎ補助金の採択率を高めるには、以下のポイントを意識して申請準備を進めましょう。

事業承継・引継ぎ補助金の申請準備のポイント

  1. 【盲点】スケジュール確保
  2. 最適な申請類型を選ぶ
  3. 必要書類の不備撲滅
  4. 事業計画に命をかける
  5. 審査ポイントを極める
  6. 正しく事業計画を伝える
  7. 専門家を味方につける

 

各ポイントの詳細は以下の記事で解説しています。必要であればお読みください。

詳しくはこちら
事業承継・引継ぎ補助金の採択率は高くて狙い目?審査突破プロ直伝!確実にもらう申請のコツ7選|会社信用ドットコム
事業承継・引継ぎ補助金の採択率は高くて狙い目?審査突破プロ直伝!確実にもらう申請のコツ7選

事業承継・引き継ぎ補助金の採択率と確実にもらうコツを知りたい方向けの記事。審査突破のプロが「事業承継・引継ぎ補助金を確実にもらう申請のコツ」をご紹介します。「採択率が高い理由」も解説しました。

続きを見る

 

不採択リベンジをする社長様へ

不採択になってしまった事業者様が再申請をする場合は、以下の項目を確認しましょう。不採択の原因を突き止め、適切に準備を進めることが必要です。
 

不採択になったら確認すること

  • 書類不備のチェック
  • 次回公募要領の確認
  • 計画内容・申請書の改善
  • 10次公募での申請検討

 

1つずつ簡単に補足します。

 

書類不備のチェック

書類不備がある場合は、必要な書類や修正が必要な書類を確認しておきましょう。

良い事業計画を考え、最高の事業計画書もあるのに、書類不備で不採択になるなんて、こんなにもったいないことはありません。

抜け漏れがないように、慎重に準備を進めましょう。

 

次回公募要領の確認

8次公募(次回)で再申請をする場合は、最新の公募要領を必ず確認しましょう。

不採択になった申請回とは最新の申請回では、内容が変わることがあります。

「前回と同じだろう」という気持ちでいると、思わぬミスや想定外なことでつまづきかねません。必ず一度目を通しておきましょう。

 

計画内容・申請書の改善

計画内容や申請書の修正・改善をしましょう。

申請書の書き方だけが悪いとは限りません。場合によっては計画内容そのもののレベルアップや改善も必要なことも多いです。

専門家のアドバイスなどを参考に改善できる点がないか念入りに確認をしてください。

 

9次公募での申請検討

8次公募(次回)申請締切まで時間がない場合は、9次公募で申請することも検討しましょう。

準備期間に余裕があれば、十分に戦略を練り、慎重に準備をすることができます。

焦って適当に準備をするよりも、採択可能性は格段に高まるでしょう。申請スケジュールは十分に検討することをおすすめします。

 

補助金不採択でもめげない!

これまで補助金を申請して不採択になってしまった事業者様は大変残念に感じていることと思います。

ですが、1回・2回の不採択で補助金を諦めるのは時期尚早です。

何度も挑戦をして、採択をつかむ事業者様もたくさんいらっしゃいます。

(※会社信用ドットコムには、1〜5回不採択を経験してご相談に来られる方も多いです)

自社だけではリベンジが難しいと感じていらっしゃるのであれば、専門家の協力を得ることも一つの手です。

専門家は不採択の原因を見抜き、審査突破の最適解を提示してくれれます。

どうぞ諦めずに再申請に挑戦なさってくださいね。

会社信用ドットコムも補助金の審査突破をお手伝いしています。必要であればまずは初回無料相談からご相談くださいね。

▶︎事業承継・引継ぎ補助金の審査突破サポート

 

補助金の獲得は、事業の実現を後押しし、企業の成長を加速させます。

貴社が補助金に採択され、今後ますます事業を発展させていかれることを心から応援しています。

 

事業承継・引継ぎ補助金の審査を突破するプログラム

  • 設備投資や新規事業のための資金を必要としている
  • 補助金を取って資金繰りに余裕を持たせたい
  • 補助金獲得を業績や資金繰り改善の突破口にしたい
  • 不採択の原因や効果的な改善策がわからない
  • 補助金の事業計画書作成が難しく、次に進めずにいる

このような課題やお悩みの解決には、会社信用ドットコムのサポートが最適です。

200件以上のお悩みを解決した信頼と実績のプログラムで補助金獲得を実現させます。

サポートがお役に立つかご確認いただくために無料の初回相談も行っています。

オンライン面談・全国対応も可能です。

日程やご予約方法は下記をご覧ください。

▶︎初回無料相談の募集中の日程を確認する
(※カレンダーから日程を選べます)

お悩みの解決報告やお喜びの声も多数頂戴していますので、ご覧くださいね。

▶︎解決事例・お客様の声はこちら

サポート内容は下記ページをご確認ください。

詳しくはこちら
事業承継・引継ぎ補助金の審査突破サポート|会社信用ドットコム
事業承継・引継ぎ補助金の審査突破サポート

事業承継・引継ぎ補助金の審査突破を3つの強力なプログラムでサポート。申請準備から入金まで対応。全国対応・初回無料相談を受付中。

続きを見る

▶︎事業承継・引継ぎ補助金の審査突破サポート

 

審査に通る会社になるメルマガ

審査に通る会社になるメルマガ登録フォーム|会社信用ドットコム

銀行融資・補助金・大手取引の審査攻略法が手に取るようにわかるメルマガを配信中です。

登録はメールアドレス・お名前・都道府県のみ。いつでも解約可能です。

毎日登録者数が増えている人気のメルマガです。下記のリンクからご登録ください。

▶︎メルマガの登録はこちら

QRコードからもご登録いただけます。

会社信用ドットコムのメルマガ登録フォームQRコード

 

事業承継・引継ぎ補助金の詳細はこちら

詳細は公式サイトや公募要領をご確認ください。

▶︎事業承継・引継ぎ補助金の公式サイトはこちら(9次公募)※今後詳細発表予定

 

補助金の審査突破に役立つ記事

補助金の審査突破に役立つ記事も配信しています。必要な記事をお読みくださいね。

東京企業なら助成金で最大800万円獲得!新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業【審査突破に必須の能力】

補助金一発採択の必勝法

東京企業なら助成金で最大800万円獲得!新たな事業環境...

大規模成長投資補助金の採択は難しい?申請のハードルと正しい採択攻略法|会社信用ドットコム

大規模成長投資補助金 補助金一発採択の必勝法

大規模成長投資補助金の採択は難しい?申請のハードルと正...

第16回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経費・難易度は?採択可能性を高めるコツを解説

補助金一発採択の必勝法 小規模事業者持続化補助金

第16回小規模事業者持続化補助金のスケジュール・対象経...

事業承継・引継ぎ補助金の採択対策|9次公募のスケジュールや採択率・申請準備のポイントを解説|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ補助金の採択対策|9次公募のスケジュー...

ものづくり補助金17次・18次公募のスケジュール・申請枠・対象経費は?|採択可能性を高めるコツを解説|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金17次・18次公募は狙い目!スケジュー...

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴|採択可能性を見極める3つの方法|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金で採択されやすい設備投資の特徴|採択可...

第14回小規模事業者持続化補助金の採択結果|第16回公募スケジュール・採択の必勝法を解説

補助金一発採択の必勝法 小規模事業者持続化補助金

第14回小規模事業者持続化補助金の採択結果|第16回公...

ものづくり補助金の採択は難しい?審査突破のプロが教える完璧な申請準備のコツ7選|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法 ものづくり補助金

ものづくり補助金の採択は難しい?審査突破のプロが教える...

ベストな補助金申請代行の見極め方|迷ったらこう選ぶ!失敗しない選び方の6ステップ|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法

ベストな補助金申請代行の見極め方|迷ったらこう選ぶ!失...

補助金が不採択でツライ!を乗り越える方法|再申請に前向きに取り組む5つのコツ|会社信用ドットコム

補助金一発採択の必勝法

補助金が不採択でツライ!を乗り越える方法|繰り返し不採...